人生にゲームをプラスするメディア

『SCII』米国でもGC版がトップの売上を記録

任天堂 GC

先月末に米国でも発売になった『ソウルキャリバーII』の各プラットホーム毎のこれまでの売上本数が明らかになりました。

ゲームキューブ: 245,000
Xbox: 205,000
PS2: 200,000

という事でゲームキューブ版が少しリードしているようです。気になるのは一番売れてないのがPS2版だということ、スポーンの人気は確かのようです。欧州地域ではまで発売されていませんが、日本でも米国でもリンクの人気は相当な物という事が出来るでしょう。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『Nintendo Labo』キットの個別販売が開始―マイニンテンドーストアではセット販売も実施予定

    『Nintendo Labo』キットの個別販売が開始―マイニンテンドーストアではセット販売も実施予定

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. 『Nintendo Labo』Amazon限定「ダンボー」パーツセットの写真が公開―まさかお金で動くのか…?

    『Nintendo Labo』Amazon限定「ダンボー」パーツセットの写真が公開―まさかお金で動くのか…?

  4. 新感覚音楽制作ゲーム『KORG Gadget for Nintendo Switch』が4月26日に配信決定!

  5. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  6. 『星のカービィ スターアライズ』いくつ知ってる?小ネタ10選【ネタバレ注意】

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  8. 『Nintendo Labo』最初は“鼻をほじる”コントローラーだった!? 開発者インタビュー「試作・開発編」公開

  9. 『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』シナンジュやクシャトリヤなど「ガンダムUC」関連機体も続々登場

  10. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

アクセスランキングをもっと見る

1