人生にゲームをプラスするメディア

アタリがECTS出展タイトルを発表

ゲームビジネス その他

アタリは今月27日から29日までロンドンで開催されるECTSへの出展タイトルを明らかにしました。ゲームキューブタイトルでプレイアブルなのは既に日本では発売されている『ベイブレード』のみですがマルチプラットホームタイトルでは幾つかビデオ出展のものがあります。

・エンター・ザ・マトリックス(全機種)
・ミッションインポッシブル オペレーション・サルマ(PS2)
・ターミネーター3 ライズ・オブ・マシーンズ(全機種ビデオ)
・ドライバー3(全機種ビデオ)
・Kya(PS2)
・ドラゴンボールZ 武道会II(PS2)
・ベイブレード(PS/ゲームキューブ)
・ダンジョンズ&ドラゴンズ ヒーローズ(Xbox)
・マジック・ザ・ギャザリング: バトルグラウンド(Xbox)

『ミッションインポッシブル』はゲームキューブでも発売されます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

    AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

  2. 「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

    「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

  3. 【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー

    【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー

  4. 『龍が如く 見参!』インタビュー 次世代のゲーム作りを聞きました

  5. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  6. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  7. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  8. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

  9. 「BitSummit Volume 6」総来場者数が発表―10,740人と過去最高に!

  10. ローカライズ専門会社アクティブゲーミングメディアが語る、海外ゲーム市場の動向

アクセスランキングをもっと見る