人生にゲームをプラスするメディア

マリオはパーティに忙しくて選挙には出れません

ゲームビジネス その他

実に100人を超える候補者、その中にはアーノルド・シュワルツェネッガーや元AV女優など多彩な人たちが含まれるというカリフォルニア州のリコール州知事選挙ですが、立候補が予想されたマリオは、選挙には参加しない事を正式に明らかにしました。

11月11日、マリオはマリオパーティのキャンペーンを始めます。ドリームワールドに平和をもたらす為、マリオとそのアドバイザーのドンキーコング、ピーチ姫、ルイージ、キノピオ、たちが活躍します。

「カリフォルニアのリコール選挙は私にとってはサーカスに出るようなものです。私はクッパ軍団や凶暴な植物でいっぱいの世界に住んでいます。マルチプレイヤーはいいですが、選挙はちょっと大げさすぎます。私は最も活発な候補者ですが、重い財政赤字を解決するよりも姫様を助ける事の方が優先度は高いです」とマリオは話しています。

しかし2004年の大統領選挙に出馬するのではないかという噂は続きます。

「私はコインを集めてトラップを避けて、そしてボスと戦って一生を過ごしました。ですから私は必要な経験をしてきました。しかし全てのゲーマーが知ってるように私はマリオパーティ5でこれ以上ない楽しみを終えてから全ての結論を出すでしょう」とのこと。

シアトルジョークです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

    VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  2. 【インタビュー】インティ・クリエイツ社長が語るクラウドファンディング開発…『Bloodstained』の今後も

    【インタビュー】インティ・クリエイツ社長が語るクラウドファンディング開発…『Bloodstained』の今後も

  3. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  4. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  5. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  6. 【CEDEC 2013】ゲーム脳から10年以上経た、ゲームをめぐる現在の認知機能研究

  7. 【DEVELOPER'S TALK】ミク好きが作ったミク好きのための『初音ミク -Project DIVA-』開発秘話

  8. Ouyaと同様の小型ハード“GameStick”がKickstarterに登場、開始1日で目標額を突破

  9. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  10. 【めざせクリエイター! Shadeで始める3DCG】第5回:3Dモデリングを教わってみた:Shade11実践編

アクセスランキングをもっと見る