人生にゲームをプラスするメディア

任天堂が米国の病院にニンテンドー・ファン・センターを設置

任天堂 GC

任天堂は難病と闘う子供達とその家族を支援する非営利団体「スターライト子供基金(Starlight Childrens Foundation)」と協力してワシントン州のスウェーデン・メディカル・センター、ロナウド・マクドナルド・ハウス、ケネウィク・ゼネラル・ホスピタル、サクレッド・チルドレンズ・ハート・ホスピタル、などの病院に「ニンテンドー・ファン・センター」を設置する事を発表しました。

センターにはゲームキューブと任天堂のゲームソフトとシャープのテレビそしてDVDプレイヤーが設置されて、入院中の子供や外来患者が自由にゲームを遊べるようになるそうです。

任天堂はこれまでもスターライト子供基金と協力していて、1991年には最初の施設を全米の病院に設置しています。この時はスーパーニンテンドー(SFC)が置かれました。1998年にはNINTENDO64に変わっています。今回任天堂は300万ドル以上の資金を提供して施設を更新します。

「ファン・センターは子供達のストレスを和らげるとても素晴らしいツールです。また病院に来る子供達は不安を持っている事が多く、これを解消するためにも有効です。入院して行動が制限されている患者やリハビリ中の患者が早く病気から立ち直るきっかけを与えてくれるのではないかと思います」とクレッド・チルドレンズ・ハート・ホスピタルのRebecca Bratcher氏はコメントしています。

「任天堂は多くの子供達に楽しみを与えるプログラムにとても熱心に取り組んでいます。スターライトとの継続的な協力を通じて、ファン・センターがほぼ全ての病院に訪れる子供達の経験の一部となる事を望みます」と任天堂オブアメリカ上級副社長Don James氏はコメントしました。

「革新的な開発や子供に関する多くの蓄積を持ち、私達は任天堂と、企業が如何にして社会貢献をするかというような好例のような素晴らしいパートナーシップを今日まで続けています」とスターライト子供基金のKip Crennan氏はコメントしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

    任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

  2. 任天堂、平成29年3月期決算を発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算で384万本、ニンテンドースイッチは274万台を販売

    任天堂、平成29年3月期決算を発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算で384万本、ニンテンドースイッチは274万台を販売

  3. 4月27日で『星のカービィ』は25周年!関係各所からお祝いコメントが公開

    4月27日で『星のカービィ』は25周年!関係各所からお祝いコメントが公開

  4. 『スプラトゥーン2』セブン-イレブン限定グッズ&一番くじの画像が公開、タンブラーやアイロンビーズなど

  5. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『ゼルダの伝説 BotW』で風の力を借りずにイカダを動かす方法とは? “ウルトラミニターボ”実装の『マリカ8 DX』にも迫る

  6. トヨタホームの展示場で『マリオカート8 DX』が遊べる! ニンテンドースイッチなどが当たる抽選会も

  7. 【レポート】『モンスターハンターダブルクロス』セミナー開催―参加者がモンスターデザインから学んだこと

  8. 3DS『エヴァーオアシス』登場キャラの魅力や設定画などを石井浩一がお披露目─女性主人公も選択可能!

  9. 情報開発本部や統合開発本部は廃止 若返る任天堂の新体制が明らかに

  10. E3 2017で『スプラトゥーン2』トーナメント大会が開催決定

アクセスランキングをもっと見る