人生にゲームをプラスするメディア

3DOの資産入札にナムコ、アイドス、ユービーアイなどが参加

ゲームビジネス その他

会社を清算する方向で進めている3DOは連邦破産裁判所で行われる資産入札にナムコ、アイドス、ユービーアイソフト、マイクロソフト、クレイブ、JoWooD、Turbineが参加する事を発表しました。

売却対象となるのは3DOが所有する各フランチャイズで、「アーミーメン」・「ハイヒートベースボール」・「ストリート・レーシング・シンジケート」・「ジャックド」など。それぞれ1万〜10万ドルの預託金が定められていて入札する際には連邦裁判所に預ける必要があります。

入札は8月14日に連邦破産裁判所で行われます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  3. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

    並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  4. 任天堂、ソニー、マイクロソフトが共同制作 「保護者のみなさまへ」ペアレンタルコントロールを解説するチラシ配布中

  5. コナミで「FOXエンジン」開発に関わった“世界レベルのエンジニア”ジュリアン・マーセロンがバンダイナムコに入社

  6. 【史跡探訪】トランプ・かるた製造元「山内任天堂」旧本社

  7. 【PEOPLE'S PROFILE】第2回 岩井俊雄

  8. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  9. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  10. 「洛星」の魅力語る 各界活躍の卒業生講演 任天堂常務・松本匡治氏(京都新聞)

アクセスランキングをもっと見る