人生にゲームをプラスするメディア

3DOの資産入札にナムコ、アイドス、ユービーアイなどが参加

ゲームビジネス その他

会社を清算する方向で進めている3DOは連邦破産裁判所で行われる資産入札にナムコ、アイドス、ユービーアイソフト、マイクロソフト、クレイブ、JoWooD、Turbineが参加する事を発表しました。

売却対象となるのは3DOが所有する各フランチャイズで、「アーミーメン」・「ハイヒートベースボール」・「ストリート・レーシング・シンジケート」・「ジャックド」など。それぞれ1万〜10万ドルの預託金が定められていて入札する際には連邦裁判所に預ける必要があります。

入札は8月14日に連邦破産裁判所で行われます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 【特集】「PlayStation VR」国内ローンチタイトル総まとめ!

    【特集】「PlayStation VR」国内ローンチタイトル総まとめ!

  3. ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』に挑戦!大繁盛で店主ヘロヘロ…

    ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』に挑戦!大繁盛で店主ヘロヘロ…

  4. 今週発売の新作ゲーム『World of Warcraft: Battle For Azeroth』『The Walking Dead: The Final Season』他

  5. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  6. 【レポート】VRのケーブル問題を解決する「バックパックPC」のスペックや使用感は?実際に体験してみた

  7. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  8. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  9. 【レポート】VR鉄道SLG『トレインマイスター』をマスコンレバーでプレイ…E235系が走るJR山手線沿線を再現

  10. 【ゲーム×法律】ゲームの利用規約違反で制裁、どこまで許される?

アクセスランキングをもっと見る