人生にゲームをプラスするメディア

3DOの資産入札にナムコ、アイドス、ユービーアイなどが参加

ゲームビジネス その他

会社を清算する方向で進めている3DOは連邦破産裁判所で行われる資産入札にナムコ、アイドス、ユービーアイソフト、マイクロソフト、クレイブ、JoWooD、Turbineが参加する事を発表しました。

売却対象となるのは3DOが所有する各フランチャイズで、「アーミーメン」・「ハイヒートベースボール」・「ストリート・レーシング・シンジケート」・「ジャックド」など。それぞれ1万〜10万ドルの預託金が定められていて入札する際には連邦裁判所に預ける必要があります。

入札は8月14日に連邦破産裁判所で行われます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

    AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

  2. 「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

    「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

  3. 【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー

    【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー

  4. 『龍が如く 見参!』インタビュー 次世代のゲーム作りを聞きました

  5. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  6. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  7. 「BitSummit Volume 6」総来場者数が発表―10,740人と過去最高に!

  8. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  9. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  10. 【CEDEC2013】静的解析で開発現場はどう変わったのか――自動化が変えたソフトウェア品質

アクセスランキングをもっと見る