人生にゲームをプラスするメディア

マイレージサービス「クラブ・ニンテンドー」開始へ

ゲームビジネス その他

任天堂は本日午後から都内で開催した経営方針説明会で商品購入ユーザー向けのポイントが溜まるサービス「クラブ・ニンテンドー」を年内に国内と米国で立ち上げる事を明らかにしました。

「クラブ・ニンテンドー」はユーザーが商品を購入する毎にインターネットを通じて登録する事によってマイレージポイントが溜まる仕組みで、任天堂はサービスを通じて顧客情報や市場動向などを収集出来る。任天堂ではポイントに応じた景品プレゼントのほか、新作の体験の機会を設ける事や開発中や試作品の提供などを検討しているとのこと。そのほか製品紹介の特典DVDや非売品の色つきコントローラーをプレゼントなども検討中。

これはテレビCMだけではユーザーに商品特性を伝えるのが難しくなっているため、消費者への訴求力を強めるのが狙いだとのこと。岩田社長は「テレビコマーシャルでは認知は得られても、なかなか購入に結びつかないのが現状。新しいマーケティング手法が必要だ」とコメントしています。

ちなみに欧州地域では「NINTENDO VIP 24/7」というサービスで昨年から実験中です。このサービスではソフトなどに封入されているカードにコーズが書かれていてそれをインターネットサイトで入力する事によって、スクリーンセイバーや壁紙などが手に入るようになっています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『Detroit: Become Human』『DARK SOULS REMASTERED』『ペルソナ3/ペルソナ5 ダンシング』他

    今週発売の新作ゲーム『Detroit: Become Human』『DARK SOULS REMASTERED』『ペルソナ3/ペルソナ5 ダンシング』他

  2. 「エロマンガ先生」山田エルフ大先生とお昼寝できるVRアプリ登場! 先行版ではツイスターゲームも

    「エロマンガ先生」山田エルフ大先生とお昼寝できるVRアプリ登場! 先行版ではツイスターゲームも

  3. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  4. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  5. 「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

  6. 新作“ファミコン”向けカセットインディーゲーム『アストロ忍者マン』―クラウドファンディングの可能性も【BitSummit Vol.6】

  7. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  8. アメリカゲーム業界就職事情・・・日本とは違うサバイバル術

  9. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  10. スクエニHD、平成28年3月期第3四半期決算を発表 ― 『メビウスFF』『星ドラ』『FFBE』が好調なスタート

アクセスランキングをもっと見る