人生にゲームをプラスするメディア

美優亭風流インタビュー、カプコン稲葉氏

任天堂 GC

N-Gamerに掲載されている『ビューティフルジョー』に関するインタビューです。答えているのは本作のプロデューサーであるカプコン第四開発部の稲葉氏です。

―――まだ遊んでない人に簡単にゲームの説明を

ビューティフルジョーは全く新しくて超クールな2D横スクロールアクションゲームです。敵から彼女のシルビアを救うと同時にプレイヤーはジョーが映画の世界から抜け出すという映画の監督をします。Slow、MachSpeed、Zoominのような映画的な演出を使いながらシルビアをさらった敵と戦います。

ゲームはファイナルファイトやStreets of Rageのような感じを受けると思いますが、VFXやエフェクトなどによって単なる戦いではなく全く新しく新鮮な物になっています。VFXパワーを使ったパズルを解く場面もありますが、最も大事にしたのは「美しく戦う」という点です。

―――開発チームの大きさは?

比較的に小さなチームで、その分だけ各人の作業は大変だったと思います。したし各人の結びつきが強くなるという利点もありました。また開発期間中はみんなこのゲームに掛かりっきりでした。

―――あなたの立場は

プロデューサーです。

―――あなたの好きな部分は

沢山あります。最もすきなのはVFXパワーのSlowでコンボを決める事ですかね。

―――ゲームを遊ぶにはどのくらいの時間が掛かりますか

このゲームをマスターするには多くの時間が必要でしょう。私達は単に最後まで遊ぶ事がゲームのゴールではないと思っています。また、多くのビューティフルポインを貯めるために何度も遊ぶのが重要だと思います。完璧なビューティフルには「報酬」があるかもしれません、、、。

―――続編はどうでしょうか

ははは、どうでしょうかね。まずはこれがどのくらい上手くいくか見ることにします。
《土本学》

編集部おすすめの記事