人生にゲームをプラスするメディア

GBA『ボクらの太陽』にオリジナルツートンカラーのGBASP

任天堂 GBA

7月17日発売予定のゲームボーイアドバンス用ソフト、カートリッジに内蔵された光センサーで太陽光を蓄えて、ヴァンパイアを倒すために使用するという『ボクらの太陽』。このソフトの発売にあたり、オリジナルカラーのGBASPの発売が決定されました。

『ボクらの太陽』モデルのゲームボーイアドバンスSPの本体カラーはジャンゴレッド&ブラック。本体外側がメタリックレッドで、蓋を開けるとマットブラック(つや消し黒)のツートンカラーになっています。内側が黒いのはプレイ中に光を反射してまぶしくならないようにするため、でしょうね。おそらく

アメリカで赤と黒の2つのタイプのGBASP(限定版かどうかは不明、プラチナと同じ記念モデルなら限定の可能性もあり得る)の発売が決定された直後に日本では赤と黒のツートン限定版、というのは得てして面白いタイミングになったものです。

限定版GBASP本体は、本体と同時発売された『ファイナルファンタジータクティクスアドバンス』同梱の「パールホワイト」、ポケモンセンターオリジナルの「アチャモオレンジ」に続いて3種類目ということに。結構良い調子で増えてますね。

価格はソフト同梱で16800円。発売日は『ボクらの太陽と同じ』7月17日となっています。
《織機 綺音》

任天堂 アクセスランキング

  1. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

    ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  2. 『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

    『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

  3. 任天堂、スイッチの品薄状態について声明発表―7月8月は出荷量を増やす

    任天堂、スイッチの品薄状態について声明発表―7月8月は出荷量を増やす

  4. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

  5. 海外ミニファミコン版『ゼルダの伝説』たった1文字のタイプミスが30年越し修正

  6. 今週発売の新作ゲーム『レゴ シティ アンダーカバー』『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』『Crash Bandicoot N. Sane Trilogy』他

  7. Wii U向けVC『エキサイトバイク64』配信開始、Wii UのVC新作は約2ヶ月ぶり

  8. ミニファミコン海外版「NES Classic Editions」生産中止が決定

  9. 3DS『スナックワールド トレジャラーズ』発売日が8月10日に延期、さらなるクオリティアップのため

  10. 『モンハン ストーリーズ』廉価版が7月27日に発売―数量限定特典はアニメにも登場したオトモン3体セット

アクセスランキングをもっと見る