人生にゲームをプラスするメディア

モリニュー新作『ザ・ムービー』インタビュー

任天堂 その他

ライオンヘッドスタジオと聞いてもピンと来ない人も多いかと思いますが、ピーター・モリニューと聞けば知っている方も多いのではないでしょうか、『ポピュラス』・『テーマパーク』・『ブラック&ホワイト』などを開発した天才クリエイターです。そのモリニュー氏が開発中の新作がこの『ザ・ムービー』です。

『ザ・ムービー』は映画を製作するゲームで、ジャンルを設定して役者を決めて服のデザインを決めて、、、と自分好みの映画を作れるそうです。その『ザ・ムービー』のプロジェクトリーダーのAdrian Moore氏へのインタビューがComputer And Video Gamesに掲載されています。

Moore氏はゲームについて「コンセプトは、自分の映画スタジオを持つという非常にシンプルなもの。ゲームは1900年から始まって2010年まで続きます。最初はモノクロのサイレント映画の時代から始まり、この時代にヒットを飛ばすのは容易です。時が経つと新技術が開発されてカラーになり音が付き映画製作は複雑になり、どんな映画がウケるのかリサーチしたりもしなくてはならなくなっていきます」と述べています。

また作った映画を見ることは?という質問には「プロジェクトの最初に『本当に映画を見れるようにした方がいいかな』と私達は考えました。しかし同時に少し野心的過ぎ無いかとも思いました。しかしこれはモリニューのゲームでは良くある事で『絶対見られるようにしなくてはならない』と決まりました。もちろん90分や2時間強の映画をフルには作れません。ゲームでは20秒、もしくは2分間の宣伝用のトレーラーを作れます。製作途中にも見て作り直すことも出来ます。もちろんユーザーの選択が反映され2つとない物が出来上がるでしょう」とコメント。

その他、

・実在の俳優さんは登場しないが俳優は自由に作成できる
・俳優を学校で成長させることも
・資金面の心配もする必要あり
・年代によって人気が出来る映画のタイプは異なる
・公式サイトで作った映画を公開できるようにする

などについて言及されています。何か物凄く凝ったゲームになっているような雰囲気です。しかしマトモに仕上がればとても興味深いものになりそうです、期待しておきましょう。『ザ・ムービー』はGCやPC、PS2、XBOXでアクティビジョンから発売予定です。国内では家庭用機向けは厳しいでしょうが、少なくともPCでは発売される事でしょう。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』第11回フェスの勝者はハローキティ!クイーンとしての威厳を見せる結果に

    『スプラトゥーン2』第11回フェスの勝者はハローキティ!クイーンとしての威厳を見せる結果に

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. 圧倒的恐怖を手元に、手軽にースイッチ版『バイオハザード7』クラウドバージョン発表

    圧倒的恐怖を手元に、手軽にースイッチ版『バイオハザード7』クラウドバージョン発表

  4. 「あなたが欲しい“ミニ”はどれ?」─ファミコン、メガドラ、NEOGEO…復刻相次ぐ名ハード! 一番人気を調査【アンケート】

  5. 『星のカービィ スターアライズ』無料アップデート第2弾が今夏配信決定!新たなドリームフレンズのシルエットも公開

  6. 『スプラトゥーン2』Ver.3.0でチェックしておきたいギアパワー9選

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  8. 『スプラトゥーン2』フェス「ハローキティ vs シナモロール」インサイド読者はキング派が多め!【読者アンケート】

  9. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  10. 『オクトパストラベラー』「学者」「神官」の詳細を公開-推理や人助けで役立つコマンドも

アクセスランキングをもっと見る