人生にゲームをプラスするメディア

モリニュー新作『ザ・ムービー』インタビュー

任天堂 その他

ライオンヘッドスタジオと聞いてもピンと来ない人も多いかと思いますが、ピーター・モリニューと聞けば知っている方も多いのではないでしょうか、『ポピュラス』・『テーマパーク』・『ブラック&ホワイト』などを開発した天才クリエイターです。そのモリニュー氏が開発中の新作がこの『ザ・ムービー』です。

『ザ・ムービー』は映画を製作するゲームで、ジャンルを設定して役者を決めて服のデザインを決めて、、、と自分好みの映画を作れるそうです。その『ザ・ムービー』のプロジェクトリーダーのAdrian Moore氏へのインタビューがComputer And Video Gamesに掲載されています。

Moore氏はゲームについて「コンセプトは、自分の映画スタジオを持つという非常にシンプルなもの。ゲームは1900年から始まって2010年まで続きます。最初はモノクロのサイレント映画の時代から始まり、この時代にヒットを飛ばすのは容易です。時が経つと新技術が開発されてカラーになり音が付き映画製作は複雑になり、どんな映画がウケるのかリサーチしたりもしなくてはならなくなっていきます」と述べています。

また作った映画を見ることは?という質問には「プロジェクトの最初に『本当に映画を見れるようにした方がいいかな』と私達は考えました。しかし同時に少し野心的過ぎ無いかとも思いました。しかしこれはモリニューのゲームでは良くある事で『絶対見られるようにしなくてはならない』と決まりました。もちろん90分や2時間強の映画をフルには作れません。ゲームでは20秒、もしくは2分間の宣伝用のトレーラーを作れます。製作途中にも見て作り直すことも出来ます。もちろんユーザーの選択が反映され2つとない物が出来上がるでしょう」とコメント。

その他、

・実在の俳優さんは登場しないが俳優は自由に作成できる
・俳優を学校で成長させることも
・資金面の心配もする必要あり
・年代によって人気が出来る映画のタイプは異なる
・公式サイトで作った映画を公開できるようにする

などについて言及されています。何か物凄く凝ったゲームになっているような雰囲気です。しかしマトモに仕上がればとても興味深いものになりそうです、期待しておきましょう。『ザ・ムービー』はGCやPC、PS2、XBOXでアクティビジョンから発売予定です。国内では家庭用機向けは厳しいでしょうが、少なくともPCでは発売される事でしょう。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

    ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  2. 『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

    『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

  3. 任天堂、スイッチの品薄状態について声明発表―7月8月は出荷量を増やす

    任天堂、スイッチの品薄状態について声明発表―7月8月は出荷量を増やす

  4. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

  5. 海外ミニファミコン版『ゼルダの伝説』たった1文字のタイプミスが30年越し修正

  6. 今週発売の新作ゲーム『レゴ シティ アンダーカバー』『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』『Crash Bandicoot N. Sane Trilogy』他

  7. Wii U向けVC『エキサイトバイク64』配信開始、Wii UのVC新作は約2ヶ月ぶり

  8. ミニファミコン海外版「NES Classic Editions」生産中止が決定

  9. 3DS『スナックワールド トレジャラーズ』発売日が8月10日に延期、さらなるクオリティアップのため

  10. 編集部にミニファミコンが到着!開封フォトレポートをお届け

アクセスランキングをもっと見る