人生にゲームをプラスするメディア

株式会社ポケモン、石原恒和氏インタビュー概要

先日「任天堂が近々電子玩具発表?」の情報が掲載されていたと報じた電撃ゲームキューブ6月号ですが、同時にTPC社長、石原恒和氏へのインタビューが掲載されていたそうです。それによると

任天堂 GC
先日「任天堂が近々電子玩具発表?」の情報が掲載されていたと報じた電撃ゲームキューブ6月号ですが、同時にTPC社長、石原恒和氏へのインタビューが掲載されていたそうです。それによると

・ポケモン関連のGCでのRPG制作を検討中
・ポケモン ルビー&サファイアの色違いバージョン発売を検討中

だそうです。
ルビー(グラードン)、サファイア(カイオーガ)と来るとやはり次はエメラルド(レックウザ)になるのでしょうか。初代ポケモンは赤、緑、青、黄色でしたしね。実際ルビー・サファイアと発表されたときには初代に合わせたものかと思ってました。さらに海外展開に合わせて赤・青になったものと。実際海外では赤と青が発売されましたので。

しかしGCでRPGとは.....。どうなんでしょう。一時期ポケモン64ってRPGがタイトルだけ出てはいましたが、携帯機であればこそのソフトと思うのはわたしだけでしょうか。

ポケモンバトル自体はポケモンコロシアムで3Dになるんですし、それ以外になにかキューブで出すことの意義と強みを見せないとそれこそブランドの安売りになりかねない気がします。頑張れ、TPC。頑張れ、ジニアス・ソノリティ
《織機 綺音》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  2. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

    『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  3. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  4. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  5. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  6. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  7. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  8. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  9. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  10. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る