人生にゲームをプラスするメディア

LAN対応ゲームはGameSpyのソフトウェアを使用?

任天堂 その他

LANに関する話です。私には良く分からないのでとりあえず全文を訳してみました。「トンネル機能」というのは複数台を繋いだ時にデータの流れる先を管理するもの(?)らしいです。

GCA Reveals Nintendo-Gamespy Gameplans(GCA)
http://ultimategamez.com/newspro/fullnews.cgi?newsid1053027022,66127,

内容がわかった方は是非教えていただきたい次第であります。
webmaster@gc-inside.com

-------------------------------------

今日、私は社長のJon Epstein氏と少しのインタビューと雑談をするためにGameSpyのE3ブースに向かいました。名刺を交換した後、質問に入りました。

トンネル機能はGameSpyがXBOX向けに提供して『Halo』やその他多くのXBOXタイトルで利用されました。XBOX LIVEには使用されませんでしたがLANに使用されました。

トンネル機能はこれから発売される全てのLAN対応の任天堂タイトルで使われないでしょう。この情報は少しの衝撃を与えます、しかしこれはとても良い話です。GameSpyによれば一年前に任天堂がLANを利用する為に来たそうです。「彼らはトンネル機能を利用したくありませんでした、なぜならそれにはマルチプルケーブル・パソコン・ハブなどの多くのハードウェアが必要になります」

代わりにEpstein氏は任天堂がGameSpyが開発したイン・ゲームソフトウェアを利用するという事を明らかにしました。多くの事は分りませんが、ゲーマー達はインターネットコードをゲームキューブからブロードバンドモデムに接続さえすればいいのです。イーサネットコードを接続してLANオプションを選べばすぐにオンラインになります。

もう一度繰り返します。「トンネル機能」は使われません。ハブやパソコン、イーサネットコードは必要ありません。任天堂はシンプルにやるでしょう。LANゲームではイン・ゲームソフトウェアが使われます。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

    ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  2. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  3. 『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

    『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

  4. 海外ミニファミコン版『ゼルダの伝説』たった1文字のタイプミスが30年越し修正

  5. 任天堂、スイッチの品薄状態について声明発表―7月8月は出荷量を増やす

  6. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  7. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

  8. ミニファミコン海外版「NES Classic Editions」生産中止が決定

  9. 任天堂、ミニファミコンの生産を「一旦終了」と発表─生産再開は未定

  10. Wii U向けVC『エキサイトバイク64』配信開始、Wii UのVC新作は約2ヶ月ぶり

アクセスランキングをもっと見る