人生にゲームをプラスするメディア

ザ・ロック主演『スパイハンター』の映画製作中

ミッドウェイ・ゲームスとユニバーサル・ピクチャーズは『スパイハンター』を題材とする映画を製作すると発表しました。『スパイハンター』は元々80年代にアーケードでヒットした、武装したマシンでミッションをクリアしていくカーアクションゲーム。昨年ゲームキューブなどに復活して現在『2』の開発中です。

ゲームビジネス その他
ミッドウェイ・ゲームスとユニバーサル・ピクチャーズは『スパイハンター』を題材とする映画を製作すると発表しました。『スパイハンター』は元々80年代にアーケードでヒットした、武装したマシンでミッションをクリアしていくカーアクションゲーム。昨年ゲームキューブなどに復活して現在『2』の開発中です。

「『スパイハンター』の動きの派手で速いアクション、冷酷な指令によって繰り広げられるミッションの数々とスパイをテーマにしたクールなストーリーは映画の大画面に非常に自然に溶け込むでしょう」とミッドウェイのマーケティング担当副社長Helene Sheelerはコメントしました。

なんと主役にはWWEの大スター「ザ・ロック」が抜擢されるようです。またプロデューサーにChuck GordonとAdrian Askarieh、シナリオにMichael BrandtとDerek Hassという豪華なメンバーが勢ぞろいしました。

『スパイハンター2』は4つのワールドに16のミッシヨンを配置。8人の新登場キャラを加えて、新たにテロの脅威も加わった世界を救うために機銃、ミサイル、レールガンなどの攻撃用兵器、煙幕、火炎放射器などの防御兵器を備えた戦車級のマシンで世界を走り回ります。ゲームキューブ・プレイステーション2・XBOX向けで2003年秋に北米発売予定。前作『1』が国内ではPS2版がコーエーから発売されています。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 宮本茂氏がCEDECの基調講演を行うことが決定―「どこから作ればいいんだろう?」

    宮本茂氏がCEDECの基調講演を行うことが決定―「どこから作ればいいんだろう?」

  2. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

    『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  3. ティアリングサーガ高裁判決で任天堂・ISが逆転勝訴

    ティアリングサーガ高裁判決で任天堂・ISが逆転勝訴

  4. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  5. 【e-Sportsの裏側】ゲームメーカーならではの価値を見出し、提供していくーKONAMI キーマンインタビュー

  6. 「2021年最も活躍したと思うゲーム実況者は?」第1位に輝いたのはあの“インターネットヒーロー”!

  7. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  8. 【CEDEC 2014】ゲームを作るだけじゃない!謎解き型体験イベントとの相乗効果で新規市場を開拓しよう

アクセスランキングをもっと見る