人生にゲームをプラスするメディア

ザ・ロック主演『スパイハンター』の映画製作中

ゲームビジネス その他

ミッドウェイ・ゲームスとユニバーサル・ピクチャーズは『スパイハンター』を題材とする映画を製作すると発表しました。『スパイハンター』は元々80年代にアーケードでヒットした、武装したマシンでミッションをクリアしていくカーアクションゲーム。昨年ゲームキューブなどに復活して現在『2』の開発中です。

「『スパイハンター』の動きの派手で速いアクション、冷酷な指令によって繰り広げられるミッションの数々とスパイをテーマにしたクールなストーリーは映画の大画面に非常に自然に溶け込むでしょう」とミッドウェイのマーケティング担当副社長Helene Sheelerはコメントしました。

なんと主役にはWWEの大スター「ザ・ロック」が抜擢されるようです。またプロデューサーにChuck GordonとAdrian Askarieh、シナリオにMichael BrandtとDerek Hassという豪華なメンバーが勢ぞろいしました。

『スパイハンター2』は4つのワールドに16のミッシヨンを配置。8人の新登場キャラを加えて、新たにテロの脅威も加わった世界を救うために機銃、ミサイル、レールガンなどの攻撃用兵器、煙幕、火炎放射器などの防御兵器を備えた戦車級のマシンで世界を走り回ります。ゲームキューブ・プレイステーション2・XBOX向けで2003年秋に北米発売予定。前作『1』が国内ではPS2版がコーエーから発売されています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『モンスターハンターダブルクロス Switch Ver』『The Lost Child』『深夜廻』『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』他

    今週発売の新作ゲーム『モンスターハンターダブルクロス Switch Ver』『The Lost Child』『深夜廻』『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』他

  2. KPIを意識しないで作った『パズドラ』成功の要因とは? ガンホーNIGHT!!レポート(上)

    KPIを意識しないで作った『パズドラ』成功の要因とは? ガンホーNIGHT!!レポート(上)

  3. 京都銀行、任天堂株の売却は考えず、配当を原資に貸し出し強化へ

    京都銀行、任天堂株の売却は考えず、配当を原資に貸し出し強化へ

  4. 【CEDEC 2014】『俺屍2』を象徴付ける和風テイストの「木版画3Dグラフィック」

  5. レベルファイブが開発拠点「LEVEL5 comcept」を大阪に設立―同拠点の手掛ける新作ゲームの情報も

  6. 【東京ゲームショウ2013】アジアの主要ゲーム企業が語り合った。アジア・ゲーム・ビジネス・サミット2013レポート

  7. YouTubeを活用したプロモーションを成功させる3つの原則(後編)

  8. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  9. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  10. YouTubeを活用したプロモーションを成功させる3つの原則(前編)

アクセスランキングをもっと見る