人生にゲームをプラスするメディア

EA『ジェームスボンド007 エブリシング・オア・ナッシング』発表

任天堂 GC

エレクトロニック・アーツは定番となった『ジェームスボンド007』シリーズの最新作『ジェームスボンド007 エブリシング・オア・ナッシング』を発表しました。これまでのシリーズ作品は主観視点からのFPSだったのですが今回はプレイヤーキャラを背後からの視点で操る客観視点のシューティングゲームとなったそうです。

ゲームでは、オリジナルのストーリーを用いていて例えば「エジプトの王家の谷」だったり「フレンチ・クオーター」というような場所も戦いの舞台となります。ボイスはピアース・ブロスナン氏が担当。

客観視点になった他に今回の特徴は、
・ミッションをクリアする方法がいくつも用意されるようになった
・地面に落ちているボトル・工具・イス・板などで戦える
・ボンドカーなどのおなじみのアイテムも多数登場
・さまざまな種類の武器が20以上登場
・2〜4人で協力してミッションに挑むことが出来る

などとなっています。ゲームはゲームキューブの他にプレイステーション2などでも発売されます。またE3のEAブースではプレイアブルで出展されます。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. 【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

    【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

  3. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

    【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  4. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  5. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  6. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  7. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  8. 「クラシックミニ ファミコン」全世界で150万台を販売、増産も実施中

  9. 『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

  10. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

アクセスランキングをもっと見る