人生にゲームをプラスするメディア

インフォグラムスが社名をアタリに変更すると発表

インフォグラムはこれまでブランド名として用いていたアタリを正式な社名とする事を発表しました。インフォグラムス・インタラクティブからアタリ・インタラクティブへとなります。今後のタイトルは全てアタリとして発売するとのこと。

任天堂 GC
インフォグラムはこれまでブランド名として用いていたアタリを正式な社名とする事を発表しました。インフォグラムス・インタラクティブからアタリ・インタラクティブへとなります。今後のタイトルは全てアタリとして発売するとのこと。

「『アタリ』はビデオゲームと同義です。またそれはエンターテイメントの1つの進化系です。私達の業界は既にハリウッドの売上を越えています。今回の決定は私達がこの成長中の業界の中で世界中ゲーマーに向けて新しいレベルのゲームを提供するという意思の現れです」とCEOのBruno Bonnell氏は話します。

「名称変更は私達の歴史にとても大きな1ページになるでしょう。来週、私達は『エンター・ザ・マトリックス』を発売します。これはゲームの常識を打ち破り、これまでの映画のゲーム化作品とは一線を画します。このように私達は常にアタリという名前が表した高い創造性と強い個性を持ったゲームを持っています」

「恐らくアタリの持つ最も大きな遺産はユーザーの想像力を捉えるゲーム開発するレシピでしょう、、、創造性やそのアイデアを実現する能力。それらの要素は今まで私達はあまり持ち合わせていなかった。しかし、アタリの世界で最も才能のある開発者達と出会い、今私達は将来のエンターテイメントに関する明確な路線を持っています」

「1999年12月のGTインタラクティブ、2001年1月のハスブロの買収の際に、私達は『世界中に販路を確立する』と『そのブランドを確立する』という2つのビジョンを持っていました。そして今回、ゴールに達する事が出来ました」

とまあ、アタリになったそうです。海外では知りませんが、国内ではあまり良いイメージは無いような気がするのですが、、、。ちなみに任天堂とは法廷でどろどろの戦いを演じた経歴アリ(「ゲーム・オーバー」参照)。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

    『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

  2. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

    『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  3. 『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

    『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

  4. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  6. 『スマブラSP』更新データVer. 1.2.0が配信―挑戦者の難易度や一部ファイターのバランス調整を実施

  7. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  8. 『スプラトゥーン2』フェス「ヒーロー vs ヴィラン」はヒーロー派が多数!【読者アンケート】

  9. 『スプラトゥーン2』Ver.4.1.0の注目ブキ10選!塗り性能変化でナワバリに嵐が巻き起こる!?

  10. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

アクセスランキングをもっと見る