人生にゲームをプラスするメディア

ゲーム実況者をプロデュースする「ワタナベアマダクション」設立、ドワンゴとワタナベエンターテインメントの合弁会社

ゲームビジネス 人材

ドワンゴ
  • ドワンゴ
ドワンゴとワタナベエンターテインメントは、2016年2月12日に合弁会社「株式会社ワタナベアマダクション」 を設立しました。

ワタナベアマダクションでは、動画サービス「niconico」で活躍するゲーム実況者をはじめとしたユーザーのマネジメントおよびプロデュースを行い、ネットに加え、リアルの場での活動を広げるサポートを行っていくとのこと。

また、ワタナベエンターテインメント所属タレントの「niconico」を使った新たな企画・制作も行い、リアルとネットに親和性のある次世代スターのプロデュースも実施されていきます。

■合弁会社の概要
<会社名>株式会社ワタナベアマダクション
<所在地>東京都中央区銀座 4‐12‐15(歌舞伎座タワー内)
<代表者>代表取締役社長:土居大樹(ワタナベエンターテインメント)
<役 員>取締役員:大森健司(ドワンゴ)
     執行役員:加藤永吉(ワタナベエンターテインメント)
     執行役員:青山雄一(ドワンゴ)
<資本金>2000万円/株式会社ワタナベエンターテインメント(50%)、株式会社ドワンゴ(50%)
<設立日>2016年2月12日

<両社について>
●株式会社ドワンゴ
会員数5320万人を抱える日本最大級の動画サービス『niconico』をはじめ、ニコニコ超会議や闘会議などのイベント、モバイル向け音楽配信サービス、ゲームソフトおよびオンラインゲームの企画開発などを手がけ、多彩なエンターテインメントコンテンツを提供しています。

●株式会社ワタナベエンターテインメント
中山秀征、ホンジャマカ、ネプチューン、中川翔子、城田優、イモトアヤコ、林修ら多くのアーティストのマネージメントの他、TV番組や舞台などのコンテンツ制作を手掛ける総合エンターテインメント企業。
《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. SF映画に出てきそうなハイクオリティーVRグローブ「Dexmo」デモ映像

    SF映画に出てきそうなハイクオリティーVRグローブ「Dexmo」デモ映像

  2. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

    【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  3. 【CEDEC 2016】VR空間における「手」のあるべき姿とは…Oculus Touchを通して見えたVR操作系の未来と問題点

    【CEDEC 2016】VR空間における「手」のあるべき姿とは…Oculus Touchを通して見えたVR操作系の未来と問題点

  4. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  5. 【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

  6. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  7. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  8. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  9. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  10. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

アクセスランキングをもっと見る

page top