人生にゲームをプラスするメディア

ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社が米国任天堂らを提訴

ゲームビジネス その他

米国の日刊紙シアトル・ポストインテリジェンサーによれば「マジック・ザ・ギャザリング」で知られるウィザーズ・オブ・ザ・コースト社が任天堂オブアメリカとポケモンUSAそして株式会社ポケモンを提訴したそうです。

ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社は最近まで米国でポケモンカードを取り扱っていましたが、現在ではポケモンUSAが担当しています。訴えでウィザーズは任天堂は同社のノウハウを不正に利用し、特許を侵害し、契約上の秘密を守らなかったと主張しています。

というのも、以前ウィザーズに勤務していた2人の幹部が現在ポケモンUSAに勤務していて、彼らが守秘義務に違反して情報を流して忌めのではないかという疑いがあるからそうです。

任天堂は訴状の内容について否定していて、現在関連会社と対応を協議しているとのこと。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  4. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  5. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  6. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  7. ゲオとエイシス、PCゲームレンタル事業を2017年春より開始

  8. コンソール業界出身エンジニアが語るハイブリッドアプリ開発の舞台裏!DeNAのゲームエンジン開発

  9. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  10. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

アクセスランキングをもっと見る