人生にゲームをプラスするメディア

【China Joy 2015】SCEプレスカンファレンスは70作以上のゲームソフトを紹介、「プレイステーション」本気の中国展開

ゲームビジネス その他

【China Joy 2015】SCEプレスカンファレンスは70作以上のゲームソフトを紹介、「プレイステーション」本気の中国展開
  • 【China Joy 2015】SCEプレスカンファレンスは70作以上のゲームソフトを紹介、「プレイステーション」本気の中国展開
  • 【China Joy 2015】SCEプレスカンファレンスは70作以上のゲームソフトを紹介、「プレイステーション」本気の中国展開
  • 【China Joy 2015】SCEプレスカンファレンスは70作以上のゲームソフトを紹介、「プレイステーション」本気の中国展開
  • 【China Joy 2015】SCEプレスカンファレンスは70作以上のゲームソフトを紹介、「プレイステーション」本気の中国展開
  • 【China Joy 2015】SCEプレスカンファレンスは70作以上のゲームソフトを紹介、「プレイステーション」本気の中国展開
  • 【China Joy 2015】SCEプレスカンファレンスは70作以上のゲームソフトを紹介、「プレイステーション」本気の中国展開
  • 【China Joy 2015】SCEプレスカンファレンスは70作以上のゲームソフトを紹介、「プレイステーション」本気の中国展開
  • 【China Joy 2015】SCEプレスカンファレンスは70作以上のゲームソフトを紹介、「プレイステーション」本気の中国展開
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアはチャイナジョイ2015に先立ち、7月29日に上海で「2015 PlayStation Press Conference in China」を開催しました。イベントではSCEのアジア事業を統括する織田博之氏(SCEJA デピュティプレジデント)が登壇し、2016年発売分もあわせて70本以上のタイトルを紹介。3月の中国発売以来、順調にビジネスが拡大している様を伺わせました。



2015年3月20日に上海を拠点として、中国全土での発売が開始されたPS4とPS Vita。これまでPS4向けに12本、PS Vita向けに8本のタイトルが発売中です(パッケージ版・ダウンロード版とも)。主な販売チャネルはリアル店舗とeコマースで、ソニーストアをはじめ、アンテナショップが全国に拡大中。その数は約200カ所にのぼるといいます。ゲームも大手からインディまで中国内外で101社が開発中としました。

続いてVRの伝道師ともいえる、吉田周平氏(ワールドワイドスタジオ)が壇上に上がり、Project Morpheusの紹介が行われました。チャイナジョイ会場では『サマーレッスン(E3版)』『THE DEEP』『THE PLAYROOM VR』『SEGA feat. HATSUNE MIKU Project: VR Tech DEMO』の4本のデモが体験できるとアピール。中国初となるお披露目だけに、台数は限られているが、ぜひ体験して欲しいと語りました。



直近の発売タイトルでは『JOURNEY(風ノ旅ビト)』が8月18日、『JUST DANCE 2015』が8月25日、『討鬼伝 極』が9月にリリース。このうち『JUST DANCE 2015』『討鬼伝 極』では本体同梱版も登場します。F2Pタイトルの第一弾としてアクションシューティングの『WARFRAME』、中国国産タイトルとして今年15周年を迎える『三国戦紀 KNIGHTS OF VALOUR』が満を持してPS4でもリリース、などの紹介もありました。

◆日本・韓国・アメリカ・中国のクリエイターも登場

イベントの後半では2016年に発売予定のラインアップ紹介と、ゲームクリエイターの登壇がありました。まずラインアップでは『聖闘士星矢 SOLDIERS’ SOUL』『ソードアートオンライン ロストソング』『TRANSFORMERS DEVASTATION』『F1 2015』などのトレーラーを上映。中国産タイトルとして、武侠ものMMORPGの『仙剣奇侠伝6』、第二次世界大戦の海戦アクション『海站世界』などの紹介もありました。



会場が一際沸いたのが『ストリートファイターV』『ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼア』の各トレーラーが上映された時です。カプコンの小野義徳氏、スクウェア・エニックスの吉田直樹氏が登壇し、それぞれゲームの紹介を行いました。

トレードマークでもあるブランカのフィギュアを手に登壇した小野氏は、チャイナジョイのSCEブースで『5』の開発者インタビューや、『ウルトラストリートファイターIV』のゲーム大会が行われることをアピール。吉田氏はPS4版『エオルゼア』を中国で展開するにあたり、PC版に続いて運営を担当する盛大ネットワークに加えて、開発サポートにSCEが協力すると発表。三社で盛り上げていきたいと語りました。



このほかF2Pのコアユーザー向けオンラインゲームとして、韓国から最大16000人の兵士が画面に登場するMMOアクション『KINGDOM UNDER FIRE 2』(BLUESIDE ENGINE)、アメリカからオープンワールドMMOシューターの『FIREFALL』(RED5 STUDIO)の紹介も行われました。ストリートバスケで有名IPに成長した『3on3』のPS4での展開や、数々のインディゲームの紹介もありました。

またビデオ出演に留まりましたが、中国のゲーム開発者二名もコメントを寄せました。このように日本・中国・韓国・アメリカ・中国と国際色豊かな開発者が集まり、PSプラットフォームの中国展開を推進していくという、非常に力の入った本イベント。中でも中国国産ゲームのクオリティの高さに驚かされました。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

    【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  2. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  3. 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

    【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

  4. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  5. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  6. 2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示

  7. 記野直子の『最新北米市場分析』2015年5月号―『スプラトゥーン』は5位、amiiboも好調

  8. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  9. 【CEDEC 2013】リワード広告でアプリへの導線を作れ!スマートフォンアプリのグローバル動向とこれからの成功の秘訣

  10. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

アクセスランキングをもっと見る

page top