人生にゲームをプラスするメディア

【China Joy 2015】急成長の市場で各社が打ち出すものは? 中国最大のゲームショウが開幕

ゲームビジネス その他

【China Joy 2015】急成長の市場で各社が打ち出すものは? 中国最大のゲームショウが開幕
  • 【China Joy 2015】急成長の市場で各社が打ち出すものは? 中国最大のゲームショウが開幕
  • 【China Joy 2015】急成長の市場で各社が打ち出すものは? 中国最大のゲームショウが開幕
  • 【China Joy 2015】急成長の市場で各社が打ち出すものは? 中国最大のゲームショウが開幕
  • 【China Joy 2015】急成長の市場で各社が打ち出すものは? 中国最大のゲームショウが開幕
  • 【China Joy 2015】急成長の市場で各社が打ち出すものは? 中国最大のゲームショウが開幕
  • 【China Joy 2015】急成長の市場で各社が打ち出すものは? 中国最大のゲームショウが開幕
  • 【China Joy 2015】急成長の市場で各社が打ち出すものは? 中国最大のゲームショウが開幕
  • 【China Joy 2015】急成長の市場で各社が打ち出すものは? 中国最大のゲームショウが開幕
中国最大のテレビゲーム展示会「チャイナジョイ2015」が7月30日から8月2日まで上海で開催中です。今年で13回目を迎える本イベントは、昨年に引き続きソニー・コンピュータエンタテインメントとマイクロソフトがブースを出展し、プレイステーション4とXbox Oneを実機展示。B2Bエリアでモバイル向けに特設商談エリアが儲けられるなど、さらに充実した内容になりました。

家庭用ゲームの新作展示会という性格が強い東京ゲームショウやE3と異なり、チャイナジョイはPCオンラインゲームの祭典であり、ユーザーもさまざまなニーズで会場を訪れます。普段プレイしていないゲームの情報を集めたり、プレイしたり、ステージイベントを楽しんだり、コンパニオンの写真を撮影したり、コスプレを楽しんだり、プロゲーマーの試合ぶりを観戦したり、グッズを買ったりなどなどです。

さらにSCEブースとMSブースではゲーム機とソフトを購入することもできます。同様に周辺器機メーカーにとっても、チャイナジョイはかき入れ時です。ゲームのキャラクターになりきって、プロのカメラマンに写真を撮影してもらえるブースはいつも長蛇の列。「ゲームを遊ぶだけがゲームショウの楽しみ方じゃない」というメッセージを、来場者は全身でアピールしているかのようです。

一方でチャイナジョイには商談向けのB2Bエリアと、業界関係者向けのカンファレンスも併設されています。いわば東京ゲームショウとE3とGDCの各機能を融合しているのがチャイナジョイだと言えるでしょう。公式発表では、昨年度は4日間で25万人の集客を数え、うち5万人がB2Bエリアの来場者だとしています。これは東京ゲームショウと同規模であり、B2Bエリアだけをとってみても、E3と同規模です。

特に今年は併設カンファレンスのうち「チャイナゲームビジネスカンファレンス」でアンリアルエンジンの生みの親として有名なエピックゲームズのティム・スィーニー氏が登壇。日本からも『TENGAMI』の東江亮氏が講演を行いました。また「ワールドモバイルゲームカンファレンス&エキスポ」では、B2Bエリアで初めてエキスポフロアが併設され、さまざまな商談が展開。このように、チャイナジョイは過去13回を経て、東アジアのゲームビジネスで非常に重要なポジションを担うまでに成長してきました。

一方でチャイナジョイ名物といえば世界的に見ても露出度が高めなコンパニオンたち。あまりに過激な方向に走った結果、当局から異例の規制が入るなど、別の方面でも話題となりました。今年はへそ出しがなくなるなど、露出度は抑える一方で、総じて可愛い系にふった印象を受けました。会場の模様も含めてアジアンビューティーなコンパニオンの数々をご覧ください。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

    【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

    『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  4. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  5. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  6. 【e-Sportsの裏側】韓国トップランナーが説く、Eスポーツビジネス論―「市場は選手が作る」

  7. 【CEDEC 2011】世界に通じる万国共通の表現、それは「表情」

  8. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  9. OPENREC.tv x TOPANGAスポンサー契約発表会レポ―「日本のe-Sports発展に貢献を」

  10. 日本の新規IPを海外へ ― KADOKAWAとフロム・ソフトウェアが切り開く未来とは

アクセスランキングをもっと見る