人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2014】BungieのScott Shepherd氏が語る、『Destiny』のキャラクターが出来るまで

ゲームビジネス 開発

【GDC 2014】BungieのScott Shepherd氏が語る、『Destiny』のキャラクターが出来るまで
  • 【GDC 2014】BungieのScott Shepherd氏が語る、『Destiny』のキャラクターが出来るまで
  • 【GDC 2014】BungieのScott Shepherd氏が語る、『Destiny』のキャラクターが出来るまで
  • 【GDC 2014】BungieのScott Shepherd氏が語る、『Destiny』のキャラクターが出来るまで
  • 【GDC 2014】BungieのScott Shepherd氏が語る、『Destiny』のキャラクターが出来るまで
  • 【GDC 2014】BungieのScott Shepherd氏が語る、『Destiny』のキャラクターが出来るまで
  • 【GDC 2014】BungieのScott Shepherd氏が語る、『Destiny』のキャラクターが出来るまで
  • 【GDC 2014】BungieのScott Shepherd氏が語る、『Destiny』のキャラクターが出来るまで
  • 【GDC 2014】BungieのScott Shepherd氏が語る、『Destiny』のキャラクターが出来るまで
GDC 2014でBungieのScott Shepherd氏が、新作『Destiny』のキャラクター作りについて講演を行いました。『Halo』ほどの大作を生んだBungieが、どのように『Destiny』でファンの期待に応えられるか、マスタチーフの成功を辿って、同作品内のキャラクター製作について語りました。

「『Destiny』でいいキャラクターを作るのに、まずは過去に何が成功したかを見るべきです」と、Shepherd氏はマスタチーフの写真を見せながら語りはじめました。マスタチーフは歴代のゲームの中で最も認知度が高いキャラクターの一つであり、大成功と言っても過言ではありません。マスタチーフのどこがそこまで印象的かと追求すると、「仮面をかぶっている」ところだと同氏が説明します。「顔のない勇者がいると、自分が勇者になれる」

成功例である「顔のないヘルメット」を元にして『Destiny』のキャラクターを作ることにしたといいます。「Destiny世界のヒーローはあなたです」という理念をもち、作成に取り組んだと話しました。

『Desiny』にはクラスが三つ存在します。それぞれ武器や見た目が異なり、装備するアイテムの形が変わります。

◆Hunter
スカウトやハッカー、スナイパーなどの「Hunter」クラス。特徴はやフードガスマスク風ヘルメット。「どこかで拾ったパーツを適当に組み合わせた」感じが狙い目。

◆Warlock
「学士戦士」と呼ばれるクラスです。ケープやローブが特徴で、デザインは魔法使いから第一次世界大戦の戦士まで引用されています。

◆Titan
アーマーがメインのクラスです。中世の騎士の鎧がベースです。

ここまで多様なクラスや見た目を持つキャラクターに、どうやってカスタマイズを充実させるかという難問がありました。「一つのキャラクターのための一つのヘルメットだけに何時間もかかるようなら、現実的にプレイヤーが望むほどのカスタマイズ性を与えられない」と同氏が説明しました。その難問を超えるため特別にパーツクリエーションシステムを作りあげました。キャラクターデザイナーが「ベースパーツ」(頭、胴、腕、足)から選び、少しいじって、3時間くらいで新しいパーツが出来上がります。パーツの色、テクスチャー、素材などを自由に変更することができます。

また、ベースがベースを共有しているので、パーツを再利用することもできます。今後の作品(追加や拡張コンテンツ)に向けて、簡単に編集したりいじったりできるようにするのが目的でした。
《ハナ》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

    【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  2. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  3. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

    【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  4. アクレイムが復活?

  5. 「これは私の人生そのもの」―元マフィアの娘が『GTA V』を提訴、4000万ドルの賠償金を求める

  6. マジコンの販売に刑事罰を設ける法改正へ・・・年内施行を目指す

  7. ネクソンが小中学生向けの「夏休みネクソン1日社員体験」を実施―子供達がゲームプログラミングに挑戦

  8. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  9. 【レポート】インドネシアのデベロッパーが手がけるVRホラー『DreadEye』をプレイ

  10. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

アクセスランキングをもっと見る

page top