人生にゲームをプラスするメディア

フェイスブック、Oculus VR社を総額20億ドルで買収―次世代のプラットフォームはVRに?(2)

ゲームビジネス 開発

VRヘッドセット「Oculus Rift」
  • VRヘッドセット「Oculus Rift」
  • ゲームを体験している様子
フェイスブックは、VRヘッドセットを開発するOculus VR社を総額20億ドル(約2050億円)で買収すると発表しました。4億ドルの現金と、16億ドル分のフェイスブック株式(2310万株)が既存株主に付与されます。また、経営陣には3億ドルのアーンアウトが設定されるとのこと。

Oculus VRはヘッドセット型のVRデバイス「Oculus Rift」の開発を進めており、開発者向けにキットが既に提供を開始。主にゲーム用途で、世界中の開発者が開発を始めています。元々はクラウドファンディングのKickstarterから始まったプロジェクトですが、記録的な調達額を打ち立て、その後も資金調達を繰り返し、人材獲得にも力を入れます。また、伝説のゲームデザイナー、ジョン・カーマックも同社に参画をしています。

フェイスブックはOculusがゲーム分野で確立しているVR技術を、通信、メディア、エンターテイメント、教育など多分野に展開する計画で、バーチャルリアリティ技術は次世代のソーシャル、コミュニケーションのプラットフォームの強力な候補であると述べています。

「モバイルは今日のプラットフォームですが、我々は明日のプラットフォームへの準備も出来ています。Oculusは最もソーシャルなプラットフォームを作る可能性があり、我々の働き方やコミュニケーション、そして遊びを変えることができるでしょう」とフェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOはコメントしています。

「私達はマークやフェイスブックと共に、世界で最高のバーチャルリアリティプラットフォームづくりにまい進するのをとても楽しみにしています。私達はバーチャルリアリティは人々を魔法のように結びつけるソーシャル体験であると信じており、今まで不可能だった様々な事を実現可能にする変革の、そして破壊的なテクノロジーです。そして物語はまだ始まったばかりです」とOculus VRのブレンダン・イリブCEOはコメントしています。

引き続きOculus VR社はカリフォルニアの現在のオフィスで活動を続け、「Oculus Rift」の開発も継続されるとのこと。

Oculus VRは第2世代の開発キットを先日開催されたGame Developers Confereceで発表し、開発者への出荷を6月から開始すると明らかにしています。フェイスブックによる買収は予想外ではありましたが、巨大テック企業もバーチャルリアリティに多大な関心を示している事の表れと言えそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  3. 『シェンムー3』Kickstarterに新拡張ゴール、「白沙」「鳥舞」「白鹿村」3つのエリアにフォーカス

    『シェンムー3』Kickstarterに新拡張ゴール、「白沙」「鳥舞」「白鹿村」3つのエリアにフォーカス

  4. ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

  5. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  6. 【CEDEC 2016】アナログゲーム国内躍進のワケ―デジタルゲームと相互に影響しあう関係とは

  7. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  8. 国内唯一のゲームエフェクトツール「BISHAMON」セミナーが大盛況

  9. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  10. VRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』バトル映像が公開…実際に腕を動かし、ボスを斬る!

アクセスランキングをもっと見る