人生にゲームをプラスするメディア

【BEST OF TGS AWARD 2013】ハードウェア部門受賞は"史上最小のプレイステーション"「PlayStation Vita TV」

その他 フォトレポート

【BEST OF TGS AWARD 2013】ハードウェア部門受賞は
  • 【BEST OF TGS AWARD 2013】ハードウェア部門受賞は


東京ゲームショウに出展されたタイトルの中から、インサイド/Game*Sparkの編集、ライターが注目タイトルを選出する「BEST OF TGS AWARD」。ハードウェア部門の受賞はソニー・コンピュータエンターテインメントの「PlayStation Vita TV」に決定しました。

「PlayStation Vita TV」はテレビに接続して、PSVitaのゲームタイトルを遊ぶことのできるデバイスで、僅か110gのボディにはPSVitaのカードスロットが用意され、パッケージゲームを遊べるほか、膨大な数のゲームアーカイブス(過去に発売されたゲーム)をダウンロードして遊ぶ事も出来ます。さらに、TSUTAYA TV、ニコニコ動画、スカパー!オンデマンド、huluなど各種動画配信サービスにも対応。テレビをより面白くするデバイスです。2月発売予定のプレイステーション4と連携してリモートプレイも可能にします。



■選んだ主な担当者のコメント

土本学 / インサイド編集長
「お手軽、お値打価格でありながら、リビングにゲームを中心とした輪を作り出す可能性を秘めたデバイス。お茶の間のゲーム復権を担って欲しい。」

臥待 弦(ふしまち ゆずる)/ ライター
「個人的には、アクションにせよRPGにせよ大きな画面で楽しみたいので、「PSVitaをテレビ画面で楽しめれば」と切望していた自分には、まさに最適の一品。」

ishigen / ライター
「携帯機で普段ゲームをプレイしない自分が次世代据え置き機よりも注目しているゲーミングハード。OuyaなどのAndroidゲーム機も模索したリビングを中心とする小型据え置き路線。成功させることができるか非常に楽しみ。」

Ten-Four / ライター
「大画面で朧村正とカグラが出来る!」
対応タイトル一覧

森元行 / スタッフ
「低価格という部分に期待。昔ゲームをしていたユーザーを取り戻す良いフック。大画面でVITA等のゲームをプレイできるという部分で、既存ゲーマーにも何気に支持される可能性も有りそう。というか、エンターテインメントの形を変える起爆剤になればと。」

「PlayStation Vita TV」は11月14日発売予定で、価格は9480円(税別)です。

ノミネート作品
・プレイステーション4 (株式会社ソニー・コンピューターエンタテインメント)
・Xbox One (日本マイクロソフト株式会社)
・新型PlayStation Vita (株式会社ソニー・コンピューターエンターテインメント)
・PlayStation Vita TV (株式会社ソニー・コンピューターエンターテインメント)
・ひかりTV (株式会社NTTぷらら)
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  3. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』新ステージ公開、絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AI、『FGO』新章「亜種特異点I」は2月24日19時から…など(2/22)

    【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』新ステージ公開、絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AI、『FGO』新章「亜種特異点I」は2月24日19時から…など(2/22)

  4. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  5. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  6. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  7. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  8. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  9. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  10. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

アクセスランキングをもっと見る