人生にゲームをプラスするメディア

【Nらの伝説・39】Wii U「Miiverse」で語る!『ゼルダの伝説』大好きコミュニティに参加してみた

任天堂 Wii U

世界中のゼルダファンの集う公式コミュニティが、Wii Uでついに発足!
  • 世界中のゼルダファンの集う公式コミュニティが、Wii Uでついに発足!
  • 「ゼルダの伝説シリーズ コミュニティ」はこちらからどうぞ
  • 「人気の投稿」から青沼さんの書き込みを要チェック!
  • Wii U GamePadでなら気軽に楽しめていいですよ
  • 投稿例。思わず共感したくなる、ちょっとマニアックな内容もぜひ
  • 手書き投稿例。何でもない内容でも、手書き、特にイラスト入りは目を引きます
先日オープンしたWii U「Miiverse」の新コミュニティ、「ゼルダの伝説シリーズ コミュニティ」。基本的には発売済みのソフトのコミュニティが立ち上がるMiiverseですが、世界中に大勢のファンがいる『ゼルダの伝説』シリーズについて、自由に語れるコミュニティが特設されました。

今後発売が予定されているのは、“アタリマエ”を取り払う試みをしているWii Uでの最新作と、『風のタクト』のリメイク作品。これら2作についてはもちろん、ファミコンからWii Uまで、『ゼルダ』に関する投稿なら何でもアリ!

さっそくコミュニティをのぞいたり、実際に書き込んだりしてみました。

■ゼルダの伝説シリーズ コミュニティを閲覧してみた
わらわら広場には表示されていないようなので、まずは「Miiverse」を起動し、ゼルダコミュニティを探してください。時間帯にもよると思いますが、世界中にファンがいるだけあって半分くらいは海外の書き込みの様子。でも、イラストも交えて、新作をとても楽しみにしている様子が伝わってきます。もちろん、日本のゼルダファンのみんな!負けずに盛り上がりましょう!

ざっと見てみた1時間分の投稿だけでも、とても多くの数があり、中には「そうだね」の共感ボタンを100以上も押されている投稿も見当たりました。共感する投稿があった場合や、素敵なイラスト投稿を見つけたときには、積極的に「そうだね」ボタンを押したいですね。

「人気の投稿」を選ぶと、現在『ゼルダの伝説』シリーズのプロデューサーを担当している青沼さんの書き込みが見られます。このコミュニティに「時々お邪魔します」とのことですが、ぜひジャンジャンお邪魔してきてほしいところですね!

ほかにも、「そうだね」の共感ボタンを200~1000以上も押されているようなユーザーの投稿がズラリ。さすがに、見栄えのいいイラストがたくさんあります。イラストが得意な人は、この「人気の投稿」入りを目指してみるのもいいかもしれません。

■手書きで投稿してみた
では、試しにちょっと投稿をしてみましょう。まずは、手書き投稿でイラストを描いて投稿してみました。キャラクターの絵を簡単に描き、「○○がカワイイです!」と一言。さすがにイラストは目を引くのでしょう、すぐに10人以上から「そうだね!」をもらうことができました。もちろん、描いたキャラクターにもよるかもしれませんが。リンクやゼルダはもちろん、サリア、ミドナ、ラインバック、ギラヒム・・・。魅力的なキャラクターがいっぱいいますよね。

でも、ゼルダ大好きな人がたくさん集まるコミュニティなんですから、ちょっとマイナーなキャラクターでも共感してもらえるのではないでしょうか?『神トラ』のアグニムとか、『ムジュラ』のイカーナ王とか、『タクト』のムールちゃんとか、『スカイウォードソード』のキコア先輩とか、『時のオカリナ』のボムチュウボウリングのおねーさんとか・・・。

■文章で投稿してみた
イラストが苦手な人は、文章でもオッケーです!「新作楽しみです」とか、「どのシリーズが好きですか?」といった投稿もよく見かけました。でもやっぱりゼルダ大好きな人がたくさん集まるコミュニティなんですから、もっとマニアックなことを書くのもアリですよね。「ゼルダあるある」みたいなものや、当時の思い出、じっくり遊ばないと気づかない話などなど。「どのシリーズのネタか」を具体的に書くとよいのではないかと思います。「『大地の汽笛』は、お菓子の汽車にカスタマイズしてました。とても神の汽車とは思えない!」といった感じ。

もちろん、「カッチャイナ~ カッチャイナ~」の一言だけだったとしても、私は「そうだね!」を力いっぱい押しますけどね!

そんなわけで、ちらちら見ながら「そうだね」共感ボタンを押したり、時には書き込んだりして、『ゼルダ』にどっぷり浸かりましょう。世界中のゼルダファンとともに!

(C)Nintendo

■Nらの伝説 by N子

Nなハードを(中心に)、絵も交えながらより深く遊ぶ、伝える。さすらいの勇者も求むかも!?な連載。
《N子》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂、3DS搭載のリチウム電池に関するガイドライン公開―意外と知らない豆知識も…?

    任天堂、3DS搭載のリチウム電池に関するガイドライン公開―意外と知らない豆知識も…?

  2. 「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」の8月24日号公開 ― 新作が続々登場!

    「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」の8月24日号公開 ― 新作が続々登場!

  3. 未発売のHDリマスター版『ゴールデンアイ 007』プレイ映像が出現

    未発売のHDリマスター版『ゴールデンアイ 007』プレイ映像が出現

  4. 松野泰己氏すら覚えていなかったSFC版『タクティクスオウガ』裏コマンドが19年越しで発見される

  5. 土管から「安倍マリオ」登場!?リオ五輪閉会式で安倍総理がマリオに扮する

  6. Wii U版『シャンティ -リスキィ・ブーツの逆襲-』8月31日配信決定、ドット絵にもこだわりを感じる2Dアクション

  7. カプコンの新作3DSソフトは「Suica」など交通系ICカードと連動! 乗車履歴でキャラとコミュニケーション

  8. Wii U向けVC『スターフォックス64』『闘いの挽歌』8月31日配信

  9. SFC版『タクティクスオウガ』の裏コマンドを残した意図を松野泰己氏が披露

  10. 『ポケモンGO』効果で3DSがハードウェア首位、ソフトは『GTA V』が返り咲き―2016年7月の米国セールスデータ

アクセスランキングをもっと見る

page top