人生にゲームをプラスするメディア

【Nらの伝説・50】ポケモンのアイドルはピッピ!初代『ポケットモンスター 赤・緑』を振り返ってみたよ

任天堂 その他

初代主人公とライバル。まさに、いいライバル同士でした!
  • 初代主人公とライバル。まさに、いいライバル同士でした!
  • 最初のパートナーは、どのポケモンにしましたか?
  • 登場したポケモンとその思い出いろいろ
  • ジムリーダーも個性的でツッコミどころも満載(男子は省略)
  • ワタルの髪の毛が赤かったなんて。白黒なので、後に衝撃を受けたこともありました
  • 『赤・緑』の公式サイト。2つのバージョンの存在にドッキドキ
  • 特殊な販売方法がとられた『青』バージョンの公式サイトより
  • アニメのイメージが盛り込まれた『ピカチュウ』バージョン
ピンク色でかわいらしくて大人気のポケモン、なーんだ?

プリン?
そうね、『スマブラ』にも登場するメジャーなポケモンよね。

ラッキー?
そうね、ポケモンセンターの治療薬、っていうイメージも強くなったよね。

タブンネ?
そうね、たぶんねー。

答は、ピッピです。
初代では、「不思議でかわいいので多くのファンがいる」という設定で、町の人の話題の的であり、大人気のポケモンということでした。現実では「ピカチュウ」にその座を奪われてしまったようで!?

というわけで、今回の題材は「赤を買うか緑を買うか、ちょっと違うよ」のフレーズでおなじみの『ポケットモンスター 赤・緑』です。・・・え、おなじみじゃないですか。それもそうですよね。初代『ポケットモンスター』が発売されたのって、1996年なんですから!

リメイクとして『ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン』も出ていますが、こちらももう10年ほど前になります。ぼくたちが初めて自分のポケモンを手にし、冒険に出たあの日のこと。KOGから初代『ポケモン』をモチーフにしたTシャツも出ることですし、思い出してみることにしましょう。
(本当は実機プレイをしたいところなのですが、昔のゲームボーイソフトが動く環境がN子にはありませんでした・・・残念)。

■ポケットモンスターの世界にようこそ!
まずはオーキド博士に名前をたずねられるところから始まります。『赤』なら「レッド」や「サトシ」が候補、『緑』なら「グリーン」や「シゲル」が候補。主人公に対するライバルも、物語の中でいい役割を担ってくれます。

フィールドではちまちまとキャラクターを動かし、バトルになると大きな姿のドット絵で、相手トレーナーやポケモンたちが描かれます。そのポケモンの種類は150種もいるとうたわれ、かわいいポケモンからカッコイイポケモンまで、好みの相棒を見つけていきました。

スーパーなファミコンが登場し、はるかに美しい画面に心躍らされていたかたわら、白黒で小さな画面のゲームボーイのソフトに心を奪われていったのです。

コイキングを500円で買い、だまされたー!と思ったこと。くやしいので進化させて殿堂入り(エンディング)まで連れて行ったこと。私は、忘れない!

■バグ技と都市伝説の数々も
『ポケモン』そのもののが爆発的にヒットするとともに、ファミコン時代のノリで「バグ技」も広まりました。アイテムを増やしたり、ポケモンをコピーしたり、伝説のポケモン(バグで生まれたへんてこデータ)を登場させたり・・・。『スーパーマリオブラザーズ』幻の9面のノリでしょうか。

データ消失の可能性も高く、今思い出すと恐ろしい話ですが(通信交換セーブ中に電源を切ったりするんですよ!)、それだけいろいろな都市伝説が生まれたり、大きく広まったりというのも、あのころらしさのひとつかなーと感じます。

本当の伝説ポケモンは、抽選やイベントでのみ配布された151番目のポケモン、「ミュウ」。ふつうに遊んでいると手に入らないポケモン。その存在が大きいことは、今も同じですね。

さてさて、15年以上もナウなヤングにバカウケを維持し続けてきた『ポケモン』。そのあいだに世代交代をしたプレイヤーもいれば、ずっと遊び続けている人もいるはず。ずっと新しい話題を提供し続けて来たシリーズであり、子供たちから人気が高いし、ファミコンほど古いゲームではない。なので、気づかなかったのですが・・・初代はもはや「レトロゲーム」!そんなジジツにちょっと驚いたN子なのでした。

たくさんのポケモンを集める。
ポケモンを育て強くする。
自分自身が冒険をし、成長していく。
そして、通信機能を使った友達とのコミュニケーション。

少年少女はもちろん、大人にも熱い思いがこみ上げてくる『ポケットモンスター』の世界。今やアニメ、映画、グッズとともに世界に轟く巨大な『ポケモン』産業。けれどその始まりは、ポケットに収まるひとりひとりの小さな冒険でした。そんなことを今こそもう一度、振り返ってみてはいかがでしょうか。

(C)2013 Pokemon.
(C)1995-2013 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

■Nらの伝説 by N子

Nなハードを(中心に)、絵も交えながらより深く遊ぶ、伝える。さすらいの勇者も求むかも!?な連載。
《N子》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 中国で『スプラトゥーン』丸パクリのスマホゲームが登場、素材は盗用か

    中国で『スプラトゥーン』丸パクリのスマホゲームが登場、素材は盗用か

  2. 『ポケモン サン・ムーン』「カプ・コケコ」「クワガノン」など新ポケモン詳細が一挙公開、新要素の画面写真も

    『ポケモン サン・ムーン』「カプ・コケコ」「クワガノン」など新ポケモン詳細が一挙公開、新要素の画面写真も

  3. 『スプラトゥーン』更新データ(Ver.2.9.0)7月6日配信、無敵SPやダイナモの調整などが実施

    『スプラトゥーン』更新データ(Ver.2.9.0)7月6日配信、無敵SPやダイナモの調整などが実施

  4. 任天堂がVRへの取り組みについてコメント…NXやゼルダ、自社IP映画の情報も

  5. 『ポケモン サン・ムーン』新ポケモンを紹介する映像公開!カプ・コケコ、デンヂムシ、ジジーロンなど

  6. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  7. 『スプラトゥーン』ついに“最後のフェス”が7月22日から開催、テーマは「アオリ vs ホタル」!

  8. 『ポケモン』中国語名称を巡り改名騒動、日本領事館付近でデモ

  9. 『スプラトゥーン』“ラストフェス”Tシャツ発売決定!イカベーダーCAPやギアパワー缶バッジBOXセットも

  10. Wii U GamePadにはリージョンロックがある?北米版と日本版を使って色々と検証してみた

アクセスランキングをもっと見る

page top