最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
【Nらの伝説・51】初代『パネルでポン』見参!アクティブ連鎖と任天堂らしからぬ妖精さんの世界を楽しもう

【Nらの伝説・51】初代『パネルでポン』見参!アクティブ連鎖と任天堂らしからぬ妖精さんの世界を楽しもう

2013年6月2日(日) 22時00分
  • おかえりリップ!妖精さんたち!もっと活躍できますようにの画像
    おかえりリップ!妖精さんたち!もっと活躍できますように
  • ある条件を満たすと、リップが含み笑いをする衝撃的な場面も!?の画像
    ある条件を満たすと、リップが含み笑いをする衝撃的な場面も!?
  • 起動すると、「ニンテンドウ!」というボイスが!の画像
    起動すると、「ニンテンドウ!」というボイスが!
  • タイトル画面。ピンク!お花!ファンシー全開でしょの画像
    タイトル画面。ピンク!お花!ファンシー全開でしょ
  • 氷や草など、それぞれつかさどるものがある妖精さんたちの画像
    氷や草など、それぞれつかさどるものがある妖精さんたち
  • みんなリップの友達ですが、まずは彼女たちと対戦しますの画像
    みんなリップの友達ですが、まずは彼女たちと対戦します
  • オープニングデモをずっと見ていると、キャラクター紹介もの画像
    オープニングデモをずっと見ていると、キャラクター紹介も
  • 小さなドット絵、顔アイコン、全身絵が楽しめますの画像
    小さなドット絵、顔アイコン、全身絵が楽しめます
  • 対戦以外に、こんな感じのステージも。不思議な動物がいっしょの画像
    対戦以外に、こんな感じのステージも。不思議な動物がいっしょ
  • あれっ。デス・マウンテンだったんかー!の画像
    あれっ。デス・マウンテンだったんかー!

ファンシーな少女キャラクターが登場するアクションパズルゲーム『パネルでポン』。
ついにWii Uバーチャルコンソールにお目見えです!

主人公である花の妖精・リップを始めとした妖精のキャラクターたちは、「妖精さん」と呼ばれて親しまれたりもしています。ところがスーパーファミコンで発売された後には、ゲームシステムはそのままにキャラクターがヨッシーになったり、ポケモンになったり、消えたりもしました。なんてこった。

ゲームキューブでは『パズルコレクション』として任天堂の代表パズルゲームの1本となり、妖精さんが一新されたりもしましたが・・・やっぱり第一作目は特別。懐かしい妖精さんたちとWii Uで会えるなんて!

そんな任天堂らしからぬ、一見女児向けのようなデザインのキャラクターたちと世界観。ここに残念な先入観をもったり、あなどったりしてはいけません!テクニカルな技が光る、中毒性の高い、アクションパズルの傑作なのです。

■最大の魅力「アクティブ連鎖」
落ちものパズルゲームの代表、『テトリス』や『ドクターマリオ』、『ぷよぷよ』を思い浮かべてみてください。地道に積み重ね、大量消し(連鎖)を狙いますよね。消している間は、その成果をながめつつ、次の手を考えるかと思います。

ところが、この『パネポン』。隣り合ったパネルを入れ替え、そろえ、消していくゲームで、連鎖を組む要素もあるのですが、連鎖の最中にもパネルを入れ替えて、さらに連鎖をのばしていくことができるんです!それが最大の特徴であり、「アクティブ連鎖」と名付けられています。

そんなわけで、常に大忙し!次の消せる場所を探し、パネルを入れ替え移動させる!それが対人戦モードであれば、さらにえらいこっちゃです。相手の攻撃を連鎖で返し、それがさらに連鎖攻撃となって反撃され、さらにやり返す。うまい人同士の戦いではなんと、処理落ちが起こってきます。

処理落ちによってゲームの表示が遅れまずが、それはすなわち思考時間が長く取れるということ。通常20秒~2分程度で1戦は終わるのですが、何分も続くことも。鼓動は速くなり、息は切れ、手に汗握る、白熱したバトル!

・・・ま、画面上ではファンシーな妖精さんたちが「いくぞ!」「どうだ!」といったボイスを掛け合って動く、きゃぴきゃぴした感じなんですけどね。他にはない、アクティブ連鎖のスリル。この味に快感をおぼえてしまったら、ハマること間違いなし。試して損なし。N子のイチオシパズルゲーであります。ヤミツキになった暁には、妖精さんたちにもトリコです。

ちなみに開発は『ファイアーエムブレム』シリーズでおなじみのインテリジェントシステムズなんですよ。

■Wii Uでの操作性
お手軽な、Wii U GamePadで遊んでみました。うーん。正直、ちょっとやりづらい・・・。人によると思いますが、十字ボタンが固く、テキパキとパネルを動かせませんでした。とはいえ、大連鎖を狙うのはつらかったのですが、HARDをノーコンティニュークリアするくらいなら問題ありませんでした。あとは、ほかのコントローラを使ったり、慣れるうちになんとかなる感じでしょうか。

大連鎖を狙うためにはパネルをせり上げることも大事なのですが、これは「L・R」ボタンで行います。N子はRボタンを使っているのですが、おしにくかったので、「ZR」をその役割に変更しました。キーコンフィグができるのが、こういうときに助かりますね!

丸ごとバックアップがあるので、休憩やスコア保持、ノーコンティニュークリアを目指す・・・といったことは、やりやすくなっていると思います。

さて、今回はちょっとした裏技をいくつか紹介したいと思います(ただしスーパーファミコン版のものであり、VC版でもすべてできるかは未確認)。ぜひ試してみてください。

■VS.でリップ以外が使える
1人用のVS.でステージ勝利後のデモ(虹の上を走っていく)で、画面が暗くなる前にXボタンとYボタンのみをおし続けていると、今まで仲間にした妖精を使うことができます。対戦画面の雰囲気がいつもと変わりますよ。

また、コンティニュー画面でYESを選んで画面が暗くなる前でも、同じようにXボタンとYボタンのみをおし続ければOK。コンティニュー回数はリップのみのカウントなので、ほかの妖精さんを犠牲にする方法もあり!?

■背景の絵を堪能
ポーズ中にXボタンを押すと「PAUSE」の文字が消せます。美しい妖精さんの世界をじっくりながめましょう!?

■速度制限のリミッター解除
電源を入れて最初にでてくる「ニンテンドー」としゃべる画面で、コントローラ1のボタンをB、A、L、Lと入力すると、スピードレベルの最高速度制限がアップ。エンドレスモードでスピードレベル99を目指せば、さらにその上を体験できる!?

このゲーム、なんといっても「VS」モードが熱いのですが、指定のラインまで消すステージクリア型のモードや、エンドレス、スコアアタック、詰めパズルと多彩です。『パネポン』の体験はもちろん、「Miiverse」のコミュニティにも参加したりして、ぜひぜひ妖精さんたちと戯れてくださいね。

(C)1995 Nintendo/INTELLIGENT SYSTEMS

■Nらの伝説 by N子

Nなハードを(中心に)、絵も交えながらより深く遊ぶ、伝える。さすらいの勇者も求むかも!?な連載。

(Article written by N子)

任天堂アクセスランキング


機種 SFC
ジャンル PUZ
発売元 任天堂
開発元 インテリジェントシステムズ
発売日 1995年10月27日
プレイ人数 1〜2人プレイ対応