人生にゲームをプラスするメディア

セガサミー第1四半期決算、コンシューマ事業の赤字は改善方向に

ゲームビジネス その他

セガサミーホールディングスは、平成25年度第1四半期の決算を発表しました。

売上高は699億8000万円(前年同期比7.1%増)、営業利益は54億1500万円(前年同期比82.4%増)、経常利益は46億8600万円(前年同期比42.9%増)、四半期純利益は25億4400万円(前年同期は四半期純損失22億24百万円)となりました。

コンシューマ事業においては、収益性改善のため、販売タイトルを削減しており、販売本数は前年より99万本減の134万本になっています。売上高は150億95百万円(前年同期比6.9%減)、営業損失は15億59百万円(前年同期は営業損失38億56百万円)となっています。

赤字幅は減少しましたが、今後もパッケージソフトについては、収益性の高い有力タイトルの販売に注力していくとのことです。

一方で、携帯電話・スマートフォン・PCダウンロード等のデジタルゲーム分野においては、スマートフォン向けタイトル『KingdomConquest』が、2012年6月に累計で300万ダウンロードを突破するなど、好調を維持しています。その他にも、『SAMURAI & DRAGONS』『サカつくS』『ミクフリック』をはじめとした複数のタイトルの投入を行っております。また、7月4日にサービスを開始した『ファンタシースターオンライン2』も好調に推移しています。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  2. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

    【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  3. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

    【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  4. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  5. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  6. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  7. 舞台「龍が如く」桐生一馬「応龍の刺青」ビジュアルが公開、Web限定CMも

  8. 『イングレス』『Pokemon Go』を手がけるNianticにフジテレビなどが投資

  9. 【CEDEC 2010】ゲームに込めた情熱・技術を海の向こうまで正確に伝えるために GDD/TDDを書こう

  10. 2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示

アクセスランキングをもっと見る

page top