人生にゲームをプラスするメディア

THQ、2012年度決算を発表・・・依然厳しい状況ながらデジタル分野が伸びる

ゲームビジネス 市場

米国の中堅パブリッシャー、THQが15日に発表した2012年度の通期業績は、売上高8億3080万ドル(前年度比+24.8%)、純損失2億3900万ドル(-)となりました。人気作の発売で売上高は増加しましたが、損失は前年度よりも拡大し、依然として経営は厳しい状況にあります。

タイトルではシリーズ1100万本を出荷し人気フランチャイズとして定着した『セインツロウ ザ・サード』が牽引。出荷は425万本、メタスコアでも83点と好評でした。追加バージョンとして今年9月には『セインツロウ ザ・サード - エンター・ザ・ドミナントリックス』を発売予定。更なるシリーズ拡大を目指します。

定番作品では11月に発売した『WWE 12』が220万本、2月に発売した『UFC Undisputed 3』が140万本を超えるセールスとなっています。『WWE』は前作と比べて20%セールスが伸びたとのこと。これらのプロレスタイトルは引き続きTHQを支える基盤となりそうです。

他社の例に漏れずTHQでもデジタル分野が拡大していて、通期では前年度比+62%の5900万ドルになったとのこと。また第4四半期単体でも1800万ドルで前年度比+44%となっています。

今後のラインナップとしてはユーザーからの期待が高かった『Company of Heroes』の続編として『2』を制作することを決定。第4四半期での発売を目指します。その他、『Darksiders II』が8月に、前述の『セインツロウ ザ・サード - エンター・ザ・ドミナントリックス』が9月に、『WWE 13』が第3四半期に、『METRO: Last Light』が第4四半期に、『South Park : The Game』が第4四半期に、それぞれ予定されています。

同社は7600万ドルの現金等価物と5000万ドルのクレジットラインを保持しており、当面の資金繰りには問題ないとしている一方、既報の通りValhala Game Studiosの『Devil's Third』のパブリッシングを断念したほか、キッズ向けの「uDraw」などのラインナップの削減、開発コストやマーケティングコストの削減などのリストラ策を進めています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  4. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  5. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  6. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  7. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  8. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  9. 『Fez』開発者Phil Fish氏がYouTuberのゲーム実況を批判「コンテンツを盗んでいる、利益を分配すべき」

  10. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

アクセスランキングをもっと見る