人生にゲームをプラスするメディア

増田部長がゲームフリークに入社したきっかけとは ― ファンからの質問に回答

ゲームビジネス 人材

ポケットモンスタープラチナ発売前夜 12年前を振り返る
  • ポケットモンスタープラチナ発売前夜 12年前を振り返る
  • ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)
  • ポケットモンスタープラチナ発売前夜 12年前を振り返る
  • ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)
  • ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)
  • ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)
  • ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)
  • ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)
ゲームフリーク開発本部長の増田純一氏は、ゲームフリークに入社したきっかけについてブログ「増田部長のめざめるパワー」で公開しました。

増田氏は『ポケットモンスター』シリーズを手掛けるゲームフリーク創立メンバーの1人。最近はTwitterを初め、ファンと交流を深めています。

そんな中、あるファンが「ゲームフリークに入ろうとしたきっかけ」について質問。その返信をブログで綴っています。

そもそもゲームフリークは、ゲーム系同人誌サークルで活動が行われていました。自主制作した『クインティ』を発売する際、田尻智氏が株式会社ゲームフリークを設立。これが設立時のお話です。

当時の増田氏は、別の会社に勤めながら『クインティ』の音楽制作に携わります。そして『クインティ』を発売する際、ゲームフリーク設立と同時に1年勤めていた会社を辞めて入社した・・・というお話です。ブログでは学生時代からの話から始まっていますので、ファンの方はぜひチェックしてみてください。

増田順一Twitter:@Junichi_Masuda



『クインティ』が世に出てから7年、途中苦しい時期が続きましたが、最後まで諦めず作り上げたのがゲームボーイソフト『ポケットモンスター 赤・緑』。その後大ヒットし、世界中で愛されるゲームになったのはご存じの通りです。



※『クインティ』は、1989年6月27日にナムコ(現:バンダイナムコゲームス)から発売されたファミコンソフトです。

なお、ゲームフリーク設立や『ポケットモンスター』誕生などのエピソードが書かれた書籍田尻 智 ポケモンを創った男が発売中。ゲームフリークについてより深く知りたい方はコチラをどうぞ。
《まさと》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  2. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

    【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  3. 【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

    【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

  4. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

  5. VR空間でプラモ作りを楽しもう! 『Monzo VR』12月12日リリース

  6. 【TGS2016】バンナム、『Project LayereD』発表…ユーザー参加型で、アニメとゲームが連動する

  7. ブシロードとグリーがスマホゲーム開発で業務提携、『戦姫絶唱シンフォギア』をポケラボが開発

  8. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  9. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  10. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top