人生にゲームをプラスするメディア

増田部長がゲームフリークに入社したきっかけとは ― ファンからの質問に回答

ゲームビジネス 人材

ポケットモンスタープラチナ発売前夜 12年前を振り返る
  • ポケットモンスタープラチナ発売前夜 12年前を振り返る
  • ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)
  • ポケットモンスタープラチナ発売前夜 12年前を振り返る
  • ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)
  • ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)
  • ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)
  • ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)
  • ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)
ゲームフリーク開発本部長の増田純一氏は、ゲームフリークに入社したきっかけについてブログ「増田部長のめざめるパワー」で公開しました。

増田氏は『ポケットモンスター』シリーズを手掛けるゲームフリーク創立メンバーの1人。最近はTwitterを初め、ファンと交流を深めています。

そんな中、あるファンが「ゲームフリークに入ろうとしたきっかけ」について質問。その返信をブログで綴っています。

そもそもゲームフリークは、ゲーム系同人誌サークルで活動が行われていました。自主制作した『クインティ』を発売する際、田尻智氏が株式会社ゲームフリークを設立。これが設立時のお話です。

当時の増田氏は、別の会社に勤めながら『クインティ』の音楽制作に携わります。そして『クインティ』を発売する際、ゲームフリーク設立と同時に1年勤めていた会社を辞めて入社した・・・というお話です。ブログでは学生時代からの話から始まっていますので、ファンの方はぜひチェックしてみてください。

増田順一Twitter:@Junichi_Masuda



『クインティ』が世に出てから7年、途中苦しい時期が続きましたが、最後まで諦めず作り上げたのがゲームボーイソフト『ポケットモンスター 赤・緑』。その後大ヒットし、世界中で愛されるゲームになったのはご存じの通りです。



※『クインティ』は、1989年6月27日にナムコ(現:バンダイナムコゲームス)から発売されたファミコンソフトです。

なお、ゲームフリーク設立や『ポケットモンスター』誕生などのエピソードが書かれた書籍田尻 智 ポケモンを創った男が発売中。ゲームフリークについてより深く知りたい方はコチラをどうぞ。
《まさと》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホ用VRヘッドセット「STEALTH VR」新型モデル予約開始

    スマホ用VRヘッドセット「STEALTH VR」新型モデル予約開始

  2. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  3. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

    【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  4. 【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

  5. 任天堂、パテントトロールに勝訴し全特許を差し押さえ 『Wii Fit』を巡り

  6. 名タイトルで知るFPSの歴史(1)

  7. VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

  8. ゲーム開発をワンストップでサポートする シリコンスタジオ寺田健彦社長インタビュー

  9. 【レポート】『マブラヴ』VRデモをプレイ!迫り来るBETAを打ち倒すゲーム

  10. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

アクセスランキングをもっと見る

page top