人生にゲームをプラスするメディア

世界のトップデベロッパー50・・・1位は任天堂、2位ブリザード、3位ユービーアイ

ゲームビジネス その他

GDCの主催でもあるThink Media Serviceは、毎年恒例となっている「Game Developer Research」の最新調査結果をまとめました。雑誌「Game Developer Magazine」やウェブサイト「Gamasutra」などで行われたゲーム開発者を対象としたアンケートや最新の売上データ、Meracriticスコアなどを基づき150社を評価、リスト化したものです。



今回の調査でトップに立ったのは昨年に引き続き任天堂で、2位はブリザード、3位はユービーアイソフト モントリオールスタジオという結果でした。以下50位まで紹介します。

1. 任天堂
2. ブリザード
3. ユービーアイソフト モントリオール
4. ロックスターノース
5. EAカナダ
6. KONAMI
7. Valve
8. Epic Games
9. EA Tiburon
10. Treyarch
11. HAL研究所
12. カプコン
13. トラベラーズテイル
14. ベセスダ ゲーム スタジオ
15. Insomniac Games
16. バンダイナムコゲームス
17. EAレッドウッドショアーズ
18. コーエー
19. 小島プロダクション
20. ハーモニクス・ミュージック・システムズ
21. Media Molecule
22. ライオンヘッドスタジオ
23. Vicarious Visions
24. マクシス
25. ネバーソフト
26. ゲームフリーク
27. スクウェア・エニックス
28. デジタルイリュージョン
29. サクセス
30. Ready At Dawn
31. アトラス
32. クライテリオン・ゲームス
33. トーセ
34. Mythic Entertainment
35. Firaxis Games
36. Volition
37. セガ
38. SCEジャパンスタジオ
39. Ironclad Games
40. マーベラスエンターテイメント
41. ユークス
42. SCEロンドンスタジオ
43. ビジュアルコンセプト
44. インテリジェントシステムズ
45. ω-Force
46. モノリス・プロダクションズ
47. Funcom
48. SCEスタジオサンディエゴ
49. レア
50. トレジャー

昨年の調査結果と比較すると日本のメーカーが復活している印象です。

調査結果は180ページ以上にも渡る詳細なもので、2995ドルで直販されています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スクウェア・エニックス、家庭用RPGに特化した開発スタジオの立ち上げメンバーを募集

    スクウェア・エニックス、家庭用RPGに特化した開発スタジオの立ち上げメンバーを募集

  2. 【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

    【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

  3. スクウェア・エニックスが3Q連結決算発表―スマホ好調、『FF15』など大作も投入

    スクウェア・エニックスが3Q連結決算発表―スマホ好調、『FF15』など大作も投入

  4. セタが解散へ―『スーパーリアル麻雀』や『森田将棋』で知られる

  5. 安価で手軽なスマホVRゴーグル「400-MEDIVR1_2」発売

  6. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  7. 「これは私の人生そのもの」―元マフィアの娘が『GTA V』を提訴、4000万ドルの賠償金を求める

  8. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  9. コナミ、平成27年3月期第3四半期決算を発表 ― モバイルゲームが収益に貢献

  10. セガサミー、『PSO2』好調維持『艦これアーケード』堅調で大幅増益―3Q決算

アクセスランキングをもっと見る