人生にゲームをプラスするメディア

世界のトップデベロッパー50・・・1位は任天堂、2位ブリザード、3位ユービーアイ

ゲームビジネス その他

GDCの主催でもあるThink Media Serviceは、毎年恒例となっている「Game Developer Research」の最新調査結果をまとめました。雑誌「Game Developer Magazine」やウェブサイト「Gamasutra」などで行われたゲーム開発者を対象としたアンケートや最新の売上データ、Meracriticスコアなどを基づき150社を評価、リスト化したものです。



今回の調査でトップに立ったのは昨年に引き続き任天堂で、2位はブリザード、3位はユービーアイソフト モントリオールスタジオという結果でした。以下50位まで紹介します。

1. 任天堂
2. ブリザード
3. ユービーアイソフト モントリオール
4. ロックスターノース
5. EAカナダ
6. KONAMI
7. Valve
8. Epic Games
9. EA Tiburon
10. Treyarch
11. HAL研究所
12. カプコン
13. トラベラーズテイル
14. ベセスダ ゲーム スタジオ
15. Insomniac Games
16. バンダイナムコゲームス
17. EAレッドウッドショアーズ
18. コーエー
19. 小島プロダクション
20. ハーモニクス・ミュージック・システムズ
21. Media Molecule
22. ライオンヘッドスタジオ
23. Vicarious Visions
24. マクシス
25. ネバーソフト
26. ゲームフリーク
27. スクウェア・エニックス
28. デジタルイリュージョン
29. サクセス
30. Ready At Dawn
31. アトラス
32. クライテリオン・ゲームス
33. トーセ
34. Mythic Entertainment
35. Firaxis Games
36. Volition
37. セガ
38. SCEジャパンスタジオ
39. Ironclad Games
40. マーベラスエンターテイメント
41. ユークス
42. SCEロンドンスタジオ
43. ビジュアルコンセプト
44. インテリジェントシステムズ
45. ω-Force
46. モノリス・プロダクションズ
47. Funcom
48. SCEスタジオサンディエゴ
49. レア
50. トレジャー

昨年の調査結果と比較すると日本のメーカーが復活している印象です。

調査結果は180ページ以上にも渡る詳細なもので、2995ドルで直販されています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

    【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  2. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  3. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート  サイバー感溢れる映像が360度で展開

    「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  4. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  5. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  6. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  7. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  8. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  9. 物理ベースでの絵作りを通して見えてきたもの/アグニのデザイナーが語るリアルタイムワークフロー・・・スクウェア・エニックス・オープンカンファレンス2012

  10. 中規模開発ならではの、ユニティの意外な「落とし穴」とは?『三国志コンクエスト』ポストモータム

アクセスランキングをもっと見る