人生にゲームをプラスするメディア

世界のトップデベロッパー50・・・1位は任天堂、2位ブリザード、3位ユービーアイ

ゲームビジネス その他

GDCの主催でもあるThink Media Serviceは、毎年恒例となっている「Game Developer Research」の最新調査結果をまとめました。雑誌「Game Developer Magazine」やウェブサイト「Gamasutra」などで行われたゲーム開発者を対象としたアンケートや最新の売上データ、Meracriticスコアなどを基づき150社を評価、リスト化したものです。



今回の調査でトップに立ったのは昨年に引き続き任天堂で、2位はブリザード、3位はユービーアイソフト モントリオールスタジオという結果でした。以下50位まで紹介します。

1. 任天堂
2. ブリザード
3. ユービーアイソフト モントリオール
4. ロックスターノース
5. EAカナダ
6. KONAMI
7. Valve
8. Epic Games
9. EA Tiburon
10. Treyarch
11. HAL研究所
12. カプコン
13. トラベラーズテイル
14. ベセスダ ゲーム スタジオ
15. Insomniac Games
16. バンダイナムコゲームス
17. EAレッドウッドショアーズ
18. コーエー
19. 小島プロダクション
20. ハーモニクス・ミュージック・システムズ
21. Media Molecule
22. ライオンヘッドスタジオ
23. Vicarious Visions
24. マクシス
25. ネバーソフト
26. ゲームフリーク
27. スクウェア・エニックス
28. デジタルイリュージョン
29. サクセス
30. Ready At Dawn
31. アトラス
32. クライテリオン・ゲームス
33. トーセ
34. Mythic Entertainment
35. Firaxis Games
36. Volition
37. セガ
38. SCEジャパンスタジオ
39. Ironclad Games
40. マーベラスエンターテイメント
41. ユークス
42. SCEロンドンスタジオ
43. ビジュアルコンセプト
44. インテリジェントシステムズ
45. ω-Force
46. モノリス・プロダクションズ
47. Funcom
48. SCEスタジオサンディエゴ
49. レア
50. トレジャー

昨年の調査結果と比較すると日本のメーカーが復活している印象です。

調査結果は180ページ以上にも渡る詳細なもので、2995ドルで直販されています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  2. 元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

    元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

  3. 目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

    目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

  4. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  5. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  6. SF映画に出てきそうなハイクオリティーVRグローブ「Dexmo」デモ映像

  7. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. 【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

  10. 980円の折り畳み式スマホ用VRヘッドセットが登場…メガネOK、タッチ操作も可能

アクセスランキングをもっと見る

page top