人生にゲームをプラスするメディア

E3でクラシック・ゲーム・エキスポ開催決定

ゲームビジネス その他

インテレジビョン・プロダクションズとクラシック・ゲーム・エキスポ実行委員会は今年のE3でケンティアホールでゲームミュージアムを開催すると発表しました。2000平方フィートの会場はビデオゲームの歴史を振り返る博物館となり、懐かしのアーケードや家庭用機が多数展示されます。

会場には30機のアーケードマシンや80年代のリビングルームを飾ったアタリ2600などの名機やクラシックPCマシンのApple IIやCommodore 64、そして世界初の家庭用ビデオゲームマシンのマグナボックス・オデッセイなどが展示される予定です。

更にインテレビジョンの伝説のプログラマー・Blue Sky Rangersが初期のゲーム産業について語ります。

「インテレビジョンはHistory of Video Games museumのスポンサーとなった事にとても興奮し誇りに思います。展示に訪れればゲームがどのようにして始まったかを知るでしょう。私たちは古典的なゲームの幾つかを遊べる機会を与えることが出来る事と同時に、この熱狂的な産業がどのようにして生まれたのかを学習する機会を与えられることをとても嬉しく思っています」とインテレビジョンの社長で共同創業者のKeith Robinsonは述べました。

インテレビジョン・プロダクションズは日本でもバンダイが輸入して販売した世界初の16ビットゲーム機「インテレビジョン」を開発した会社です。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  2. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート  サイバー感溢れる映像が360度で展開

    「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  3. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

    【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  4. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  5. 安価で手軽なスマホVRゴーグル「400-MEDIVR1_2」発売

  6. 2016年アプリ収益ランキング発表―国内からバンナム/スクエニ等ランクイン

  7. 「PlayStation VR」3月末より一部店舗と通販サイトで追加販売へ

  8. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  9. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  10. 任天堂第2四半期決算 ― 国内売上は大幅増、海外で3DS販売不振と円高が響き売上減

アクセスランキングをもっと見る