人生にゲームをプラスするメディア

宮本茂氏がスミソニアン博物館でセミナーを

ゲームビジネス その他

スミソニアン博物館は市民向けプログラムとして「Games People Play」セミナーを任天堂がスポンサーになって開催すると発表しました。ワシントンDCに住んでいるゲーム好きにとっては良い話かもしれません。

このセミナーには、『Ultima Underworld』や『Thief: The Dark Project』の開発者で現在アイドスインタラクティブCTOのDoug Church氏、カードゲーム「マジック・ザ・ギャザリング」のデザイナーのDr. Richard Garfield氏、そして説明不要・任天堂の宮本茂氏が参加します。

「Games People Play」はスミソニアンのキャンパスで5月16日に開催されます。料金は40ドルだそうです。16日という事はE3の帰りに寄るって所ですか。
《土本学》

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  3. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  5. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  7. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  8. 【グリーカンファレンス2012】中国市場で「地雷」を踏まないために ― 『Hoolai三国』のトップが語る

  9. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  10. 『クラッシュ・オブ・クラン』のスーパーセル、1日の売上が5億円、ユーザーは1940万人・・・ハッキングされ暴露

アクセスランキングをもっと見る