人生にゲームをプラスするメディア

大人向けゲームは減少、誰もが遊べるゲームが広がる―米レーティング機構 1枚目の写真・画像

米国でゲームソフトなどの格付け(レーティング)を行うESRB(Entertainment Software Rating Board)は、2007年のサマリーを発表し、年間で審査をしたタイトル数が1563タイトルとなり、13年間の歴史の中で最大になったことを明らかにしました。また、その中で、それぞれの対象年齢の占める割合が公表されています。

ゲームビジネス その他
大人向けゲームは減少、誰もが遊べるゲームが広がる―米レーティング機構
大人向けゲームは減少、誰もが遊べるゲームが広がる―米レーティング機構

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【China Joy 2010】IT業界の巨人がゲームへの参入を明らかに

    【China Joy 2010】IT業界の巨人がゲームへの参入を明らかに

  2. 【GDC 2013】『Disney City Girl』のPlaydomが明かす“優れた女性向けゲームの作り方”

    【GDC 2013】『Disney City Girl』のPlaydomが明かす“優れた女性向けゲームの作り方”

  3. 「サムスの性別は決まっていなかった」「2Dメトロイドは機会があれば」任天堂坂本氏が『メトロイド』を語る

    「サムスの性別は決まっていなかった」「2Dメトロイドは機会があれば」任天堂坂本氏が『メトロイド』を語る

  4. 任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―44億円から49億5,000万円に増額

  5. 【GDC2012】ゲームは人々を笑顔にできる―『スーパーマリオ3Dランド』ディレクター林田氏が語る

  6. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  7. 当時の姿のまま中古ビル内に放棄されていた90年代ゲーセン

  8. スクエニHD、平成26年3月期第2四半期(累計)連結業績予想数値を上方修正 ― ディストリビューション販売や『新生FFXIV』が好調

  9. 任天堂、ロシアに現地法人を設立・・・市場は成長中

  10. ゲーム向けツール&ミドルウェアの総合カンファレンス「GTMF2013」終了後、GTMF懇親会開催

アクセスランキングをもっと見る