人生にゲームをプラスするメディア

銚子電鉄に、ハドソンが幸せを呼ぶしあわせ三像を寄贈 7枚目の写真・画像

ハドソンは『桃太郎電鉄』シリーズで、経営難に苦しむ銚子電鉄とタイアップし、4月26日から3年間の予定で「桃鉄」のラッピング電車を運行させていますが、それに続いて、支援活動の第2弾として沿線の3駅に「貧乏神」をモチーフにした石像3体(しあわせ三像)を設置、シリーズのゲーム監督のさくまあきら氏、キャラクターデザインの土居孝幸氏らを招いて除幕式が行われました。

ゲームビジネス その他
銚子電鉄に、ハドソンが幸せを呼ぶしあわせ三像を寄贈
銚子電鉄に、ハドソンが幸せを呼ぶしあわせ三像を寄贈

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

    YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  2. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

    【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  3. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

    【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

  4. インターネットから自由が消える……法学者 白田秀彰氏インタビュー

  5. ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

  6. グリー、中国拠点の撤退を決定

  7. ディンゴの従業員は全員解雇、未払賃金立替払を申請中

  8. 『ガルパ』開発・運営の「Craft Egg」がヒューマンアカデミー秋葉原校に! 企画やシナリオ、キャラデザなどの制作秘話を披露

  9. 【CEDEC 2014】『新生FF XIV』の環境音はこうして作られた! 社内開発環境と共にテクニックが惜しみなく披露

  10. ゲーム1本の開発期間は平均16ヶ月、開発者の38%が据置機に携わりたいと思っている…CEDECのゲーム開発者調査が公開

アクセスランキングをもっと見る