人生にゲームをプラスするメディア

年末年始はコレを遊べ! 2021年おすすめアクションゲーム3選

脳汁ほとばしるアクションで、年末年始を熱く燃やそう

任天堂 Nintendo Switch
年末年始はコレを遊べ! 2021年おすすめアクションゲーム3選
  • 年末年始はコレを遊べ! 2021年おすすめアクションゲーム3選
  • 年末年始はコレを遊べ! 2021年おすすめアクションゲーム3選
  • 年末年始はコレを遊べ! 2021年おすすめアクションゲーム3選
  • 年末年始はコレを遊べ! 2021年おすすめアクションゲーム3選

GOTYも発表され、12月末は新作も発売されない時期になり、いよいよ2021年も終わりが近づいてきました。今年の年末年始はなにを遊ぼうかと考えている方も多いのでは?そこで今回は、2021年に発売されたアクションゲームから筆者が厳選した3本をご紹介します。ド派手でスタイリッシュなアクションで、年末年始を燃やし尽くしましょう。

『モンスターハンターライズ』ーシリーズの常識を打ち破る!進化したアクション!

対応機種:ニンテンドースイッチ

アクションハンティングゲームの金字塔『モンスターハンター』シリーズ最新作がニンテンドースイッチに登場!ニンテンドースイッチとは思えないほど美麗なグラフィックは必見です。ハンターや村の人々に日本語ボイスが実装されるといった、シリーズ初の試みや、モンスターが次々と襲来する「百竜夜行」は、これまでと違った形式のクエストなど、シリーズの常識を打ち破る仕掛けが特徴的です。

また、ハンターの身体を空中へ誘う翔蟲を用いることで、より立体的なアクションが楽しめるようになりました。モンスターを実際に操る「操竜」など、アクションゲームとしても大幅進化。オトモガルクに乗ってフィールドを駆け回る爽快感など、多数の新要素が追加され、遊びやすさもパワーアップ。シリーズ経験者プレイヤー感涙の、バサルモスやフルフル、オオナズチの復活などが大きな話題となりました。『ヌシ・アオアシラ』を始めとした、既存モンスターの強力個体など、バリエーション豊かな強敵が登場します。多数のダウンロードコンテンツや、イベントクエストの追加、さらに『大神』や『ストリートファイター』、『ソニック』などのコラボアイテムも配信されています。

そして2022年夏には、超大型拡張コンテンツ『モンスターハンターライズ:サンブレイク』の発売も決定!『サンブレイク』に向けて、年末年始に一狩り行こうぜ!



『Returnal』ーループする謎と、加速するアクション

対応機種:PS5

昨今の半導体不足により、発売から一年経過した今なお、PS5・Xbox Series X|Sは入手が難しい状況が続いています。その影響か、想像よりも次世代機の存在感が発揮されなかった年でもありました。そんな中でも、『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』や『Returnal』のような、ハードスペックを上手く活用したタイトルや、『Forza Horizon5』や『Halo Infinite』のような強力な独占タイトルが際立ちます。

ご紹介する『Returnal』は、『RESOGUN』などのアーケードスタイルのタイトルを開発してきた「Housemarque」による、PS5専用タイトルです。ジャンルは「ローグライクTPS」。TPSではありますが、近接攻撃や高低差を活かした立ち回りなど、アクション性はかなり高め。制御を失った宇宙船が不時着した謎の惑星「アトロポス」に放り出された女性宇宙飛行士「セレーネ」は、死を繰り替えしながら、アトロポスの謎と、自身の過去に渦巻く謎を解くアドベンチャーへ繰り出します。

なんといっても、ローグライクとTPSの融合により、ゲームごとに全く異なる感覚が味わえるのが特徴的。武器のレベルや拾得する銃がランダムなのはもちろん、体力低下や、リロードごとにダメージを受けるといったマイナス要素を持ったアイテムも存在します。その場での取捨選択がギャンブル的でありながら、ゲームにアクセントを加えます。そして、順調にゲームを進めることができれば、セレーネは大幅にパワーアップし、全く別のゲームのようなアクションゲームへ変貌します。そして、DualSenseの触覚フィードバックを活用した、R2ボタンの押し込み具合によって銃のモードを切り替えて射撃できるシステムは必見です。

発売後のアップデートで途中セーブやフォトモードにも対応。PS5を運良く手に入れられた方は、PS5らしい新感覚TPSを味わってみては?



『アウトライダーズ』ー今こそ見直したい、クラシックなハクスラアクション

対応機種:PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One/PC

リリース直後の不具合によってゲーム全体の評価を著しく低下させてしまう例が、今年は多く見られた印象を受けました。残念ながら『アウトライダーズ』もそのひとつと言えるでしょう。とりわけサーバーへの接続問題は尾を引きました。しかし今では、当然接続は良好で、かつ大型アップデートでエンドコンテンツを遊びやすくなりました。

『アウトライダーズ』は、最大3人のCo-opシューティングアクション。本作は、異常気象によって地球に住むことが難しくなった近未来、新たな新天地を目指した人類が降り立ったのは惑星「イノク」。新たな楽園になるかと思いきや、謎の嵐「アノマリー」によって人々は死んでいきます。そこでコールドスリープから目覚めた主人公が、あるはずのない地点からの無線の謎を解く旅に出る......。お察しの通り、コーラとポップコーンがよく似合う、B級を寄せ集めたような物語です。

そんな物語を彩るのは、アクションと、ガンシューティング。クラスは、超速近接攻撃に特化した「トリックスター」や、炎を繰り出し敵を燃やし尽くす「パイロマンサー」、岩を纏い仲間を守り、敵を圧倒する「デバステーター」、そしてタレットやグレネードでテクニカルに敵を葬る「テクノマンサー」の4つから選ぶことができます。どれも個性豊かで、スキルアクションの組み合わせで思わぬ相乗効果が生まれることも。

そして、ハクスラ要素を持った本作は、銃や防具に「モジュール」と呼ばれるスキルを付与することが可能。その中には、銃弾に属性を付与して強化するものや、ランダムに稲妻を落として広範囲にダメージを与えるとんでもないものまで多種多様。どんなモジュールを手に入れたかワクワクしつつ、ゲームを進めることができます。

物語を終えたあとは、「遠征」と呼ばれるエンドコンテンツに挑戦、高難度でレアアイテムを狙いながら敵をひたすら蹂躙していく爽快感は圧倒的です。PvEながらついつい起動してしまう魅力を持っている作品です。



※購入先へのリンクにはアフィリエイトタグが含まれており、購入先での販売や会員の成約などからの収益化を行う場合があります。
《Okano》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 見えない部分まで、驚愕の作り込み!『スマブラSP』桜井氏の“秘蔵画像”投稿に「凄すぎる」とファン感嘆

    見えない部分まで、驚愕の作り込み!『スマブラSP』桜井氏の“秘蔵画像”投稿に「凄すぎる」とファン感嘆

  2. 『モンハンライズ』追加装備「蒼世シリーズ」登場!新太刀・弓もある“USJコラボ”が1月21日配信

    『モンハンライズ』追加装備「蒼世シリーズ」登場!新太刀・弓もある“USJコラボ”が1月21日配信

  3. 今冬予定だった『遊戯王 マスターデュエル』突如配信!ただし、サービス開始に向けてメンテナンス中

    今冬予定だった『遊戯王 マスターデュエル』突如配信!ただし、サービス開始に向けてメンテナンス中

  4. あのトレーナーにチート疑惑? 『ポケモン』不正を疑われたポケモントレーナー3選

  5. 『遊戯王 マスターデュエル』正式サービス開始!メンテが終わり、ついにプレイ可能へ

  6. 誰もが一度は夢見た!? 「ペットにしてみたいポケモン」を大募集!【アンケート】

  7. 『ポケモン』色違いの「ガラル三鳥」が貰える!『ソード・シールド』インターネット大会参加賞として配信決定

  8. 「仕事しながらのポケモンは失礼」ー広瀬アリスさんが『ポケモンレジェンズ アルセウス』新CMで、好きだからこその思いを語る

  9. 2022年発売の『スプラトゥーン3』が楽しみすぎる!現時点で判明している新武器や変更点まとめ

  10. 『ポケモンレジェンズ アルセウス』ヒスイ地方を一足先に冒険!ポケモンライドも体験できる「360度動画」公開

アクセスランキングをもっと見る