人生にゲームをプラスするメディア

プログラミングに自信のある小学生「でてこいや!」―夏休み課題にぴったりな「プログラミングスタジアム」開催決定!

本サイトを運営するイードは、JTBグループで様々なコミュニケーションサービスを提供するJTBコミュニケーションデザイン、数々のe-Sports大会の企画・運営に携わるJCGと共同で、小学生向けイベント「プログラミングスタジアム」(以下、「プロスタ」)を開催します。

ゲームビジネス その他
プログラミングに自信のある小学生「でてこいや!」―夏休み課題にぴったりな「プログラミングスタジアム」開催決定!
  • プログラミングに自信のある小学生「でてこいや!」―夏休み課題にぴったりな「プログラミングスタジアム」開催決定!
  • プログラミングに自信のある小学生「でてこいや!」―夏休み課題にぴったりな「プログラミングスタジアム」開催決定!
  • プログラミングに自信のある小学生「でてこいや!」―夏休み課題にぴったりな「プログラミングスタジアム」開催決定!
  • プログラミングに自信のある小学生「でてこいや!」―夏休み課題にぴったりな「プログラミングスタジアム」開催決定!
  • プログラミングに自信のある小学生「でてこいや!」―夏休み課題にぴったりな「プログラミングスタジアム」開催決定!
  • プログラミングに自信のある小学生「でてこいや!」―夏休み課題にぴったりな「プログラミングスタジアム」開催決定!
  • プログラミングに自信のある小学生「でてこいや!」―夏休み課題にぴったりな「プログラミングスタジアム」開催決定!
  • プログラミングに自信のある小学生「でてこいや!」―夏休み課題にぴったりな「プログラミングスタジアム」開催決定!

本サイトを運営するイードは、JTBグループで様々なコミュニケーションサービスを提供するJTBコミュニケーションデザイン、数々のe-Sports大会の企画・運営に携わるJCGと共同で、小学生向けイベント「プログラミングスタジアム」(以下、「プロスタ」)を開催します。

近年、教育領域では「プログラミング」が高い注目を集めていますが、本イベントは小学生にとって身近で馴染みやすい「ゲーム」に着目。"自分がプログラミングしたゲームを他の誰かに遊んでもらい、第三者に評価してもらう機会”を創出します。


第1回「プロスタ」では、ニンテンドースイッチ向けソフト『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』、またはPC向けビジュアルプログラミングツール『Scratch』で作ったオリジナルゲームを大募集。未来はゲームクリエイター、プログラマーになっているかも……?そんな小学生の皆さんからのご応募をお待ちしています!

イベント概要


◆イベント名
第1回「プログラミングスタジアム」

◆イベント内容
参加は小学生限定で、後述のテーマに沿ったプログラム作品を募集。プレゼンテーションと応募作品はゲームメディアの編集者、STEM教育に取り組む小学校の先生、e-Sports領域のクリエイターなどが、それぞれの視点で評価・採点します。

◆テーマ
小学生の柔軟な発想で、自分の住んでいる日本の魅力を形にしてみよう。
(1)以下のキーワードから一つまたは複数を選び、『はじプロ』または『Scratch』を使用した、オリジナルのプログラミング作品を制作してください。
≪キーワード≫「日本」「旅行」「観光」
(例:ずんだ餅を使ったホッケ―ゲーム、東京タワーのぼりゲーム)

(2)併せて、プレゼンテーション用のテキスト/スライド資料もご準備ください。
・作品名
・どのような体験からこの作品が生まれたか?
・作品を見た人にどのようなことを感じてほしいか
・こだわったところ
※入力フォーマットは、エントリーページされた方に事務局より送られます。

◆エントリー期間
8月26日(木)~ 9月15日(水)17時00分

◆対象者
小学生(学年問わず、応募時点で全国いずれかの小学校に在籍されている方)

◆評価基準
4人の審査員が、下記要素を考慮しながら応募作品を評価します。
・着眼点、発想力:アイデアや新しい魅力に注目できているか?
・技術点:ソフトの特性を理解して完成度の高い作品ができているか?
・客観性 : 見る人を意識した面白い、楽しい、ためになる作品か?
・プレゼン:実感のこもった熱のあるプレゼンや回答ができているか?

【審査員】
株式会社イード
メディア事業本部 ゲーム事業部 矢尾 新之介

東京学芸大こども未来研究所学術フェロー
東京学芸大学附属竹早小学校 教諭
佐藤 正範

株式会社JCG
代表取締役CEO
松本 順一

株式会社JTBコミュニケーション
デザイン事業共創部 コンテンツ事業局 ゲーミングクリエイション
真野 宗大


◆入賞項目
・第1回プロスタ大賞:総合的に評価の高い作品
・eトラベル賞:新時代のトラベル体験を感じた作品
・ベストプレゼンテーション賞:制作者の思いや着眼点が魅力的な作品
・テクニカルギーク賞:プログラミング技術の高い作品
・eスポーツ賞:競技性の高い作品
・ユーモアプログラム賞:とにかくユーモアにあふれた作品
※入賞者には入賞記念品をお送りします。

◆入賞賞品※画像はイメージです。実際の賞品とは異なる場合があります。
トロフィー


◆エントリー方法
エントリーフォームはこちら:https://esportsport.jp/event/1138/691146b5f4
※実施概要、出演者は変更になる場合があります。上記エントリーのページ、公式ツイッターをご覧ください。


◆豪華ゲストによる『はじプロ』特別番組も公開中!

またイベント開催を記念して、今回の課題ソフトの一つとなっている『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』を採用した特別番組も公開中!

忍ism Gaming所属の現役中学生プロゲーマー「ほのか」さんが、本作に詳しいクリエイターのTACTYさんの手ほどきのもと、人生初のゲームプログラミングにチャレンジしています。

なお、本動画は全部で4パートに分けて配信予定。後半ではモデル/お天気キャスターとして活躍されている貴島明日香さんも出演予定ですので、続編の公開も楽しみにお待ちください。

esports port:https://esportsport.jp/
esports port公式Twitter:https://twitter.com/espp_official
esports port公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/c/esportsportch


また、上記ゲストのサインが当たるTwitterキャンペーンも実施中!詳細については下記URLをご覧ください。

・キャンペーン その1
ほのか選手のサインがあたるキャンペーン(~8月31日):https://twitter.com/espp_official/status/1429250547777884164?s=20

・キャンペーン その2
貴島明日香さんのサインがあたるキャンペーン(公開時に開始)

ゲストプロフィール

貴島明日香

兵庫県出身。『non-no』専属モデルを務め、 日本テレビ系の朝の情報番組『ZIP!』にお天気キャスターとしてレギュラー出演中。GIRLS AWARD、神戸コレクションなどショーにも出演、CM・広告、女優業などで活躍している。最近ではYouTubeチャンネル「あすかさんち」やOPENREC.tvにて「貴島明日香のげーむちゃんねる」を開設し活動の幅を広げている。

あすかさんち。:https://www.youtube.com/channel/UCF1__pdREwcJgYLZcrRn_7A

ほのか

2018年7月より忍ismGamingへ加入。ストリーマーとしてスプラトゥーン2の配信を中心に活動している、現在中学2年生のYouTuber。スプラトゥーンの公式大会「スプラ甲子園 2020」の地区大会で準優勝を果たすなど、大人顔負けのウデマエを持つ。

日本テレビ「マツコ会議」や、フジテレビ「いいすぽ」に出演。ゲームメディア「インサイド」のインタビュー記事が公開された際には、タイトルにも入っていた「小学5年生女子」が Twitterでトレンド入りした。

ほのかのゲーム部屋:https://www.youtube.com/channel/UClMwazSiGxBVoPEOxjxytsA


第1回「プログラミングスタジアム」エントリーフォームはこちら
《INSIDE》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. プログラミングに自信のある小学生「でてこいや!」―夏休み課題にぴったりな「プログラミングスタジアム」開催決定!

    プログラミングに自信のある小学生「でてこいや!」―夏休み課題にぴったりな「プログラミングスタジアム」開催決定!

  2. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

    「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  3. 『勇者のくせになまいきだ。』や『Bloodborne』に携わった山本正美氏、SIE JAPANスタジオ退社を報告

    『勇者のくせになまいきだ。』や『Bloodborne』に携わった山本正美氏、SIE JAPANスタジオ退社を報告

  4. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  5. ゼロ遅延技術「SonicSYNC」は従来スマホ音ゲーの"間違い"を正せるか―『ディズニー ミュージックパレード』メディア向け発表会をレポート

  6. 任天堂、ロゴを変更?

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. USJのVRジェットコースター「XRライド」がヤバ過ぎる…レールのない空間を走り、前振りなく急落下する

  9. 壺男こと『Getting Over It』非公式VRリメイクが開発中―見慣れた“あの動き”が一人称視点に

  10. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

アクセスランキングをもっと見る