人生にゲームをプラスするメディア

熊本産馬の星「ヨカヨカ」担当者も『ウマ娘』をプレイ中!惜しくも敗れた葵ステークス戦を「ウマ娘では5回も勝ったんやけどなぁ~」と振り返り

熊本県産馬として大活躍を見せる「ヨカヨカ」。先日の重賞レース「葵ステークス」について、担当者による『ウマ娘』に関するコメントが話題を呼んでいます。

モバイル・スマートフォン iPhone
熊本産馬の星「ヨカヨカ」担当者も『ウマ娘』をプレイ中!惜しくも敗れた葵ステークス戦を「ウマ娘では5回も勝ったんやけどなぁ~」と振り返り
  • 熊本産馬の星「ヨカヨカ」担当者も『ウマ娘』をプレイ中!惜しくも敗れた葵ステークス戦を「ウマ娘では5回も勝ったんやけどなぁ~」と振り返り
  • 熊本産馬の星「ヨカヨカ」担当者も『ウマ娘』をプレイ中!惜しくも敗れた葵ステークス戦を「ウマ娘では5回も勝ったんやけどなぁ~」と振り返り

5月29日に開催された競馬・3歳スプリント重賞の「葵ステークス(以下、葵S)」。ここで3番人気として出走し、惜しくもハナ差の2着に敗れた競走馬「ヨカヨカ」について、担当者の『ウマ娘 プリティーダービー』に関するコメントが話題を呼んでいます。

「ヨカヨカ」は、熊本県産馬(いわゆる九州産馬)として異例の記録を生み出している競走馬です。競走馬のほとんどが北海道産馬であり、九州産馬では相手にならないほど実力差があると言われる中で、「ルクシオン」と共に熊本県産馬初のJRA・GIレース出走を達成。勝利こそ掴めなかったものの、一線級で戦える力を示し、競馬ファンたちの注目を集めています。

そんな「ヨカヨカ」の担当者に葵S終了後、たびたび『ウマ娘』を取り上げ読者を賑わせる「東スポ競馬」がインタビュー。担当者から「ウマ娘では5回も葵S勝ったんやけどなぁ~」というコメントが飛び出しました。

昨今、競馬界の盛り上げに一役買っている『ウマ娘』を、まさか「ヨカヨカ」の担当者もプレイ中という驚き。そして、“現実の葵S”に向け“ゲーム内でも葵S”に挑むというプレイングが、ユーザーたちの注目を集めたのです。

このコメントにTwitter上では、「関係者もウマ娘やられるんだ……w」や「5回も葵ステークス勝って願掛けしてる担当さんまじ尊い」「ヨカヨカの担当さんはバクシン教かw」などの反応が。一緒に掲載された「ヨカヨカ」の写真にも、「かわいい!」や「元気な顔が見れて良かった」などの声が届いています。

ちなみに、「ヨカヨカ」は一部ファンからウマ娘化も望まれています。熊本県産馬ということで、熊本弁や九州弁キャラクターが妄想されている模様。これからの活躍に期待です。


《茶っプリン》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『FGO』「虚数魔術」の入手がほぼ不可能に!? 新概念礼装の登場に合わせ、4種類の既存礼装が入れ替わり

    『FGO』「虚数魔術」の入手がほぼ不可能に!? 新概念礼装の登場に合わせ、4種類の既存礼装が入れ替わり

  2. 『ウマ娘』サクラバクシンオー役・三澤紗千香さんの「いかにもバクシンらしいツイート」が話題沸騰!本当にバクシンボイスが聞こえてくる…

    『ウマ娘』サクラバクシンオー役・三澤紗千香さんの「いかにもバクシンらしいツイート」が話題沸騰!本当にバクシンボイスが聞こえてくる…

  3. 『ウマ娘』“福引チャンス”や“安心沢刺々美”の期待値は…?気になるイベントを「育成イベントギャラリー」で検証してみた【特集】

    『ウマ娘』“福引チャンス”や“安心沢刺々美”の期待値は…?気になるイベントを「育成イベントギャラリー」で検証してみた【特集】

  4. 『FGO』新サーヴァント「★5 モルガン」と「★4 妖精騎士ガウェイン/トリスタン」公開!新ガチャ「アヴァロン・ル・フェPU」でさっそく実装

  5. 久住先生描き下ろし「オグリキャップ」が祝福!漫画「シンデレラグレイ」累計発行部数100万部突破を記念し、『ウマ娘』にてプレゼントが配布

  6. 『FGO』キャスニキにモーション改修&新規ボイス追加!いよいよ“杖を槍として”扱いだしたぞ…

  7. 『ウマ娘』ジェミニ杯開催は6月14日!タウラス杯からの変更点もあり―決勝ラウンド進出条件が緩和

  8. しらび氏が『ウマ娘』アグネスタキオンのイラストを投稿!「りゅうおうのおしごと!」などで知られる著名イラストレーター

  9. 『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

  10. 『FGO』6周年イベント「FGOフェス2021」開催決定!今年は“6日間”にわたり、コンテンツをオンラインで配信

アクセスランキングをもっと見る