人生にゲームをプラスするメディア

プロe-Sportsチーム“REJECT(リジェクト)”が共同開発した最新スマホ「arrows NX9 F-52A」製品発表会&「矢祭YASAI」シーズン2前夜祭レポート

プロゲーマーが共同開発した、最新スマホの実力とは!?

モバイル・スマートフォン 全般
プロe-Sportsチーム“REJECT(リジェクト)”が共同開発した最新スマホ「arrows NX9 F-52A」製品発表会&「矢祭YASAI」シーズン2前夜祭レポート
  • プロe-Sportsチーム“REJECT(リジェクト)”が共同開発した最新スマホ「arrows NX9 F-52A」製品発表会&「矢祭YASAI」シーズン2前夜祭レポート
  • プロe-Sportsチーム“REJECT(リジェクト)”が共同開発した最新スマホ「arrows NX9 F-52A」製品発表会&「矢祭YASAI」シーズン2前夜祭レポート
  • プロe-Sportsチーム“REJECT(リジェクト)”が共同開発した最新スマホ「arrows NX9 F-52A」製品発表会&「矢祭YASAI」シーズン2前夜祭レポート
  • プロe-Sportsチーム“REJECT(リジェクト)”が共同開発した最新スマホ「arrows NX9 F-52A」製品発表会&「矢祭YASAI」シーズン2前夜祭レポート
  • プロe-Sportsチーム“REJECT(リジェクト)”が共同開発した最新スマホ「arrows NX9 F-52A」製品発表会&「矢祭YASAI」シーズン2前夜祭レポート
  • プロe-Sportsチーム“REJECT(リジェクト)”が共同開発した最新スマホ「arrows NX9 F-52A」製品発表会&「矢祭YASAI」シーズン2前夜祭レポート
  • プロe-Sportsチーム“REJECT(リジェクト)”が共同開発した最新スマホ「arrows NX9 F-52A」製品発表会&「矢祭YASAI」シーズン2前夜祭レポート
  • プロe-Sportsチーム“REJECT(リジェクト)”が共同開発した最新スマホ「arrows NX9 F-52A」製品発表会&「矢祭YASAI」シーズン2前夜祭レポート
2020年12月18日(金)よりNTTドコモ取り扱い店で販売開始となる、富士通コネクテッドテクノロジーズ(FCNT)によるスマ ートフォン「arrows NX9 F-52A (アローズ エヌエックスナイン エフゴーニーエー)」。

本機種はarrows5G対応の第二弾となっており、プロe-Sportsチーム“REJECT(リジェクト)”が共同開発として協力。ゲームファンが欲しい機能を多数実現させており、ゲームプレイや実況、Live配信などをお手軽かつ快適に楽しむことができる、非常に魅力的な機種となっています。

今回はこの製品の発表会の模様を、レポートします。



▲REJECT(リジェクト)

ゲームプレイに最適化されたスマートフォンの実力とは!?


まずは富士通コネクテッドテクノロジーズ代表取締役社長・髙田克美氏が、同社が目指す5G時代の事業戦略を語りました。今年の夏ごろ発売された「arrows5G」ではクアルコム社と共同で、ミリ波対応のリファランスデザインを開発。その後ドコモの協力で、11月より5Gのサービスを既に開始していることなどを説明します。

続いて執行役員の櫛笥直英氏によるarrows NX9商品紹介へ。FCNTの5Gスマホは“5Gの頂点を極める”ことを目指しており、最高の技術、最高の体験、arrowsのDNAが込められているそうです。


arrows NX9の企画のポイントは、大画面と持ちやすさを両立したデザイン、効率の良いチップセットSnaodragon765Gを搭載した性能、スタンダードなカテゴリを実現しつつできるだけ価格を抑えたコストパフォーマンスの3つ。

何よりも拘られているのが“持ちやすさ”だそうで、日本人の手にフィットする横幅72mmを実現。また昨今の情勢を鑑みてか、ハンドソープで本体を洗ったり、アルコール除菌液を用いて消毒したりすることも可能なようです。


続いてゲーム、セーフティ、スマートファスト、フォトの4つのスタイルからarrows NX9の魅力を、それぞれの企画担当の方が紹介していくことに。ゲームからは森田博典氏が登場し、arrowsがゲームを推す理由を掘り下げていきました。


e-Sportsやゲーム実況はこれからPCでもモバイルゲームでも活性化していくと予想されているそうですが、価格が高価になりがちなハイエンド機種でないとできないと考えられがち。しかしarrows NX9はミドルハイという新たな選択肢をユーザーに提示しており、どんなゲームでも快適にプレイすることが可能だそうです。

加えてREJECTやゲーム実況者のすりーぴんさんから意見を受けて導入された、“ゲームゾーン”という機能も魅力。



ゲームプレイや実況、Live 配信などを快適に楽しめるのはもちろん、ゲームアプリを使用頻度順に自動ソートしたり、着信や通知の抑止などゲームパフォーマンスを優先したカスタマイズ設定、録画した動画やスクリーンショットがタイトルごとに自動保存される機能などがあるのだとか。

REJECTの甲山翔也代表のインタビュー映像では、「本当にプロゲーマー目線で開発してくれた」というコメントも取り上げられており、arrows NX9はそうしたアップデートを重ねて完成したとのこと。

FCNTのオフィスで選手たちが合宿したこともあったそうで、その経験から世界大会で8位という成績を獲得。この記録はこれまでのモバイルe-Sportsでは一番いい成績であり、「これからもFCNTとパートナーとして協力し、世界一の端末を作っていけたら」とも語っていました。


この他には『とある魔術の禁書目録 幻想収束(イマジナリーフェスト)』とのタイアップや、「presented by arrows 矢祭YASAI」「Q1 九州スーパートーナメント」などeスポーツへの取り組みを紹介。今後も5Gやe-Sportsゲームの普及に全力で取り組むと述べ、次のスタイルの紹介へ移っていきました。



セーフティでは高岡峻一氏が、“洗える”と“堅牢性”という大きく進化した2つのポイントを紹介。表面処理を工夫したことでアルコールなどによる除菌に耐えられるようになっており、これを実証するため独自に考案した耐久試験を実施しているのだとか。


加えて3Dガラスを導入したものの頑丈さに不安があったarrows5Gから進化しており、正面ガラスの衝撃耐力や筐体の衝撃吸収力をアップさせるなどの改善が施されているそうです。


続いてスマートファストでは、藤野漠氏からファストメモの機能が紹介されました。こちらは瞬時にメモの入力画面を表示できるようになっているほか、ロックを解除することなくロック画面からメモに移れるとのこと。

ファストショッピングの機能では、ニュースサイトやSNS上の商品情報の文字をなぞるだけでストア内を検索でき、OCR技術を用いることで長押しでコピーできない文字も認識できるそうです。またAR越しに実際の製品の大きさを見ることができる機能なども。




最後のフォトでは外谷一磨氏が登場し、arrows NX9のカメラ機能をピックアップ。広角カメラをメインに、超広角カメラ、深度カメラを組み合わせたトリプルカメラが搭載されており、8段階の美肌補正機能のほか、AIがシーンや被写体を自動で認識し色調やピントを合わせる機能などを紹介しました。



またAdobeとタイアップした撮影と編集を同時に行うAdobe Photoshop Expressモードがあるほか、ユーザーからの声を受けて暗所でのノイズの低減や逆光での撮影でも綺麗に写真が撮れるようになっているのだとか。加えてAdobe Photoshop Cameraにも対応しています。


その後は質疑応答に。ドコモ以外のキャリアやSIMフリーでの展開予定などが問われ、「幅広いユーザーに使用して貰いたい」という理由で、マルチキャリア展開は今後継続拡大していくとの回答がありました。

SaRa選手がプロの実力を見せつけ優勝を勝ち取る


第2部では今立進さん、石田晴香さん、シンイチロォさん、REJECTのSaRa選手が登場し、シーズン2の前夜祭となる「presented by arrows 矢祭YASAI」のスペシャルイベントが実施。


オープニングトークではSaRa選手が先ほど紹介されたarrows NX9の開発にも意見を出していたことに触れ、「自分たちの意見が反映されてarrows NX9がさらに良くなっていくことに感動を覚えた」と語りました。


その後、SaRa選手&REJECTの一部メンバー、今立さんを交えた『PUBG MOBILE』による交流会的を行うことに。総勢60名が参加したのですが、SaRa選手には10キル取ってドン勝つしないと優勝にならないという厳しいハンデが科せられました。



しかしこれを物ともしない活躍を見せており、きっちり優勝してみせたのは流石プロといったところでしょうか。一緒に参加していた今立さんは、運を味方につけたのか最終盤まで戦闘を回避し、6位で終了という結果でした。



以上、arrows NX9の製品発表会と「presented by arrows 矢祭YASAI」シーズン2前夜祭の模様をお届けしました。ゲームを遊ぶ上で必要な機能が揃っているarrows NX9に、シーズン1から更にパワーアップするであろう矢祭YASAI。どちらも見逃せないことと思いますので、興味を持った方はぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。
《井の上心臓》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『オクトパストラベラー大陸の覇者』新トラベラー「ドロテア」が1月23日のアップデートに登場!初の期間限定キャラとしての実力はいかに

    『オクトパストラベラー大陸の覇者』新トラベラー「ドロテア」が1月23日のアップデートに登場!初の期間限定キャラとしての実力はいかに

  2. 『FGO』そもそも「ミニサーヴァント」って何者? 過去イベを振り返り、その生まれに迫る!

    『FGO』そもそも「ミニサーヴァント」って何者? 過去イベを振り返り、その生まれに迫る!

  3. 落ち着いたら『FGO』の聖地を巡ろう! 5周年企画「under the same sky」の各地域まとめ―特徴やサーヴァントとの繋がり、小ネタ等を紹介【西日本編】

    落ち着いたら『FGO』の聖地を巡ろう! 5周年企画「under the same sky」の各地域まとめ―特徴やサーヴァントとの繋がり、小ネタ等を紹介【西日本編】

  4. 落ち着いたら『FGO』の聖地を巡ろう! 5周年企画「under the same sky」の各地域まとめ―特徴やサーヴァントとの繋がり、小ネタ等を紹介【東日本編】

  5. 次世代リアルカードバトル 『魔法図書館キュラレ』プレイレポ!骨太なストーリーと軽快なゲームテンポが魅力

  6. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  7. 鉱石病?感染者?主人公たちは誰と戦っているの?『アークナイツ』の奥深くも複雑な世界設定をわかりやすく整理してみよう

  8. 『アークナイツ』の難易度に適応できるかは2章が分岐点?攻略に欠かせない推しオペレーターはペンギン急便のあの子【読者アンケート】

  9. 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】

  10. 『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

アクセスランキングをもっと見る