人生にゲームをプラスするメディア

『ゼルダ無双 厄災の黙示録』に期待するのは「BotWに繋がるバッドエンド」や「本編とは異なる結末」! 使用したいキャラ人気など、読者アンケートの結果をお届け

ユーザーの期待に、『ゼルダ無双 厄災の黙示録』は応えてくれるのでしょうか。

その他 特集
『ゼルダ無双 厄災の黙示録』に期待するのは「BotWに繋がるバッドエンド」や「本編とは異なる結末」! 使用したいキャラ人気など、読者アンケートの結果をお届け
  • 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』に期待するのは「BotWに繋がるバッドエンド」や「本編とは異なる結末」! 使用したいキャラ人気など、読者アンケートの結果をお届け
  • 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』に期待するのは「BotWに繋がるバッドエンド」や「本編とは異なる結末」! 使用したいキャラ人気など、読者アンケートの結果をお届け
  • 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』に期待するのは「BotWに繋がるバッドエンド」や「本編とは異なる結末」! 使用したいキャラ人気など、読者アンケートの結果をお届け
  • 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』に期待するのは「BotWに繋がるバッドエンド」や「本編とは異なる結末」! 使用したいキャラ人気など、読者アンケートの結果をお届け
  • 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』に期待するのは「BotWに繋がるバッドエンド」や「本編とは異なる結末」! 使用したいキャラ人気など、読者アンケートの結果をお届け
  • 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』に期待するのは「BotWに繋がるバッドエンド」や「本編とは異なる結末」! 使用したいキャラ人気など、読者アンケートの結果をお届け
  • 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』に期待するのは「BotWに繋がるバッドエンド」や「本編とは異なる結末」! 使用したいキャラ人気など、読者アンケートの結果をお届け
  • 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』に期待するのは「BotWに繋がるバッドエンド」や「本編とは異なる結末」! 使用したいキャラ人気など、読者アンケートの結果をお届け

この11月は注目度の高いタイトルが多数登場しましたが、その中でも確かな人気を集めているのが、念願の発売を迎えた『ゼルダ無双 厄災の黙示録』です。

本作は、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(以下、BotW)で起きた「100年前の大災厄」に迫る物語を、『無双』シリーズの一騎当千バトルで表現したアクションRPGです。

本作は、発売に先駆けて体験版が配信されました。その体験版のプレイを通して、製品版に対して期待する点や、使ってみたいキャラクターについての傾向を調査するべく、インサイドにてアンケートを実施。今回は、その結果をお届けしたいと思います。

体験版をプレイした方々は、製品版にどのような期待を寄せているのか。そして、この願いは叶えられるのか。その結果は、発売を迎えた11月20日以降から明らかとなることでしょう。既に『ゼルダ無双 厄災の黙示録』をプレイしている方は、ユーザーの期待と製品版を照らし合わせてみてはいかがでしょうか。

体験版プレイヤーが、製品版に期待しているポイントは?


■ストーリーについて

製品版に期待する点として最も多かったのは、ストーリーに関するものでした。「100年前のストーリーを濃密に描いてほしい」「一番期待しているのはストーリーですね。大厄災の絶望感をどのように描いてくれるのか、ブレワイの物語へとどう繋がるのか等々、とても気になる事が多くて今から楽しみです」など、物語に注目している声が多数寄せられています。

なお、ストーリーへの期待と一口に言っても、その方向性は様々。まずは、「ブレワイにつながる、またはつながらずにif路線になるストーリー」「物語がifなのか、本当に過去なのか。あの白いガーディアンの存在からifかなと思われますが、実際にプレイして、一つの作品として満足できるものだと信じています」など、『BotW』と直接繋がるのか、それともifという位置づけになるのか、その点に注目する方も。


また、結末に関する期待も大きく分かれており、「物語的にバッドエンドなので、どう見せていくのか」「バッドエンドになるシナリオに対してどんな過程があるのか」と、当時の悲劇をいかに描くのかが気になるユーザーも少なくありません。

一方で、「本編であるBotWとは異なる結末になることを期待」「主要キャラ全員生存の大団円Ifが欲しいです」「ifのストーリーならば、厄災を防ぐことが出来たストーリーを用意してくれていると思っているので、そこに期待してます」と、ハッピーエンドを望む方も多数。ユーザーの期待が多方向に渡っていることが窺えます。


更に、「おそらく、パラレルワールドの話でハッピーエンドで終わるんだろうけど、正史のアンハッピーの悲しい終わり方も体験したい」「序盤の展開ではハッピーエンドのifストーリーのようだが、ルート分岐で正史(敗北)ルートも見たい」など、ifとしてのハッピーエンドがあると予想しつつ、『BotW』に繋がるバッドエンドも見たいという、両方を望む意見もありました。


加えて、「本編はシリーズのタイムラインに属していませんでしたが、今作で過去のタイムラインと絡んだり、また別のタイムラインが発生するのか楽しみです」「ストーリーがどのように転ぶのか。単なるWHAT IFではなく、ゼルダ史に刻まれる作品であってほしい」と、シリーズ全体を見据えた位置づけに期待する声も。ストーリーに対するものだけに絞っても、『ゼルダ無双 厄災の黙示録』に対する期待は、かなり大きなものとなりそうです。

■バトルについて

バトルについては、「英傑たち4人を動かせるところ」「体験版では未登場の、各種族の英傑たちを早く操作したい!」と、英傑を直接操作できる点を心待ちにしている方が多くいました。いずれも様々な魅力を持つキャラクターだけに、本作での活躍に期待が集まるのも無理のない話でしょう。

また、英傑を含むプレイアブルキャラクター全体に対する期待も。出来るだけ多くのキャラを使いたいといった意見や、「ハイラル王も使いたい」「前作の魔獣ガノンのような、規格外のキャラクター」など、具体的な希望を告げる方もいました。


本作は、『ゼルダ無双』(1作目)のような、作品世界を超えて集結するような形ではなく、あくまで『BotW』の世界を深く描くスタイルなので、プレイアブルキャラも(現時点の情報では)『BotW』に登場している人物のみ。それだけに、操作可能なキャラがどこまでいるのか、期待が集まるところでしょう。

さらに、「ライネルと戦う時のような緊張感のある重厚な戦闘も味わいたいです」といったバトルの歯応え、「ゲームを進めるとアクションのバリエーションも増えるようなので、そちらにも期待する。特にゼルダ姫」のようなアクションの広がり、そして「神獣の操作」など、こちらも多岐に渡る期待が届く形となりました。

■そのほかの声

寄せられたコメントは、ストーリーとバトルに関するものが大半を占めましたが、この他の意見も寄せられています。高揚感や爽快感といった手触りに関する内容もあれば、「あの素晴らしい世界観を堪能したい」「ブレスオブザワイルドの世界観に浸れること」と、没入感を楽しみにしている声も一定数集まっています。

また、「ストーリーだけでなく、前作並みのクリア後のボリューム」「追加ダウンロードで良いのでボリュームの有るゲームにしてほしい」と遊び応えを望む意見や、「ブレスオブザワイルドでは回想でしか登場しなかったキャラクター達の掛け合い等」「4英傑やリンク、ゼルダの当時の絡みや個人個人の性格などを深堀してほしい」のような世界の深堀り、フレーム改善といったゲーム性の向上など、幅広い期待と要望の視線が『ゼルダ無双 厄災の黙示録』に集まりました。

【読者の声】(一部抜粋)
・やはり英傑を操作できることや、過去のシナリオを見れるところ! 体験版では、もしかしてifストーリーなのかも!?とワクワクしながらプレイしたので、製品版でどんな結末や選択をリンクがすることになるのかとても期待しています。
・100年前の厄災の物語がどのように展開していくのか、終わりはどこまでするのかが気になります。
・とにかくどんな話になるのか気になる。ボリュームも期待している。本編に繋がるバッドエンドが欲しい。
・解像度かフレームレート、どちらか片方はマシであって欲しいです。
・ブレワイのストーリー、雰囲気をしっかり反映してほしい。体験版ではちゃんとできていてよかった。
・四神獣や四英傑が如何にして敗れ、厄災が復活するに至ったのかが気になります。
・ブレスオブザワイルドではリンク一人ぼっちだったので、たくさんの仲間と戦えるのが嬉しい! あと4人も操作出来る英傑たちが残ってるなんて! 早く操作してみたい! まだ他にもプレイアブルキャラが居たら、とんでもない神ゲーになるはずでしょう。
・今後のアップデートで戦闘プレイ中のカクツキ補完を期待したい。スピンオフであるし、制作も違うのは重々理解しているのだが、今の段階でブレスオブザワイルドと銘打つのは少し厳しいと思う。私の様にBoWと銘打っているから初めて無双シリーズをプレイする人も多いと思うので。原作とはチームの規模も制作期間も違うと思うので、比べるのは酷なのかも知れないが、常に50fps位でプレイしている様な感覚は是非改善を期待したい。
・キャラや武器の多さに期待しています。また無双と言ってもギリギリに避けたり縦で弾いたりする緊迫感もブレスオブザワイルドの持ち味なので、ボスと1対1の駆け引きなんかがイベント的にあっても面白そうだと思う。
・四英傑の操作とその神獣の操作、またifストーリーでも大まかなところは本家のブレスオブザワイルドの100年前と同じだと思うので、それぞれの関係性の描き方。また、ifストーリーならではの救いを出来る描き方や100年前と同じように出来そうな所です。




《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 中国コスプレイヤー池田七帆の超絶美少女っぷり!モデルからバンド活動まで次世代の要注目ホープ【写真49枚】

    中国コスプレイヤー池田七帆の超絶美少女っぷり!モデルからバンド活動まで次世代の要注目ホープ【写真49枚】

  2. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  3. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  4. 『ポケカ』よもやま─「プレイヤー兼イラストレーターから見える景色ってどんな感じ?」【インタビュー】

  5. 韓国のゲームショウ「G-STAR 2016」開幕

  6. 『トワイライトプリンセス HD』サントラ7月27日発売…CD3枚組で全108曲を収録

アクセスランキングをもっと見る