人生にゲームをプラスするメディア

『FGO』のイベントは何時間でシナリオクリアできるの? 「ぐだぐだ邪馬台国2020」を“残り4時間”から一気に遊んでみた

スマホゲームの期間限定イベント、一気に遊ぶと何時間くらいかかるのか。実際のプレイで試してみました。

その他 特集
『FGO』のイベントは何時間でシナリオクリアできるの? 「ぐだぐだ邪馬台国2020」を“残り4時間”から一気に遊んでみた
  • 『FGO』のイベントは何時間でシナリオクリアできるの? 「ぐだぐだ邪馬台国2020」を“残り4時間”から一気に遊んでみた
  • 『FGO』のイベントは何時間でシナリオクリアできるの? 「ぐだぐだ邪馬台国2020」を“残り4時間”から一気に遊んでみた
  • 『FGO』のイベントは何時間でシナリオクリアできるの? 「ぐだぐだ邪馬台国2020」を“残り4時間”から一気に遊んでみた
  • 『FGO』のイベントは何時間でシナリオクリアできるの? 「ぐだぐだ邪馬台国2020」を“残り4時間”から一気に遊んでみた
  • 『FGO』のイベントは何時間でシナリオクリアできるの? 「ぐだぐだ邪馬台国2020」を“残り4時間”から一気に遊んでみた
  • 『FGO』のイベントは何時間でシナリオクリアできるの? 「ぐだぐだ邪馬台国2020」を“残り4時間”から一気に遊んでみた
  • 『FGO』のイベントは何時間でシナリオクリアできるの? 「ぐだぐだ邪馬台国2020」を“残り4時間”から一気に遊んでみた
  • 『FGO』のイベントは何時間でシナリオクリアできるの? 「ぐだぐだ邪馬台国2020」を“残り4時間”から一気に遊んでみた
!注意!
本記事には『Fate/Grand Order』の期間限定イベント「超古代新選組列伝 ぐだぐだ邪馬台国2020」のネタバレが含まれています。



汎人類史を守るべく、様々な特異点や異聞帯に立ち向かい、過酷な戦いに挑む『Fate/Grand Order』(以下、FGO)。サービス開始から5年が経過した今現在も、高い注目を集めている人気タイトルです。

読み応えのあるシナリオや、魅力的なサーヴァントなどが話題となりやすい本作ですが、メインの物語だけでなく期間限定で行われる特別なイベントもプレイ意欲をかき立ててくれます。

今現在は、2019年に行われたイベントの復刻版となる「復刻:クリスマス2019 ナイチンゲールのクリスマス・キャロル ライト版」が開催中です。体験済みの方にとっても育成を促すアイテムの数々は嬉しいところですし、1年以内に始めたユーザーならば、配布サーヴァントの「★4(SR)ナイチンゲール〔サンタ〕」を手に入れる貴重な機会は見逃せません。


こうした期間限定イベントは、『FGO』だけでなく基本無料系のスマホゲームによく見られる催しのひとつ。期間の長さはゲームやイベントによってまちまちですが、シナリオの進行が時限式の場合もあり、「毎日少しずつ遊ぶ」といったプレイスタイルで楽しんでいる方が多いことと思います。

しかし、そんな期間限定イベントを一気に遊んでみたら、果たしてどれくらいの時間がかかるのでしょうか。通して遊ぶことで、普段は意識しにくい“イベントクリアまでの時間”を計ることができるのでは──ふと浮かんだ疑問を解消すべく、実際のプレイを通してチャレンジしてみました。

もちろん、各タイトルやイベントごとにボリュームの違いはありますが、基本無料系における期間限定イベントの一例として受け止めていただければ幸いです。また、ストーリーのネタバレは避けていますが、プレイ時間と進行の関係から、イベントの展開に関するネタバレが含まれているので、その点はご注意ください。

限られた時間の中で、「超古代新選組列伝 ぐだぐだ邪馬台国2020」を最初からプレイ!



今回の挑戦に向けて取り組んだ期間限定イベントは、『FGO』で先日まで行われていた「超古代新選組列伝 ぐだぐだ邪馬台国2020」。また、普通に取り組んでも刺激に欠けるため、敢えてイベント終了時刻の直前から開始し、時間制限のある中でのプレイに挑んでみました。


本イベントは、10月23日の12時59分に終了を迎えましたが、今回プレイを開始したのは、約4時間前となる10月23日の朝9時。これまで、『FGO』で様々な期間限定イベントを遊んできた経験から、この辺りがギリギリではと予想し、残り時間240分の制限でスタートします。

プレイ開始が最終日なので、当然レイド戦には加わっていません。また、ぐだぐだ系イベント恒例の後半戦は諦め、前半シナリオのエピローグを目指す挑戦となります。シナリオ部分をスキップすればプレイ時間の短縮も可能ですが、シナリオもイベントの醍醐味のひとつ。しっかり読みつつ、寄り道なしの最短でメインシナリオのクリアに臨みました。

■初戦闘までは何分?

恒例の“ぐだぐだ”なオープニングを経て、舞台となる邪馬台国に到着。新たに実装された「卑弥呼」に出迎えられながらの幕開けです。ちなみに「卑弥呼」ですが、筆者の『FGO』には実装されていない模様です。200連以上回して出ないサーヴァントは、未実装に違いない(迷推理)。


そんな序盤の出会いを経て、初めての戦闘に突入。今回のイベントでは、プレイ開始から10分ちょっとで初戦闘を迎えました。シナリオを読む速度で到達時間も変わりますが、序盤から結構なボリュームです。既に持ち時間の1/24を消費しているので、早速焦りを感じ始めています。

■駆け足で第1節をクリア!

このペースだと危ないと思い、やや早めにシナリオを読み進めたり、戦闘も速度重視で進めてみます。とはいえ、折角の新キャラも見たいので「織田信勝」をサポートで呼んでみたり。


その甲斐あってか、30分ほどで第1節をクリア。この国で起きている異変の一端も分かり、これで腰を据えて事態に取りかかれます。といっても、あと3時間30分しか下ろせない腰ですが。


ちなみに本イベントの特徴として、各施設を修復する「復刻クエスト」があります。こちらに初めて取りかかれたのは、プレイ開始から45分程度。時間経過に合わせて特定のアイテムが収穫できる、嬉しいシステムです。


・・・が、次の収穫時期を迎える前にイベントが終了してしまうので、シナリオを進行させる施設だけを狙い打ちで修復。仕方がない話とはいえ、悲しい。

■まずは1時間が経過

約1時間ほどプレイしたところ、ゲーム進行は第2節の途中。1時間で1.5節と見ると、4時間をフルに使っても6節程度の計算になります。これまでのイベント構成の傾向から考えると、クリアどころか終盤にもたどり着けなさそうなので、ちょっと急がなければなりません。


しかし、シナリオを進めるには条件があります。必要なアイテムを集めた結果、第3節の開始時点で1時間40分が経過。更にペースが落ち、なんだかピンチな気配です。

■一気に巻き返す中盤戦

ですがここで大きな加速を見せ、2時間経過時点では、第3節のみならず第4節まで終了! 前のめりなプレイ意欲が功を奏した・・・わけではなく、この2節はいずれも戦闘が1回ずつだったので、さくっと進められたおかげです。

第4節では、邪馬台国側だけでなくカルデアの動きも語られ、物語も大詰めに向けて少しずつ動き始めます。じっくり読みたい! けど、そんな余裕はない!


改めて条件を満たし、2時間10分で第5節を開始。幸いこちらも戦闘が1回のみで、約15分ほどで第5節を終わらせることができました。


そして第6節に突入した時点で、2時間45分が経過。ここでシナリオは急展開を見せ、怒濤の勢いで第6節が終了。この時点で、ちょうど3時間が過ぎました。

■残り1時間! そして始まる「とどめ戦」

第7節は、突如現れた巨大埴輪に対して、様々なキャラクターたちが立ち上がる展開が描かれました。ちなみに戦闘パートはないので、ここもサクサクと進みます。


そしてリアルタイムでは、ここからレイド戦がスタートするタイミングです。しかしレイド戦は既に終わっているので、そのまま「とどめ戦」に突入し、7体の巨大埴輪の撃退しながらシナリオを進めていきます。


「とどめ戦」の埴輪たちは、ギミックこそあれ、それほど強いわけではありません。ですが、「とどめ戦」開始時点で3時間15分が経過しており、残り時間は45分。「とどめ戦」だけで7戦もあるので、タイムリミットを考えると焦りが募ります。


過ぎる時間を気にしながら巨大埴輪を倒していると、第8節が解放。多くは語れませんが、シナリオ的に熱いバトルが始まります。時代を超えて(むしろ逆行ですが)なお、新撰組の面々による生き様に目を奪われるばかり。


そして、「沖田総司」の新たな霊衣「浅葱の羽織袴」の解放権をゲット! ちなみにこの時点で、3時間40分が経過。これも欲しかったアイテムのひとつなので、なんとか滑り込みで間に合いました。といっても、沖田さんは未所持なんですけどね! い、いつかきっと来るから・・・。

■そして4時間が経過! 果たしてどこまで進めたのか?

残った埴輪も、卑弥呼(サポート)たちの力でなぎ倒し、「とどめ戦」全制覇。ここまでにかかった時間は、3時間45分。残り15分となりましたが、終盤の第9節に到着しました。

ここも手に汗握る展開が続きますが、興奮とは別の意味の汗も滲んでおり、可能な限り早いペースでテキストを読み進めます。


しかし、第9節はバトルも多め。難易度はそれほどでもありませんが、編成やロード、実際の戦闘などで時間が奪われていきます。


その結果、卑弥呼が「──ここで終わらせる!」と啖呵を切ったところで、ちょうど4時間が経過。戦闘の編成画面に突入するも、メンテナンスに突入し、あえなく終了となりました。


クリア済みの方に確認したところ、ここからさらに終節が待ち構えているとのこと。先ほどの戦闘を終わらせても、エピローグには届かなかったようです。4時間駆け抜けたものの、残念ながらメインシナリオのクリアには至りませんでした。




挑戦は残念ながら失敗でしたが、実際にプレイした手応えとしては、あと1時間もあれば多少の余裕を持ってクリアできそうな感触でした。せめて30分あれば・・・とも思いましたが、最初の目測が甘かった自分の判断ミス。気になる結末は、復刻版で満喫したいと思います。

今回の挑戦はあくまで一例ですし、シナリオ進行に役立つ概念礼装をそれなりに持っていたので(※「卑弥呼」獲得に励んだ際の副産物)、その助けが大きかったのも一因ですが、脇目も振らずに駆け抜ければ、「ぐだぐだ邪馬台国2020」のメインシナリオは5~6時間ほどでクリアできそうです。

とはいえ、これはあくまでメインシナリオだけの話。用意されている報酬を全て獲得したり、“ぐだぐだ”には付きものの後半の踏破も含めると、プレイ時間は更に積み上がります。もちろん、それに見合ったメリットもあるので、自分の時間をどこまで費やすか、あらかじめ目安を決めた上で各イベントに臨むのがお勧めです。


現在開催中のイベントに加え、今年のクリスマスイベントや新たな展開なども予想される今後の『FGO』。年末に向けてなにかと忙しい時期になりますが、プレイ時間を上手く捻出し、期間限定イベントなどに立ち向かいましょう。

【関連記事】
『FGO』無課金プレイヤーは、夏のガチャを乗り切ったのか? 通算で“聖晶石750個分”を費やした成果を総決算! 最後に挑んだガチャで、初の水着★4ゲットなるか・・・
『FGO』無課金プレイヤーは夏のガチャを乗り切れるのか? 「アビー〔夏〕」を引くまで引けない! 聖晶石「210個」を全投入─“悪い子”の使い所や長所にも迫ってみた
『FGO』無課金プレイヤーは夏のガチャを乗り切れるのか?─88連★4サーヴァントなし・・・「逆に★5が当たるのでは」と浅はかな思考でダ・ヴィンチちゃんを狙う!
『FGO』無課金プレイヤーは夏のガチャを乗り切れるのか? キアラもイリヤも“我が愛”も欲しい! 手元の聖晶石は「370個」─A宝具のキアラは3ターン周回できるのか?
『FGO』無課金プレイヤーは夏のガチャを乗り切れるのか? 聖晶石「329個」で、まずは“術アルトリア”に挑戦─引けても引けなくても“玉藻の前”は死なない!
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 誉れはfigmaになりました―「figma 境井仁」登場!予約受付開始、製品ページには“黒澤モード”の仕掛けも

  2. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  3. 韓国のゲームショウ「G-STAR 2016」開幕

  4. でび様!「悪魔」って一体何なのですか?―スマホ/PC向けCCG『デスティニーチャイルド』3周年記念インタビュー

アクセスランキングをもっと見る