人生にゲームをプラスするメディア

任天堂は、この秋も眠らせてくれない! 気になるタイトルが毎月登場─夜長のお供は「マリオ」に「ピクミン」、「ゼルダの伝説」など6作品

ニンテンドースイッチソフトが大半ですが、中には懐かしい「ゲーム&ウォッチ」の復活も。

その他 特集
任天堂は、この秋も眠らせてくれない! 気になるタイトルが毎月登場─夜長のお供は「マリオ」に「ピクミン」、「ゼルダの伝説」など6作品
  • 任天堂は、この秋も眠らせてくれない! 気になるタイトルが毎月登場─夜長のお供は「マリオ」に「ピクミン」、「ゼルダの伝説」など6作品
  • 任天堂は、この秋も眠らせてくれない! 気になるタイトルが毎月登場─夜長のお供は「マリオ」に「ピクミン」、「ゼルダの伝説」など6作品
  • 任天堂は、この秋も眠らせてくれない! 気になるタイトルが毎月登場─夜長のお供は「マリオ」に「ピクミン」、「ゼルダの伝説」など6作品
  • 任天堂は、この秋も眠らせてくれない! 気になるタイトルが毎月登場─夜長のお供は「マリオ」に「ピクミン」、「ゼルダの伝説」など6作品
  • 任天堂は、この秋も眠らせてくれない! 気になるタイトルが毎月登場─夜長のお供は「マリオ」に「ピクミン」、「ゼルダの伝説」など6作品
  • 任天堂は、この秋も眠らせてくれない! 気になるタイトルが毎月登場─夜長のお供は「マリオ」に「ピクミン」、「ゼルダの伝説」など6作品
  • 任天堂は、この秋も眠らせてくれない! 気になるタイトルが毎月登場─夜長のお供は「マリオ」に「ピクミン」、「ゼルダの伝説」など6作品
  • 任天堂は、この秋も眠らせてくれない! 気になるタイトルが毎月登場─夜長のお供は「マリオ」に「ピクミン」、「ゼルダの伝説」など6作品

『マリオカート ライブ ホームサーキット』:10月16日 発売



任天堂がリリースするタイトルは、時にユーザーを驚かせるものも少なくありません。今回紹介する作品群の中では、ゲームと現実世界が交差するニンテンドースイッチソフト『マリオカート ライブ ホームサーキット』が、まさにその好例と言えるでしょう。

『マリオカート』シリーズの最新作となる『マリオカート ライブ ホームサーキット』は、カメラが内蔵された実物のカート(トイ)と連動し、現実世界をサーキットに見立てて遊ぶことができるゲームです。パッケージに付属する4つのゲートを部屋に置き、カートで1周することで、走った軌跡がマリオカートのサーキットなります。


もちろん、「ダッシュキノコ」などのアイテムも健在。ゲームの中で「ダッシュキノコ」を使えば現実世界のカートもダッシュしますし、「パックンフラワー」に食べられるとカートがストップするなど、レース中の出来事は現実世界にフィードバックされるので、臨場感も満点です。

それぞれがスイッチとカートを持ち寄れば、最大4人による対戦も可能。ひとりで遊ぶもよし、みんなで集まりワイワイプレイするもよし。任天堂が提案する新たな楽しさを、この秋に満喫してみるのも一興です。

『ピクミン3 デラックス』:10月30日 発売



耳に残るCMや、ピクミンたちを使いこなすユニークなアクション性など、多彩な魅力で人気を獲得した『ピクミン』シリーズ。その最新ナンバリングとなる『3』をデラックスに進化させた、ニンテンドースイッチソフト『ピクミン3 デラックス』の発売が決定しています。

本編が楽しめるのはもちろんのこと、Wii U版向けに配信された有料追加コンテンツも全て収録。さらに、オリマーたちが活躍する「サイドストーリーミッション」を新収録するなど、シリーズファンの心をくすぐる追加要素も見逃せません。


また、探索に行き詰まった時に助けてくれるヒント機能や、ピクミンを投げる際に狙いやすくなるロックオン機能など、プレイする上で便利な機能も用意。次の目的地を矢印で導いてくれるので、迷子になることも少なくなりそうです。

さらに本作はおすそわけプレイにも対応しているので、分担して探索したり、一緒に強敵へ立ち向かったりと、協力プレイを楽しむことも可能。お好みのプレイスタイルで、未開の惑星に挑んでみましょう。




《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『ららマジ』4周年記念描き下ろしグッズが登場!「東奏学園器楽部応援フェア」グラフアートショップにて2月20日より開催

    『ららマジ』4周年記念描き下ろしグッズが登場!「東奏学園器楽部応援フェア」グラフアートショップにて2月20日より開催

  2. 【コスプレ】『ポケモン』マリィに『FGO』清少納言!“空白の一年”で更なる成長を遂げた中国人気レイヤー「綺太郎」に刮目せよ【写真31枚】

    【コスプレ】『ポケモン』マリィに『FGO』清少納言!“空白の一年”で更なる成長を遂げた中国人気レイヤー「綺太郎」に刮目せよ【写真31枚】

  3. 【週刊インサイド】『原神』神里綾華やロサリア狙いでも「甘雨」を引いて大丈夫な理由とは─『風来のシレン5 plus』RTAが面白い理由も要注目

  4. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

アクセスランキングをもっと見る