人生にゲームをプラスするメディア

今どこで買える? 販売方法は? ニンテンドースイッチの販売情報まとめ【8月6日】─「ノジマオンライン」の応募受付は本日6日まで!

現在、全国的に品薄状態が続いているニンテンドースイッチ。ほとんどの販売店で入荷直後に売り切れるほどの人気ぶりを見せており、抽選販売に切り替えた店舗も少なくありません。

任天堂 Nintendo Switch
今どこで買える? 販売方法は? ニンテンドースイッチの販売情報まとめ【8月6日】─「ノジマオンライン」の応募受付は本日6日まで!
  • 今どこで買える? 販売方法は? ニンテンドースイッチの販売情報まとめ【8月6日】─「ノジマオンライン」の応募受付は本日6日まで!

現在、全国的に品薄状態が続いているニンテンドースイッチ。ほとんどの販売店で入荷直後に売り切れるほどの人気ぶりを見せており、抽選販売に切り替えた店舗も少なくありません。

そこで、需要が高まっているスイッチの販売状況や、現時点で予約や抽選販売の申し込み等が行えるサイトなどの最新情報を、インサイドにて定期的にお届けします。まだ申し込んでいない受付先のチェックや申し込み方法を、こちらでご確認ください。

8月6日の状況─「ノジマオンライン」の受付は本日で終了


8月3日に、新たな抽選販売の受付が「ノジマオンライン」で始まりましたが、こちらの申し込み期間は8月6日 23時59分まで。本日いっぱいで終了となるので、まだ応募していない方は、早めに済ませておきましょう。

応募にはノジマオンラインの会員IDが必須で、1つの会員IDで1回の応募ができます。なお、複数商品に応募したり複数の会員IDを使用すると、抽選の対象外となるのでご注意ください。

また、「抽選のためだけの新規会員→退会の空登録が多いため、過去にノジマオンライン購入履歴のある方を優先して当選とさせていただきます」とのこと。今回は、8月7日 午前9時59分までの購入履歴が有効なので、新規登録者は有効期間内にノジマオンラインを利用するのもひとつの手です。

抽選販売の対象は、ニンテンドースイッチライト各種に加え、ソフトとセットの商品なども含まれています。また、ニンテンドースイッチ本体とソフトを同梱する「あつまれ どうぶつの森セット」も選択可能です。申し込み希望者は、下記URLからアクセスしてください。

・応募受付期間:8月6日 23時59分 まで
・当選通知メール:8月7日 予定
・当選者購入期間:当選者のみに別途メールでご案内
※本抽選はノジマオンライン専用です(ノジマ店頭の抽選販売とは別となります)

■【第七回】ノジマオンライン限定 Switch抽選販売
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScShdZKZapFnT9X69ipjdsIzO9EagB6lTXW2OklYxpz_zxY8w/viewform


《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 実はおいしい!実は刺す!『あつまれ どうぶつの森』に登場する「タガメ」は不思議だらけ!【平坂寛の『あつ森』博物誌】

    実はおいしい!実は刺す!『あつまれ どうぶつの森』に登場する「タガメ」は不思議だらけ!【平坂寛の『あつ森』博物誌】

  2. 今どこで買える? 販売方法は? ニンテンドースイッチの販売情報まとめ【9月25日】─品薄状態は解消の兆しか

    今どこで買える? 販売方法は? ニンテンドースイッチの販売情報まとめ【9月25日】─品薄状態は解消の兆しか

  3. 『スーパーマリオ 3Dコレクション』で『マリオ64』を遊んだら、むしろ『オデッセイ』のすごさに改めて気づいた話

    『スーパーマリオ 3Dコレクション』で『マリオ64』を遊んだら、むしろ『オデッセイ』のすごさに改めて気づいた話

  4. ヨドバシ・ドット・コム、9月14日~15日実施の「スイッチ本体」抽選倍率を公開―ネオンモデルが4倍に落ち着く

  5. 今どこで買える? 販売方法は? ニンテンドースイッチの販売情報まとめ【9月24日】─「ノジマオンライン」の受付が終了目前

  6. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  7. 今どこで買える? 販売方法は? ニンテンドースイッチの販売情報まとめ【9月23日】─スイッチ本体の抽選販売を受付中

  8. 『あつまれ どうぶつの森』ホラーで有名な「アイカ村」が再び夢で登場……! 恐怖の島を体験せよ

  9. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  10. 噛み付いたらはなさない!…ってマジ?『あつまれ どうぶつの森』に登場する「スッポン」について知ろう【平坂寛の『あつ森』博物誌】

アクセスランキングをもっと見る