人生にゲームをプラスするメディア

音ゲーとリズムアクションの違いに注目!ノリノリな実験用ラットによる人間復讐劇『MAD RAT DEAD』体験版プレイレポ

日本一ソフトウェアの新作リズムアクション『MAD RAT DEAD』をプレイレポ! リズムゲームにアクションが融合したら、どんなゲーム体験になるのでしょうか?

任天堂 Nintendo Switch
音ゲーとリズムアクションの違いに注目!ノリノリな実験用ラットによる人間復讐劇『MAD RAT DEAD』体験版プレイレポ
  • 音ゲーとリズムアクションの違いに注目!ノリノリな実験用ラットによる人間復讐劇『MAD RAT DEAD』体験版プレイレポ
  • 音ゲーとリズムアクションの違いに注目!ノリノリな実験用ラットによる人間復讐劇『MAD RAT DEAD』体験版プレイレポ
  • 音ゲーとリズムアクションの違いに注目!ノリノリな実験用ラットによる人間復讐劇『MAD RAT DEAD』体験版プレイレポ
  • 音ゲーとリズムアクションの違いに注目!ノリノリな実験用ラットによる人間復讐劇『MAD RAT DEAD』体験版プレイレポ
  • 音ゲーとリズムアクションの違いに注目!ノリノリな実験用ラットによる人間復讐劇『MAD RAT DEAD』体験版プレイレポ
  • 音ゲーとリズムアクションの違いに注目!ノリノリな実験用ラットによる人間復讐劇『MAD RAT DEAD』体験版プレイレポ
  • 音ゲーとリズムアクションの違いに注目!ノリノリな実験用ラットによる人間復讐劇『MAD RAT DEAD』体験版プレイレポ
  • 音ゲーとリズムアクションの違いに注目!ノリノリな実験用ラットによる人間復讐劇『MAD RAT DEAD』体験版プレイレポ

日本一ソフトウェアは、10月29日発売予定のPS4/ニンテンドースイッチ対応ソフト『MAD RAT DEAD』に関して、体験版の配信を開始しました。リズムゲームと横スクロールアクションを融合させた「リズムアクション」に分類される本作。

リズムに合わせて流れるノーツに対処していく「リズムゲーム(音ゲー)」はよくプレイする筆者ですが、リズムアクションとなるとあまり経験がありません。同じ「リズム」をテーマにしているものの、アクションが融合するとどうなるのか非常に気になります。

今回はその「リズムゲームとリズムアクションゲームの違い」にフォーカスしながら、体験版のプレイレポートをお届けします。なお、見分けやすくするために、以降はリズムゲームを音ゲーと表記します(※プレイ環境はニンテンドースイッチ版です)。

リズムアクションは考えることがいっぱい! 音ゲーとは一味違う“自由度”が魅力の『MAD RAT DEAD』をプレイ



『MAD RAT DEAD』では、研究所で実験用ラットとして一生を終えた主人公「マッドラット」が、神様より与えられた「最後の1日をもう一度だけ過ごすチャンス」を用いて、人間への復讐を企むというストーリーが描かれます。

アクションパートでは、マッドラットを操作して障害物や敵の待ち受ける2D横スクロールのステージを制限時間内にクリアすることが目的となります。マッドラットができるアクションは、主に「ダッシュ」「ジャンプ」「急降下」「ローリングアタック」「溜め(次のダッシュをパワーアップ)」の5種類。これらを駆使して障害物を突破し、ステージのゴールを目指します。



本作がリズムアクションたる理由は、これら各アクションの出し方です。ステージに流れる音楽のリズムに合わせてボタンを押すことで、それに対応した各アクションが発動。

リズムに合わせるほどアクションは派手に変化するものの、逆に外れすぎだとキレの無いアクションになってしまいます。まったくリズムに合っていない場合は、アクション自体が発動しません。

画面下部には、リズムを合わせやすくするためのノーツUIも表示。

リズムに合っているかは、JUST、EARLY、LATE、MISSの4段階で判定。JUSTを続ければコンボが増えるなど、音ゲーと同じ要素もあります。MISSの場合はアクションが出ません。

リズムに合わせた操作が必要なのは音ゲーもリズムアクションも同じため、音ゲーの経験を活かして難なく進められそう! と思ったのですが、少し異なるゲーム性に苦戦をすることとなりました。

一言で表すならば、リズムアクションの方が「考えることが多く忙しい」です。迫りくる障害物の最適解はどの動作か? その動作はどのボタンで出るか? ちゃんとリズムに合っているか? などをしっかり意識していかなければなりません。

音ゲーならばタップノーツはタップ、ロングノーツは長押し、フリックノーツならフリックと、一目でどの操作をすればいいか直感的に分かるうえ、正解も1つのみ。しかしリズムアクションとなる本作では、低い段差ならダッシュで突破できたり、敵を倒すのにも2通りの方法があったりと、正解が1つではないのです。

ダッシュで壁にぶつかった場合、跳ね返りにあわせて少しだけ高度が上昇。

もう一度ダッシュをすれば、低い段差ぐらいなら突破できます。

段差はジャンプでも突破できるので、どちらを使うか悩みます。

ローリングアタックを使った場合、敵に突撃しながら攻撃します。

また、急降下でも敵を踏みつけて倒せます。ローリングアタックと急降下、どちらで倒せばいいか悩む場面も少なくありません。

この点に関しては、悪く言えば分かりにくい、良く言えば自由度があると感じました。本作の世界観は自由奔放なので、プレイヤーの好きな動きで進められるのはマッチしている気がします。

それに、まったくのノーヒントというわけではありません。理想的なルートを示すヒントとして、フィールド内には三角形のアイテムが配置。障害物や敵もリズムに合わせた配置となっているため、リズムに合わせて適切なボタンを押していけば、自ずとカッコ良くノリノリな動きで進んでいけます。

三角形のアイテムには、取ると制限時間を回復させる効果もあります。

この配置ならば、ジャンプよりもダッシュで突破した方がアイテムも取れてお得。

また、本作の目的はあくまでも横スクロールステージのクリアであり、「楽曲のクリア」というのはありません。ゲームオーバーの条件は敵にぶつかったり穴に落ちたりと、アクション面でのみ存在。ノーツ判定に関するライフ的なものはなく、MISSをいくら連発してもゲームオーバーにはなりません。

しかし、ステージクリア時には「どれだけそのステージを上手くできたか?」を示すリザルトも発表されます。コンボ数や各判定がリザルトの判断基準となるため、高評価を得たいならノーツ判定をしっかり意識する必要があります。同じ楽曲を何度もやって高スコアを目指すという、音ゲーのやりこみ要素的なのを楽しめるわけです。

なお、ステージクリアだけを目的とするならば、特にリザルトは関係ありません。

さらに、もしゲームオーバーになったとしても、安心の救済システム「巻き戻し機能」が用意されています。これは、ゲームオーバー直前まで時を戻してゲームを再開できるというもの。一度ゲームが止まるのでテンポこそ悪くなってしまいますが、ステージクリア自体で詰まることはないでしょう。筆者も山のように使用しました。

ゲームオーバーになったとしても……

時間を戻して死ぬ前から再スタート可能。リズムアクション初心者でも安心してプレイできます。

決められた譜面をなぞる音ゲーと違い、プレイヤーならではの動きでゲームを進めていくリズムアクションゲーム『MAD RAT DEAD』。考えることが多く忙しい分、リズムに乗ってサクサクステージを進めた時の気持ち良さは目覚ましいものがあります。

音ゲーとは一味違った自由度のリズムゲーム体験を楽しめる同ジャンル。今回紹介した『MAD RAT DEAD』の体験版は序盤5ステージを5つの楽曲で遊べますので、この機会にプレイしてみてはいかがでしょうか。



リズムアクションゲーム『MAD RAT DEAD』は、PS4/ニンテンドースイッチにて2020年10月29日発売予定。パッケージ版/ダウンロード版ともに価格は6,980円+税です。
《茶っプリン》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモン ダイパリメイク』最新映像では「ギンガ団」に注目!『プラチナ』主人公風になれる早期購入特典も公開

    『ポケモン ダイパリメイク』最新映像では「ギンガ団」に注目!『プラチナ』主人公風になれる早期購入特典も公開

  2. 『モンハンライズ』没案「ウンディーネ」が神々しい!「勿体無いくらいキレイ」「新作で復活を」とファンも注目

    『モンハンライズ』没案「ウンディーネ」が神々しい!「勿体無いくらいキレイ」「新作で復活を」とファンも注目

  3. 『スマブラSP』正真正銘の“全員集合”イラストにファンが「商品化して!」ー桜井氏のツイートに熱望の声が相次ぐ

    『スマブラSP』正真正銘の“全員集合”イラストにファンが「商品化して!」ー桜井氏のツイートに熱望の声が相次ぐ

  4. 『あつ森』有料DLC、紹介映像に隠されたアイコンに気づいた? 見逃せない新機能7選

  5. 『ポケモン ダイパリメイク』ひでんわざは「ポケッチ」が担当!最新映像で「ポフィン」や「ナタネ」などを紹介

  6. 桜井政博氏「参戦疑惑に気を遣う必要がなくなりましたね」―『スマブラSP』開発終了に安堵の『Among Us』ツイート

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. 『ポケモン アルセウス』どの御三家を選ぶ?モクロー、ヒノアラシ、ミジュマルに愛あふれるコメントが続々【アンケ結果発表】

  9. 無料でもらえるのに…『ポケモンソード・シールド』色違い「ザシアン」「ザマゼンタ」のシリアルコード転売が相次ぐ【要注意】

  10. リメイク版『ポケモン ダイパ』で選ぶ御三家は?ナエトル、ヒコザル、ポッチャマのうち人気を集めたのは…【読者アンケート】

アクセスランキングをもっと見る