人生にゲームをプラスするメディア

知将から策略家、病み美少女まで!?2020年大河の主役「明智光秀」の人物像をゲームのキャラクターから読み解く

本能寺の変の首謀者として知られる明智光秀。2020年の大河で主役として描かれる人物像を数々のゲームから読み解きます。

その他 特集
知将から策略家、病み美少女まで!?2020年大河の主役「明智光秀」の人物像をゲームのキャラクターから読み解く
  • 知将から策略家、病み美少女まで!?2020年大河の主役「明智光秀」の人物像をゲームのキャラクターから読み解く
  • 明智光秀
  • 明智光秀
  • 知将から策略家、病み美少女まで!?2020年大河の主役「明智光秀」の人物像をゲームのキャラクターから読み解く
  • 知将から策略家、病み美少女まで!?2020年大河の主役「明智光秀」の人物像をゲームのキャラクターから読み解く
  • 知将から策略家、病み美少女まで!?2020年大河の主役「明智光秀」の人物像をゲームのキャラクターから読み解く
  • 濃姫
  • 知将から策略家、病み美少女まで!?2020年大河の主役「明智光秀」の人物像をゲームのキャラクターから読み解く
乱世・戦国時代を生きた知将として知られ、歴史的クーデター事件「本能寺の変」の首謀者として知られる武将、明智光秀。

一般的には主君・信長を討った裏切りの副官としてのイメージが強い人物ですが、その行動の真意や人物像には謎が多く残されているミステリアスな存在でもあります。近年はそうした側面へフォーカスした創作も多く、2020年の大河ドラマでは主役として抜擢されています。

そこで今回は様々なゲームに登場する「明智光秀モチーフ」のキャラクターをピックアップして、光秀という人物がどのように描かれているのかチェックしてみましょう。



『仁王2』


「戦国死にゲー」こと『仁王』のシリーズ最新作ではストーリーに明智光秀が登場することが予告されています。この作品では織田信長が健在である時期の戦国時代が舞台となっており、光秀も史実通り織田軍の重臣として描かれます。

元々は美濃の国で斎藤道三に仕えていた光秀ですが、斎藤家が織田信長に破れ滅亡した際に、その優れた才知を買われ信長に仕えることとなりました。作中では仲間である主人公と藤吉郎が操る霊石の力が世の調和を乱すとして、彼らへの警戒を強めています。時代背景を考えれば、かなり思慮深い人物として描かれていると言えるでしょう。


『信長の野望 20xx』


仁王と同じくコーエーテクモゲームスが手掛ける歴史モノと言えば『信長の野望』。同シリーズは戦国時代を舞台とする歴史あるSLGとして知られていますが、現在オンラインで展開されている『201x』や最新アップデートの『20xx』と言ったタイトルは現代・近未来が舞台のフォーメーションバトルRPGに。

武将たちも服装こそ一見して戦国時代らしい甲冑や着物に見えますが、武装は丸っきり近代兵器になっています。そんな中で明智光秀は、なんと某スカウター風のアイウェアを標準装備。知性的なイメージからの演出と思われますが、どことなくコミカルに見えてしまうのはご愛嬌です。


『戦国無双』シリーズ

明智光秀
数多くの武将がプレイアブルとなっている爽快な一騎当千アクション『戦国無双』シリーズ。史実の雰囲気を残しながらも、時にビームが出たり空を飛んだりと自由な世界観が特徴の同作ですが、こちらでの光秀は長髪に切れ長の眼が涼し気な美青年として描かれています。

流石に髪型についてはオリジナルの要素と思われますが、茶会や連歌に親しむ文化的にも優れた人間だったという説もあり、こうしてクールかつ落ち着いた人物像が形作られたのではないでしょうか。

武将を特徴付ける要素のひとつである使用武器は長刀。バッサバッサと敵を薙ぎ払うアクションが魅力で、2019年には光秀の愛刀「備前長船近景」が発見されたとして話題にもなりました。あまり腕っぷしが強いというイメージは無い光秀ですが、実は戦闘においては射撃の名手でもあったというエピソードも伝えられています。


『戦国BASARA』シリーズ

明智光秀
スタイリッシュなアクションと豪快なキャラクター描写でメディアミックスも盛んなBASARAシリーズ。伊達政宗や真田幸村らの武将がストーリーの中心となっている本作でも、光秀は初代から操作可能な武将として登場しています。

策略家という点は史実を連想させますが、性格面では両手に構えた大型の鎌を振り回し、敵味方問わず本能のままに殺戮を楽しむというとんでもない異常性を持ち合わせたキャラクターに。

信長の側近という立場は他の作品と同じながらも、『3』では「天海」と名乗る謎の人物として登場し、続く『4』ではNPCとして敵側に回るなど、独特な役回りで描かれています。


《ハル飯田》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【コスプレ】『原神』甘雨から『FGO』楊貴妃まで!中国人気レイヤー・千夜未来の気品ある透明感が尊い【写真21枚】

    【コスプレ】『原神』甘雨から『FGO』楊貴妃まで!中国人気レイヤー・千夜未来の気品ある透明感が尊い【写真21枚】

  2. 元競走馬「ナイスネイチャ」の誕生日記念寄付、わずか24時間で1,300万円超え! ―『ウマ娘』人気も後押しか

    元競走馬「ナイスネイチャ」の誕生日記念寄付、わずか24時間で1,300万円超え! ―『ウマ娘』人気も後押しか

  3. 【コスプレ】『ウマ娘 プリティーダービー』から『原神』『五等分の花嫁』まで人気作品集結!「acosta!@池袋サンシャインシティ」美女レイヤー7選【写真60枚】

  4. 『ウマ娘』初のアンソロコミックが発売決定!カバーイラストは手島nari氏で、有都あらゆる氏や大沖氏など11名の執筆陣も公開

  5. 『ウマ娘』大食いの怪物「オグリキャップ」のどんぶりが商品化!「…足りるだろうか?」に応えるサイズ感

アクセスランキングをもっと見る