人生にゲームをプラスするメディア

体験版『ペルソナ5 スクランブル』新キャラ「ソフィア」との出会いやシリーズ初のアクションRPGの手触りをチェック!「ジオ」が範囲攻撃に【プレイレポ】

『ペルソナ5』の要素などは、果たしてどのような形で受け継がれているのか。更に、本作独自のシステムなどにも迫りつつ、そのプレイ感をお届けします。

その他 特集
体験版『ペルソナ5 スクランブル』新キャラ「ソフィア」との出会いやシリーズ初のアクションRPGの手触りをチェック!「ジオ」が範囲攻撃に【プレイレポ】
  • 体験版『ペルソナ5 スクランブル』新キャラ「ソフィア」との出会いやシリーズ初のアクションRPGの手触りをチェック!「ジオ」が範囲攻撃に【プレイレポ】
  • 体験版『ペルソナ5 スクランブル』新キャラ「ソフィア」との出会いやシリーズ初のアクションRPGの手触りをチェック!「ジオ」が範囲攻撃に【プレイレポ】
  • 体験版『ペルソナ5 スクランブル』新キャラ「ソフィア」との出会いやシリーズ初のアクションRPGの手触りをチェック!「ジオ」が範囲攻撃に【プレイレポ】
  • 体験版『ペルソナ5 スクランブル』新キャラ「ソフィア」との出会いやシリーズ初のアクションRPGの手触りをチェック!「ジオ」が範囲攻撃に【プレイレポ】
  • 体験版『ペルソナ5 スクランブル』新キャラ「ソフィア」との出会いやシリーズ初のアクションRPGの手触りをチェック!「ジオ」が範囲攻撃に【プレイレポ】
  • 体験版『ペルソナ5 スクランブル』新キャラ「ソフィア」との出会いやシリーズ初のアクションRPGの手触りをチェック!「ジオ」が範囲攻撃に【プレイレポ】
  • 体験版『ペルソナ5 スクランブル』新キャラ「ソフィア」との出会いやシリーズ初のアクションRPGの手触りをチェック!「ジオ」が範囲攻撃に【プレイレポ】
  • 体験版『ペルソナ5 スクランブル』新キャラ「ソフィア」との出会いやシリーズ初のアクションRPGの手触りをチェック!「ジオ」が範囲攻撃に【プレイレポ】

もうひとりの自分と向き合い、少年少女たちの葛藤や成長を描くジュブナイルRPG『ペルソナ』シリーズ。現在、ナンバリングで5作品が展開されているほか、数多くの派生作も登場しており、多くのユーザーから厚い支持を集めています。

ナンバリング最新作となる『ペルソナ5』は、これまで踏襲してきた要素に加え、新たな切り口として「ピカレスクロマン」を導入。法では裁けぬ悪を裁くため、主人公たちが「心の怪盗団」となって活躍する物語が紡がれました。

そんな『ペルソナ5』の半年後を舞台に、再び「心の怪盗団」が結集するニンテンドースイッチ/PS4ソフト『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』(以下、P5S)が、2月20日に発売されます。

本作のジャンルはアクションRPG。本シリーズはこれまで、『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』といった2D対戦格闘作品が登場したことはありますが、本格的なアクションRPGは今回が初。それだけに、『ペルソナ』とアクションがどのように交わるのか、シリーズ定番の要素が如何なる形で受け継がれているのか、気になる方も多いことでしょう。


そこで今回は、発売日に先駆けて配信された体験版を通して、本作が持つ魅力の一端をチェックしてみたいと思います。なお、今回のプレイレポではPS4向けの体験版を使用。また、内容はあくまで体験版に基づいており、製品版では一部異なる可能性もあるのでご注意ください。

◆トンネルを抜けると──そこは、夏休みだった!



体験版を起動すると、まず目に飛ぶ込むのはトンネルを疾走していく風景。そして、光に包まれた出口を抜けると・・・


・・・そこには、青空の下を駆け抜けるキャンピングカーが彩る、トップメニューの画面が! 『P5S』では、夏休みを利用して日本全国を巡る日々を過ごすことになりますが、そのシチュエーションを体現するトップメニューは、まさに夏全開。ひと夏を使って日本中を旅するなんて、改めて羨ましすぎる。


早速プレイ開始、といきたい気持ちをグッと押さえて、コンフィグをチェック。難易度は、「EASY」「NOMAL」「HARD」が選択可能です。ちなみに製品版をクリアすると、更なる難易度「RISKY」が追加されるので、腕に自信がある方はそちらをお楽しみに。

このほかにもコンフィグには、ダメージ表示やカメラリセットのon/off、カメラの反転や速度の変更のような基本的なものから、ゲームモードの設定「フレームレート/グラフィック」といったものまで。家庭用ゲームとしては、かなりの項目が揃っている印象です。


その後アニメシーンが挟まり、まずは軽くバトル。ここは顔見せのようなものなので、アクションRPGに慣れていれば、初体験でもまったく問題なし。バトル面に関するプレイ感などは、後ほどまとめて紹介させていただきます。


バトルとOPを経ると、いよいよ物語が幕を開けます。まずはSNSを介して、怪盗団のメンバーとやり取り。『ペルソナ5』や『P5R』クリア済みのユーザーにとっては、各メンバーと会うのは久しぶりのはず。作中の彼らも主人公との再会を楽しみにしており、こちらの心情とリンクしているようでなんだかくすぐったい気分です。


懐かしの四軒茶屋。この風景はお馴染みですが、移動できる範囲は『ペルソナ5』と比べるとやや狭め。少なくとも体験版の範囲では、双葉の家には行けませんでした。まあ本作は、日本中を旅する話になるので、四軒茶屋などを深く描く必要がないのかもしれません。


診療所をチェックするも、モルガナから「アイサツは後にしとこうぜ」と止められてしまいます。製品版で再会できるのかどうか、気になるところです。ちなみに、自販機などで買い物は可能でした。


そして、「心の怪盗団」の面々と再会! 赤点の少なさで竜司に勝った杏、大学生活が充実している真と春、順調に学校へ通い続けている双葉など、主人公が離れていた日々を埋めるように、近況を報告してくれます。他愛のない話ばかりですが、これも『ペルソナ5』以降の彼らの足跡のひとつ。こういう風に過ごしていたんだと、なんだか感慨深い気持ちに駆られます


メンバーが揃ったので、まずはキャンプをやろうと話がまとまり、キャンプ用品を手分けして買いに行く流れに。主人公にとっても、楽しい夏休みが始まりそうです。


そんな気持ちになった途端、ベルベットルームだよ! 再び囚人服を身に纏い、牢獄の中でラヴェンツァと対面します。彼女曰く、主人公を陥れようと何者かが策動しているとのこと。


そんな警告を受けた翌日、とある一件をきっかけに“イセカイ”に連れこまれた主人公・竜司・モルガナ。このイセカイを統べるシャドウに囚われてピンチとなるも、破棄扱いとしてゴミが累積するビルの下層に放り込まれてしまいます。


そこに置かれた巨大な立方体に主人公が近づくと、そこから・・・


・・・新キャラクターの「ソフィア」が登場。「人の良き友人」を名乗るものの、記憶を失っているため、正体に関しては判断できません。


しかし、そんな状態でも「今度は私がジョーカーの役に立つ」と言い、主人公たちに同行。そして、ペルソナらしき力を使い、戦闘中もジョーカーを助けてくれます。頼もしい味方を引き連れ、まずはビルの脱出を目指すことに。


ちなみに、道中にはアイテムが落ちていたり、宝箱が見つかることもあります。非戦闘時は、パレスを攻略しているような感覚です。


また、マップ内にあるギミックを使い、戦闘を有利に運ぶことも可能。釣られている足場を落とし、敵にダメージを与えてから戦闘に突入──という流れは、まさに怪盗団らしい戦い方。アクションが苦手な方は、こうしたギミックを最大限活用するのがよさそうです。


また、敵を倒すと「仮面」が出現することがあります。その仮面を拾うか、バトルが終了すると、ペルソナを入手。今回のプレイでは、「ピクシー」を入手することができました。「ジオ」と「ディア」が使えるので、敵の弱点に合わせての使い分けや、ダメージの回復役などで活躍してくれそう。



その直後にボスクラスの敵が現れたので、早速ピクシーを活用。ジオ系が弱点なのでガンガン攻撃を加えると、「総攻撃」が発動。『ペルソナ5』でもお馴染みの要素が、本作ならではの形でしっかりと活きています。


ビルを脱出後、元の世界に戻れる(と思われる)出口を発見。謎が多いものの、危険な世界にソフィアを置いていけるわけがない怪盗団。彼女と共に、出口に向かいます。


そして残念ながら、ここで体験版が終了。製品版の主軸となるであろう、各地を巡る旅についてはまだお預け。ですが、心の怪盗団が再活動する片鱗や、ソフィアとの出会い方なども分かり、貴重なプレイ体験でもありました。

この体験版の中だけでも、怪しい事件はすでに始まっていますし、ラヴェンツァの発言も気になります。今回は怪盗団として動く前から、主人公を災厄に満ちた運命に誘おうとする人物がいるようなので、その明確な敵意とどのように対峙していくのか、これからの展開も楽しみです。では続いて、シリーズ初のアクションRPG部分の一端に触れたいと思います。



《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 「ポケモンシャツ」に『金・銀』ポケモンのデザイン100種が追加!オンライン先行販売ページにて、そのうちの20種を公開中

    「ポケモンシャツ」に『金・銀』ポケモンのデザイン100種が追加!オンライン先行販売ページにて、そのうちの20種を公開中

  2. 【新連載漫画】『ビビッドアーミーよろしくね!』第一話「突然の訃報」

    【新連載漫画】『ビビッドアーミーよろしくね!』第一話「突然の訃報」

  3. 「FF7 リメイク」記念くじの発売日が目前! オリジナル版のポリゴンを“忠実再現”したフィギュアが、懐かし&可愛い

  4. 「劇場版ポケットモンスター ココ」最新予告映像が公開!新たな幻ポケモン「ザルード」や色違い「セレビィ」の姿も

  5. プラチナゲームズ、2020年4月に「プラチナゲームズTOKYO」を開業!代表取締役の佐藤氏や取締役/スタジオヘッドの稲葉氏がその決意を語る

  6. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  7. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る