人生にゲームをプラスするメディア

スイッチ『パズル探偵スカウト』3月5日より発売!女性とロボットの凸凹コンビが怪死事件解決を目指す、日英合作の推理アドベンチャー

イレギュラー・コーポレーションはニンテンドースイッチ版、推理アドベンチャー『パズル探偵スカウト』を2020年3月5日(木)より発売すると発表しました。

任天堂 Nintendo Switch
スイッチ『パズル探偵スカウト』3月5日より発売!女性とロボットの凸凹コンビが怪死事件解決を目指す、日英合作の推理アドベンチャー
  • スイッチ『パズル探偵スカウト』3月5日より発売!女性とロボットの凸凹コンビが怪死事件解決を目指す、日英合作の推理アドベンチャー
  • スイッチ『パズル探偵スカウト』3月5日より発売!女性とロボットの凸凹コンビが怪死事件解決を目指す、日英合作の推理アドベンチャー
  • スイッチ『パズル探偵スカウト』3月5日より発売!女性とロボットの凸凹コンビが怪死事件解決を目指す、日英合作の推理アドベンチャー
  • スイッチ『パズル探偵スカウト』3月5日より発売!女性とロボットの凸凹コンビが怪死事件解決を目指す、日英合作の推理アドベンチャー
  • スイッチ『パズル探偵スカウト』3月5日より発売!女性とロボットの凸凹コンビが怪死事件解決を目指す、日英合作の推理アドベンチャー
  • スイッチ『パズル探偵スカウト』3月5日より発売!女性とロボットの凸凹コンビが怪死事件解決を目指す、日英合作の推理アドベンチャー
  • スイッチ『パズル探偵スカウト』3月5日より発売!女性とロボットの凸凹コンビが怪死事件解決を目指す、日英合作の推理アドベンチャー
  • スイッチ『パズル探偵スカウト』3月5日より発売!女性とロボットの凸凹コンビが怪死事件解決を目指す、日英合作の推理アドベンチャー
イレギュラー・コーポレーションはニンテンドースイッチ版、推理アドベンチャー『パズル探偵スカウト』を2020年3月5日(木)より発売すると発表しました。また2月中旬より公式HPにて、日本語版トレイラー動画が公開される予定です。

以下、リリースより引用

◆Nintendo Switch版推理アドベンチャー『パズル探偵スカウト』



近年、海外ではゲーム開発者が大手ゲーム会社に所属してゲームを作るだけでなく、独立した個人や数名のデベロッパーが作ったインディーゲームのムーブメントが広がっています。一方で、日本では小規模デベロッパーへの支援体制があまり整っておらず、金銭面や人材確保の問題から大手企業に属さずに小規模デベロッパーがゲームを作っていくことが難しく、インディーゲーム市場の土壌づくりが必要とされています。

The Irregular Corporationは、イギリスにて培ったインディーゲームを中心としたパブッシングの経験を活かし、日本におけるインディーゲーム市場の拡大に向けて小規模デベロッパーを支援するべく、日本展開を開始いたします。その日本法人であるイレギュラー・コーポレーションは、日本展開初タイトルとして、Nintendo Switch版推理アドベンチャー『パズル探偵スカウト』の発売を開始いたします。2020年3月5日(木)に世界同時発売される本タイトルの日本国内版は、完全日本語対応になります。


『パズル探偵スカウト』は、ビットマップパズル※と推理アドベンチャーを掛け合わせた、今までにない新感覚のゲームです。主人公の女性Honor(ホナー)と記憶を失ったロボットS.C.O.U.T.(スカウト)とともに、ビットマップパズルを解き、事件解決への手がかりを手に入れながら怪死事件を解決し、S.C.O.U.T.の失われた記憶の真相に迫る物語となっています。個性豊かなキャラクターによって紡がれる、第1章から第4章に渡る読み応えのあるストーリーのほか、舞台となっている1996年のロサンゼルスの魅力が散りばめられた世界観を体験できる作品です。

また、日英合作タイトルとして、イギリスのEd Fearがディレクターとして指揮を執る元で、日本からゲームミュージックを杉森雅和氏、キャラクターデザインを玻都もあ氏にご作成いただき、物語を勢いづかせる演出がふんだんに盛り込まれています。本格的な推理ゲームをプレイしたい方も、普段とは一味違うビットマップパズルをプレイしたい方もお楽しみいただけます。

●キャラクター紹介
▲主人公:Honor(ホナー)

ホナーは基本的に筋の通った性格です。明快で決断力があり、核心をつくタイプである一方で、友情をとても大切にしています。冒頭では探偵番組『殺人ミス・テリー』のわき役を務めていますが、ゲームの最初の事件発生と同じタイミングで謎のロボット「スカウト」に出会い、女優から「本物」の探偵に転身します。そして、ショービジネスの世界で起きる一連の殺人事件と新しい相棒となった謎のロボットの出生の秘密を解き明かしていきます。

▲記憶を失ったロボット:S.C.O.U.T.(スカウト)

スカウトは舞台である90年代には存在しなかったテクノロジーでできた「高度な」ロボットでありながら、この時代ならではの電子機器の様々なぎこちない要素が使われており、非常に「レトロ」な見た目です。フレンドリーで相手を尊敬し、品行方正で控えめな性格ですが、記憶喪失に苦しんでおり、ホナーと共に様々な事件を解決することで失われた過去を取り戻していきます。

●ゲームショット



今後もイレギュラー・コーポレーションは、インディーゲームのパブリッシング事業を展開することで、小規模デベロッパーの支援を行い、インディーゲーム市場の拡大に貢献してまいります。(※ビットマップパズル:画面の上と左にある数字を手がかりにゲームフィールド上のマスを塗りつぶすゲーム。)

●ゲームディレクター Ed Fear からのコメント
『パズル探偵スカウト』は私が大好きな要素をたくさん盛り込んだ作品です。例えば、ハリウッドのセレブ達、90年代のファッション、ドラァグクイーン、ユーモア、そしてミステリアスな殺人事件のサスペンスドラマなど、私が尊敬する日本のクリエーターのお二人である玻都さんと杉森さんとの国境を越えたコラボレーションで、これらの要素を取り込んだ独特なテイストを持つ面白いゲームに仕上がったと自負しています。創作料理のような「和洋折衷」の世界観とゲーム性が、日本のプレイヤーの方々にどう受け止められるか、皆様のご感想をとても楽しみにしております!

●キャラクターデザイン 玻都もあ氏からのコメント
90年代ハリウッドのTV業界で起こる殺人事件!そこへ現れる記憶喪失のロボット!そんなの楽しいに決まってるじゃないか!ということで、二つ返事で「是非参加させてください」とEdさんに伝えたのが昨日のことのようです。皆さんにも楽しんで頂けますように!

●作曲 杉森雅和氏からのコメント
『パズル探偵スカウト』間もなく発売おめでとうございます!!
杉森にとって初となる国外タイトルでしたので、無事発売に漕ぎ着ける事が出来てほっとすると共にとても嬉しく感慨深いです。楽曲については杉森らしくというのが一番のオーダーでしたので、遠慮一切無しで杉森らしい楽曲のオンパレードとなっています。そういえば穏やかな曲を作ったのは何気に久しぶりかも……。おかげさまで本当に楽しんで制作出来ました!とてもポップな絵と曲、そして少しピリッとした辛さを含むミステリアスなシナリオを皆様が楽しんでくださるととても嬉しいです。



(C) Mediatonic/The Irregular Corporation 2020

※Nintendo Switchは任天堂株式会社の登録商標です。
※PC版はSTEAMにて2020年3月6日(金)より発売されます。
《monnchi》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. スイッチ/PS4両使用者が対象の満足度リサーチを実施!ソフトラインナップ・画質などを、105名が10点満点形式で評価

    スイッチ/PS4両使用者が対象の満足度リサーチを実施!ソフトラインナップ・画質などを、105名が10点満点形式で評価

  2. 『ポケモン』あなたは見つけられる?森に隠れたポケモンを探し出す「ポケモンどこかな?」が話題に!“森自体がキョダイマックスカビゴン”などの回答も

    『ポケモン』あなたは見つけられる?森に隠れたポケモンを探し出す「ポケモンどこかな?」が話題に!“森自体がキョダイマックスカビゴン”などの回答も

  3. 『ポケモン ソード・シールド』ポケモンセンター限定の「エキスパンションパス」早期購入特典が公開―デフォルメされたトレーナー達がかわいい!

    『ポケモン ソード・シールド』ポケモンセンター限定の「エキスパンションパス」早期購入特典が公開―デフォルメされたトレーナー達がかわいい!

  4. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  5. 『ポケモンHOME』いまGTSで人気のポケモンは「ニャビー」や「コフーライ」! 交換される理由もあわせてチェック

  6. ニンテンドースイッチLiteの新色「コーラル」が3月20日発売決定!3月7日より予約受付スタート─春にぴったりなピンク色

  7. 「スイッチ あつまれ どうぶつの森セット」新たな予約開始日が3月7日に決定!「キャリングケース」も同日より予約スタート

  8. 『ポケモン ソード・シールド』アニメ「薄明の翼」第2話放送日が2月18日に決定!ダンデ、ホップ、ルリナなど、主要キャラの担当キャストも発表

  9. 任天堂のキャラクター、今と昔で見た目がぜんぜん違う!?マリオやカービィの歴史を画像で振り返る

  10. 『スマブラSP』照れ顔(?)から絶体絶命の姿まで!大乱闘で見られる様々な「ベレト/ベレス」を紹介―時には“伝説のマシン”も乗りこなす?

アクセスランキングをもっと見る