人生にゲームをプラスするメディア

2020年こそ新情報を! 続報が待ち遠しいゲーム9選─あの作品、忘れてませんか? 期待作・注目作をピックアップ【特集】

しばらく続報のない期待作や、多くのユーザーが動向を気にする注目作などがいくつもあります。今回は、そんな作品の新情報を期待し、改めて各タイトルを振り返る特集をお届け。あなたが忘れているタイトル、ありませんか?

その他 特集
2020年こそ新情報を! 続報が待ち遠しいゲーム9選─あの作品、忘れてませんか? 期待作・注目作をピックアップ【特集】
  • 2020年こそ新情報を! 続報が待ち遠しいゲーム9選─あの作品、忘れてませんか? 期待作・注目作をピックアップ【特集】
  • 2020年こそ新情報を! 続報が待ち遠しいゲーム9選─あの作品、忘れてませんか? 期待作・注目作をピックアップ【特集】
  • 2020年こそ新情報を! 続報が待ち遠しいゲーム9選─あの作品、忘れてませんか? 期待作・注目作をピックアップ【特集】
  • 2020年こそ新情報を! 続報が待ち遠しいゲーム9選─あの作品、忘れてませんか? 期待作・注目作をピックアップ【特集】
  • 2020年こそ新情報を! 続報が待ち遠しいゲーム9選─あの作品、忘れてませんか? 期待作・注目作をピックアップ【特集】
  • 2020年こそ新情報を! 続報が待ち遠しいゲーム9選─あの作品、忘れてませんか? 期待作・注目作をピックアップ【特集】
  • 2020年こそ新情報を! 続報が待ち遠しいゲーム9選─あの作品、忘れてませんか? 期待作・注目作をピックアップ【特集】
  • 2020年こそ新情報を! 続報が待ち遠しいゲーム9選─あの作品、忘れてませんか? 期待作・注目作をピックアップ【特集】

2019年も、様々なタイトルがゲーム市場を賑わせました。小島監督の最新作『DEATH STRANDING』や、2019年の最高傑作に挙げる方も多い『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』、クリア後もつい遊び続けてしまう『ポケットモンスター ソード・シールド』など、外せないタイトルはいくらでもあります。

その一方で、ユーザーから大きな注目を集めながら、新情報が久しく訪れていない期待作も少なくありません。また、2019年に発表されたものの、しばらく続報のない状態が続いているタイトルも。期待度が高ければ高いほど、新たな情報の到着が待ち遠しいものです。

そこで今回は、2020年こそ新情報が欲しい期待作や、続報が望まれている注目作などを独断でピックアップし、応援の意味を兼ねて改めて紹介させていただきます。なお、情報が定期的に出ていたり、発売時期などが確定している作品は除いています。

◆ニンテンドースイッチ向けに登場する、あの新作の続報が知りたい!


■『真・女神転生V』

悪魔合体や交渉で自分なりのパーティが編成でき、善と悪が相争う世界を描き続けてきた『真・女神転生』シリーズ。その新展開となる「『真・女神転生』最新作」が2017年1月に発表され、同年10月に本作の正式タイトルが『真・女神転生V』に決定しました。

アトラスは様々なRPGシリーズを展開しており、『真・女神転生』シリーズも無論外せない名シリーズのひとつ。しかも、据え置き機向けとしては久しぶりのナンバリング作品となるため、期待度も自ずと高まっています。ですが、開発陣によるコメントなどを除くと、『真・女神転生V』に関するリリースや続報は音沙汰がない状態が続いています。2020年は、悪魔が飛躍する年になりますように!


ちなみに、期待感を高めるコメントが公式Twitterに寄せられました。続報、お待ちしております!

■『ベヨネッタ3』

稀代の魔女・ベヨネッタの活躍を、ノンストップの∞クライマックスアクションで描く『ベヨネッタ』シリーズ。悪魔や天使に対して苛烈な攻撃を躊躇なく行う一方で、どこか憎めない言動も魅力的で、そのキャラクター性とアクション性が相まって展開するバトルは、手に汗握る迫力と爽快感の二重奏。国内外で高い評価を博した、名作アクションです。

1作目がXbox 360とPS3向けに登場しましたが、続編となる『ベヨネッタ2』はWii U向けにリリース。しかも前作も封入され、2作品を同時に味わえる贅沢な販売形態となりました。さらに、『ベヨネッタ』と『ベヨネッタ2』はニンテンドースイッチにも登場(『ベヨネッタ』のみPCにも展開)。魔女の活躍が、より多くのユーザーへと広まっています。


ナンバリング3作目に当たる『ベヨネッタ3』が発表されたのは、2017年12月に行われたのThe Game Awardsにて。以来、約2年に渡ってファンが期待を高めながら、しかし詳細は明かされないままの日々が続いています。現時点で確定しているのは、スイッチ向けにリリースされるという点のみ。そろそろ、続報が欲しいところです。

■『メトロイドプライム4』

“メトロイドヴァニア”の語源のひとつとなった『メトロイド』シリーズは、広大な舞台を探索する横スクロールタイプのアクションゲーム。本シリーズは国内外で人気を博しており、様々な派生作も生み出しています。

この派生作の中でも特に支持を集め、独自のシリーズ展開を遂げているのが、主観視点アクション『メトロイドプライム』シリーズです。これまでナンバリングは3作品を展開しており、2017年開催のE3にて『メトロイドプライム4』を発表。大きな期待が、この続編に集まります。

ですが、しばらく沈黙状態が続いた後、2019年1月に「Metroid Prime 4 (Nintendo Switch) 開発状況に関するお知らせ」と題した動画を公開。この映像内で、本作の開発会社を「Retro Studios」に変更すると発表し、開発を一からやり直すと報告しました。そのため続報が出る時期はまだ読めませんが、リスタートによる積み重ねの成果が待ち遠しいばかりです。



しばらく音沙汰のない、PS4やスマホ向けの期待作にも注目
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 任天堂、タッチペンを搭載したスイッチ用新型ストラップの特許を申請

    任天堂、タッチペンを搭載したスイッチ用新型ストラップの特許を申請

  2. 香川県の条例素案に挑戦…! 「ゲームは1日1時間」でどこまで遊べるか5人がかりでチャレンジした【特集】

    香川県の条例素案に挑戦…! 「ゲームは1日1時間」でどこまで遊べるか5人がかりでチャレンジした【特集】

  3. 【コスプレ】「鬼滅の刃」禰豆子の圧倒的再現度を見て! 中国人気レイヤー・綺太郎 「コミケ97」特集【写真21枚】

  4. 【コスプレ】「FGO」水着BB、「アズレン」愛宕まで…中国版コミケ「Comicup25」2日目美麗レイヤー18選【写真168枚】

  5. 「Fate」セイバー“あなたが私のマスターか” 純白ロイヤルドレス姿のフィギュアが再登場

  6. バルス×イードのVTuberビジネスを広げるセミナー「みんなで考えるバーチャル業界~Vol.3~」が開催決定 ― 今回のテーマは“ゲーム業界とバーチャル”

  7. 中国ロリータ界隈の熱狂ぶりがスゴい! 中国版コミケ「Comicup25」中華ロリータモデルまとめ(後編)【写真100枚】

アクセスランキングをもっと見る