人生にゲームをプラスするメディア

『FAIRY TAIL』新たに「カグラ・ミカヅチ」など「妖精の尻尾」以外の5名が参戦決定!原作お馴染みの要素もバトルシステムとして登場

「シェリア・ブレンディ」「カグラ・ミカヅチ」「一夜=ヴァンダレイ=寿」「スティング・ユークリフ」「ローグ・チェーニ」がプレイアブルキャラクターとして参戦決定!

任天堂 Nintendo Switch
『FAIRY TAIL』新たに「カグラ・ミカヅチ」など「妖精の尻尾」以外の5名が参戦決定!原作お馴染みの要素もバトルシステムとして登場
  • 『FAIRY TAIL』新たに「カグラ・ミカヅチ」など「妖精の尻尾」以外の5名が参戦決定!原作お馴染みの要素もバトルシステムとして登場
  • 『FAIRY TAIL』新たに「カグラ・ミカヅチ」など「妖精の尻尾」以外の5名が参戦決定!原作お馴染みの要素もバトルシステムとして登場
  • 『FAIRY TAIL』新たに「カグラ・ミカヅチ」など「妖精の尻尾」以外の5名が参戦決定!原作お馴染みの要素もバトルシステムとして登場
  • 『FAIRY TAIL』新たに「カグラ・ミカヅチ」など「妖精の尻尾」以外の5名が参戦決定!原作お馴染みの要素もバトルシステムとして登場
  • 『FAIRY TAIL』新たに「カグラ・ミカヅチ」など「妖精の尻尾」以外の5名が参戦決定!原作お馴染みの要素もバトルシステムとして登場
  • 『FAIRY TAIL』新たに「カグラ・ミカヅチ」など「妖精の尻尾」以外の5名が参戦決定!原作お馴染みの要素もバトルシステムとして登場
  • 『FAIRY TAIL』新たに「カグラ・ミカヅチ」など「妖精の尻尾」以外の5名が参戦決定!原作お馴染みの要素もバトルシステムとして登場
  • 『FAIRY TAIL』新たに「カグラ・ミカヅチ」など「妖精の尻尾」以外の5名が参戦決定!原作お馴染みの要素もバトルシステムとして登場

コーエーテクモゲームスは、2020年発売予定のPS4/ニンテンドースイッチ/Steam対応ソフト『FAIRY TAIL』に関して、ゲーム最新情報を公開しました。

本作は、真島ヒロ氏によるファンタジー冒険漫画「FAIRY TAIL」を題材としたRPGです。人気エピソード「大魔闘演武編」のほか、様々なストーリーをゲーム内で体験可能な上、オリジナルエピソードも収録。おなじみの組み合わせからライバル同士の共闘まで、夢のPT編成を楽しむこともできます。

今回は、新たに「妖精の尻尾」以外のギルドに所属する5名がプレイアブルキャラクターとして参戦決定。さらに、原作漫画やアニメでもお馴染みの「ユニゾンレイド」「モードチェンジ」など、バトルシステムに関する情報も紹介されています。

◆新規プレイアブルキャラクター「シェリア・ブレンディ」「カグラ・ミカヅチ」「一夜=ヴァンダレイ=寿」「スティング・ユークリフ」「ローグ・チェーニ」を公開!


本作では人気魔導士たちがプレイアブルキャラクターとして12名以上登場し、おなじみの組み合わせからライバル同士の共闘までパーティ編成を楽しめます。

今回発表された5名は、「蛇姫の鱗(ラミアスケイル)」の“天空の滅神魔導士(ゴッドスレイヤー)”「シェリア・ブレンディ」、「人魚の踵(マーメイドヒール)」最強の女剣士「カグラ・ミカヅチ」、「青い天馬(ブルーペガサス)」の「イケメン」魔導士「一夜=ヴァンダレイ=寿」、そして「剣咬の虎(セイバートゥース)」より、“白竜”「 スティング・ユークリフ」と“影竜”「ローグ・チェーニ」。ストーリー中でもひときわ存在感を放つキャラクターたちです。

「蛇姫の鱗」よりシェリア・ブレンディ

「人魚の踵」よりカグラ・ミカヅチ

「青い天馬」より一夜=ヴァンダレイ=寿

「剣咬の虎」よりスティング・ユークリフ

「剣咬の虎」よりローグ・チェーニ

大きく振りかぶったところから魔力の渦を叩きつける技「天神の北風(ボレアス)」を繰り出すシェリアや、フェアリーテイル側を圧倒するようにホワイトドライブとシャドウドライブの強化形態で畳み掛けるスティング・ローグ、大魔闘演武の中でエルザが兄の死に関わっていることを知って激昂するカグラなど、さまざまなシーンのカットを公開いたしました。




また、ゲームオリジナルのエピソードとして、一夜とカグラがタッグを組んで戦闘するシーンも紹介。どのような戦いが繰り広げられるのか、想像を掻き立てられるカットをお見せいたします。



◆白熱のバトルシステムを公開!


被ダメージ量を基準とした条件を満たすことで、一定ターンの間キャラクターが覚醒し、大幅にパワーアップする「覚醒」システムが存在します。滅竜魔導士は、「覚醒」の代わりに「ドラゴンフォース」へ変化。特定のキャラクターは、「覚醒」とは別に「モードチェンジ」を所持しています。



また、フェアリーゲージが溜まることで発動できる「魔法連携」が継続していくと、一定の確率でマカロフなどの強力なキャラクターが、「超魔法」と呼ばれる圧倒的な魔法で援護してくれることがあります。


また、本作では、原作やアニメにも登場する「ユニゾンレイド」も再現いたします。二人の魔導士が協力して魔力を融合させ、魔法の威力を大幅に高める技術で、特定の組み合わせでは専用の演出が用意されています。




『FAIRY TAIL』は、2020年発売予定。価格は未定です。

(C)真島ヒロ・講談社/フェアリーテイル製作委員会・テレビ東京
(C)コーエーテクモゲームス
《茶っプリン》
茶っプリン

ゲームライター 茶っプリン

「ゲームの新情報を一番に知りたい、そして色んな人に広めたい」そんな思いからゲームライターに。インサイドではニュースライター、時々特集ライターとして活動。関係者、ユーザーから生まれるネットブームにも興味あり。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  2. 任天堂の“プリンセス”10選 ─ 実はディズニーにも負けてないほど多い!?

    任天堂の“プリンセス”10選 ─ 実はディズニーにも負けてないほど多い!?

  3. 任天堂のインパクトある悪役10選【特集】

    任天堂のインパクトある悪役10選【特集】

  4. 『ポケモンSV』にヒスイポケモン参戦決定!?時を超えた絆に「胸アツ」の声!

  5. 【特集】1996年2月27日、全てはここから始まった…ポケモンゲーム史「ゲームボーイ」編

  6. 『ポケモンSV』“第3の伝説ポケモン”を巡る予想が白熱!?まさかの再登板説も…

  7. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』「コライドン」バイク形態における、胸の丸い部分は「車輪」にならない!? その意外な正体に驚愕……!

  8. 『ポケモン ソード・シールド』クリア後はまず何をすればいい?ポケモン育成の準備を7項目で説明

  9. 『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

  10. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』で話題の「ナンジャモ」は、もしかして「ボタン」!? ぼくっ娘、男の娘、バーチャルなど様々な説が飛び交う

アクセスランキングをもっと見る