人生にゲームをプラスするメディア

『マリオカート ツアー』のレインボーロードは絶対に落ちない超親切仕様!?“落ちやすさ”をシリーズ作品と比較!

安全すぎると話題の『マリオカート ツアー』のレインボーロードを他作品と比較してみました。

任天堂 その他
『マリオカート ツアー』のレインボーロードは絶対に落ちない超親切仕様!?“落ちやすさ”をシリーズ作品と比較!
  • 『マリオカート ツアー』のレインボーロードは絶対に落ちない超親切仕様!?“落ちやすさ”をシリーズ作品と比較!
  • 『マリオカート ツアー』のレインボーロードは絶対に落ちない超親切仕様!?“落ちやすさ”をシリーズ作品と比較!
  • 『マリオカート ツアー』のレインボーロードは絶対に落ちない超親切仕様!?“落ちやすさ”をシリーズ作品と比較!
  • 『マリオカート ツアー』のレインボーロードは絶対に落ちない超親切仕様!?“落ちやすさ”をシリーズ作品と比較!
  • 『マリオカート ツアー』のレインボーロードは絶対に落ちない超親切仕様!?“落ちやすさ”をシリーズ作品と比較!
  • 『マリオカート ツアー』のレインボーロードは絶対に落ちない超親切仕様!?“落ちやすさ”をシリーズ作品と比較!
  • 『マリオカート ツアー』のレインボーロードは絶対に落ちない超親切仕様!?“落ちやすさ”をシリーズ作品と比較!
  • 『マリオカート ツアー』のレインボーロードは絶対に落ちない超親切仕様!?“落ちやすさ”をシリーズ作品と比較!

2019年10月9日より『マリオカート ツアー』ではトーキョーツアーが開催されました。このツアーにはシリーズ恒例の高難易度コース「レインボーロード」も含まれているのですが……。ちょっと様子がいつもと違うようです。

レインボーロードといえばとにかく落ちやすく、初心者にとってはかなり難しいという印象がつきまとうコースです。しかし『マリオカート ツアー』では“絶対に落ちないコース”になっており、にわかに話題になっています。

■関連記事

◆SFC『スーパーマリオカート』のレインボーロード



そもそも「レインボーロードが難しい」という印象になったのは、スーパーファミコン『スーパーマリオカート』の影響でしょう。シリーズ初作となる本作では、一番最後の難関コースとしてレインボーロードが登場しました。

仕掛けは無敵のドッスンがいくつか配置されている程度で、割とシンプルな構造。しかしながら道幅がとても狭いため、他キャラの妨害があると非常に難しいコースになるのです。


しかも『スーパーマリオカート』は操作にかなり癖があるほうなので、初心者は落ちずに走り切るだけでも一苦労。これによって「レインボーロードは難しい」という印象がついたものと思われます。

◆スイッチ『マリオカート8 デラックス』のレインボーロード



ニンテンドースイッチ『マリオカート8 デラックス』には初代レインボーロードのリメイクコースが収録されています。ギラギラと輝く道、無敵のドッスンなどはそのままに、走りやすくアレンジされているのです。


道幅がとても広くなったのでコースアウトはしづらくなりましたが、途中にジャンプ台が設置されています。これをうまく活用すればスピードが上がりますが、落下しやすいというリスクもあります。


コース中盤には、ドリフトを決めることでインを突ける高難易度ジャンプ台も。成功させれば大幅短縮なものの落ちればピンチになる形式で、「ハイリスク・ハイリターンな要素もあるけれども、無視すれば割と安全に走れる」というコースになっています。


終盤にはダッシュキノコを使うことでドッスンを回避できるルートも用意されました。

次のページ:スマホ版は驚きの新設設計! 簡単なレインボーロードはほかにも
《すしし》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』ブキの元ネタを徹底調査その1!シューター&マニューバー&スペシャルウェポン編

    『スプラトゥーン2』ブキの元ネタを徹底調査その1!シューター&マニューバー&スペシャルウェポン編

  2. 『ポケモンレジェンズ アルセウス』ノボリに衝撃的な説が浮上!?「ありえんほど泣いた」

    『ポケモンレジェンズ アルセウス』ノボリに衝撃的な説が浮上!?「ありえんほど泣いた」

  3. ビリリダマは人類を恨んでいる…『ポケモンレジェンズ アルセウス』“ヒスイのすがた”を巡る様々な考察!

    ビリリダマは人類を恨んでいる…『ポケモンレジェンズ アルセウス』“ヒスイのすがた”を巡る様々な考察!

  4. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  5. 【特集】『星のカービィ』25年間の歴代ゲームまとめ ─ 関連作品は30種近くになるほどのビッグタイトルに

  6. 【特集】『星のカービィ』名曲10選、本当は10曲に選びたくなかった!

  7. 衝撃の事実!『ポケモン』モンスターボールの誕生に隠された“ある教授の研究”とは…

  8. 『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

  9. 『遊戯王 マスターデュエル』なぜ「ドラゴンメイド・ラドリー」は人気なのか―“ドジっ子”メイドは、エルドリッチとも仲良し?

  10. 『遊戯王 マスターデュエル』で人気の可愛いカードは?3位「ブラマジガール」、2位「閃刀姫」、1位は貫禄の“ドヤ顔”

アクセスランキングをもっと見る