人生にゲームをプラスするメディア

『ANUBIS Z.O.E』コトブキヤ「ジェフティ」プラモデルレビュー【ゲーム系プラモってどう?】

2018年9月に発売された、コナミデジタルエンタテインメントのハイスピードロボットアクション『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』。2019年1月に再販されたコトブキヤの「ジェフティ」を塗装を含めてレビューします。

その他 玩具
『ANUBIS Z.O.E』コトブキヤ「ジェフティ」プラモデルレビュー【ゲーム系プラモってどう?】
  • 『ANUBIS Z.O.E』コトブキヤ「ジェフティ」プラモデルレビュー【ゲーム系プラモってどう?】
  • 『ANUBIS Z.O.E』コトブキヤ「ジェフティ」プラモデルレビュー【ゲーム系プラモってどう?】
  • 『ANUBIS Z.O.E』コトブキヤ「ジェフティ」プラモデルレビュー【ゲーム系プラモってどう?】
  • 『ANUBIS Z.O.E』コトブキヤ「ジェフティ」プラモデルレビュー【ゲーム系プラモってどう?】
  • 『ANUBIS Z.O.E』コトブキヤ「ジェフティ」プラモデルレビュー【ゲーム系プラモってどう?】
  • 『ANUBIS Z.O.E』コトブキヤ「ジェフティ」プラモデルレビュー【ゲーム系プラモってどう?】
  • 『ANUBIS Z.O.E』コトブキヤ「ジェフティ」プラモデルレビュー【ゲーム系プラモってどう?】
  • 『ANUBIS Z.O.E』コトブキヤ「ジェフティ」プラモデルレビュー【ゲーム系プラモってどう?】

2018年9月に発売され、グラフィックのアップグレードだけで無くVRにも対応したコナミデジタルエンタテインメントのハイスピードロボットアクション『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』。主人公機である「ジェフティ」は、海洋堂やRIOBOTなどでも立体化されてきました。

今回取り上げるコトブキヤのノンスケールプラモデル「ジェフティ」は2011年12月に発売。再販の機会が少なく入手が難しいプラモデルでしたが、2019年1月より「ジェフティ」「アヌビス」の両モデルが再販されています。



合わせ目が極力目立たない見事な構成、無塗装でも見栄えは十分


完全塗装の前に、無塗装の状態で一度組み立てます。「ジェフティ」の箱に入っているランナー数はジョイントパーツを合わせて15枚ほど。かなり多いものの、シールやデカール類はありません。


組説にはコンセプトアートや解説が一部掲載

組み立て説明書は、両脚部→腰部→両腕→頭→胴体→背部ユニットという流れで構成されています。2011年発売のキットであるため説明は最小限。どの部位を作っているのかが若干分かりにくいのが難点ですが、組み立てそのものはスナップフィットなので簡単に仕上げられます。



素組み(今回の場合はパーツ切り出し→組み立てまで)の組み立て時間は、両脚部2時間、腰部1時間、両腕2時間、頭部と胴体2時間、背部ユニット1時間ほど。これは、ランナーから目的のパーツを見つけ、切り出すのに作業時間の大半を占めているために時間が掛かってしまっています。ポリキャップやパーツとの接続が難しい場所も多く、微妙な合い調整をしながら組み立てることもありました。



組み立て自体の難易度は高くなく、細かすぎるパーツもほぼないため順調に進行。注意点を強いて挙げるとすれば、脚部・膝裏のスラスターパーツなどが脚を曲げた際に取れやすいことぐらいです。



だいたい8時間で完成しました。出来上がった素組みの状態を紹介しましょう。「ジェフティ」の色分けはほぼ完璧で、単純に素組みしただけでもディテールの細かさやプロポーションの良さを感じられる造形です。



可動範囲はやや狭いものの、巡航形態や簡単なアクションを取らせることができます。




細部のディテールに目を向けて見ると、蛇腹状になっている背中や脇腹の部分は実際に段差となっていて、ゲーム内での3Dモデルよりも細かさが強調されています(ゲーム内のモデルビューアで接写してみると、肩パーツなど綺麗な曲線でない部分がそれなりにある)。ある意味でこの「ジェフティ」は、ゲームオリジナルの3Dモデルを現代の技術でアップグレードさせたものであるとも言えます。

ゲーム内モデルを観察してみると造形や曲線がプラモデル版と微妙に異なっている


《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【コスプレ】艦これ、FGOほか人気キャラ集結! 「東京ゲームショウ2019」最終日美女レイヤーまとめ(後編)【写真101枚】

    【コスプレ】艦これ、FGOほか人気キャラ集結! 「東京ゲームショウ2019」最終日美女レイヤーまとめ(後編)【写真101枚】

  2. 眩しいほどの魅力で来場者を釘付け!「東京ゲームショウ2019」美女コンパニオンまとめ【写真108枚】

    眩しいほどの魅力で来場者を釘付け!「東京ゲームショウ2019」美女コンパニオンまとめ【写真108枚】

  3. 【コスプレ】人気キャラの夏衣装が続々! 「東京ゲームショウ2019」最終日美女レイヤーまとめ(前編)【写真131枚】

    【コスプレ】人気キャラの夏衣装が続々! 「東京ゲームショウ2019」最終日美女レイヤーまとめ(前編)【写真131枚】

  4. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  5. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  6. 「NEOGEO Arcade Stick Pro」収録タイトルや独自機能といった製品特徴を公開!厳選の格闘ゲーム20作品は必見

  7. 【コスプレ】邪ャンヌ、イシュタルら降臨!「東京ゲームショウ2019」FGO美女レイヤーまとめ【写真52枚】

  8. 『CoD:MW』初日から30連続キルを叩き出したNgt選手に聞く新作ならではのコツ─「今までのように“最強AR”と呼ばれ続けたい」

アクセスランキングをもっと見る

1