人生にゲームをプラスするメディア

『アズレン』新イベントに向けて対潜戦闘の基本をチェック!潜水艦対策にもってこいのオススメ艦船も紹介

新イベントに向けて“対潜戦闘の基礎的なこと”をお届け!対潜戦闘に備えてやっておいた方が良いことや、対潜戦闘にオススメの艦船もご紹介します。

モバイル・スマートフォン iPhone
『アズレン』新イベントに向けて対潜戦闘の基本をチェック!潜水艦対策にもってこいのオススメ艦船も紹介
  • 『アズレン』新イベントに向けて対潜戦闘の基本をチェック!潜水艦対策にもってこいのオススメ艦船も紹介
  • 『アズレン』新イベントに向けて対潜戦闘の基本をチェック!潜水艦対策にもってこいのオススメ艦船も紹介
  • 『アズレン』新イベントに向けて対潜戦闘の基本をチェック!潜水艦対策にもってこいのオススメ艦船も紹介
  • 『アズレン』新イベントに向けて対潜戦闘の基本をチェック!潜水艦対策にもってこいのオススメ艦船も紹介
  • 『アズレン』新イベントに向けて対潜戦闘の基本をチェック!潜水艦対策にもってこいのオススメ艦船も紹介
  • 『アズレン』新イベントに向けて対潜戦闘の基本をチェック!潜水艦対策にもってこいのオススメ艦船も紹介
  • 『アズレン』新イベントに向けて対潜戦闘の基本をチェック!潜水艦対策にもってこいのオススメ艦船も紹介
  • 『アズレン』新イベントに向けて対潜戦闘の基本をチェック!潜水艦対策にもってこいのオススメ艦船も紹介

iOS/Android向けアプリ『アズールレーン』にて、7月31日からの開催が決定した新規大型海域イベント「開かれし紺碧の砂箱」。同イベントでは、「敵潜水艦」が戦闘に登場すると明言されました。

普段は「救助信号」でしか敵潜水艦と戦う機会がないため、余り戦闘経験が無く「どうやって潜水艦と戦うんだっけ?」となっているプレイヤーも中にはいると思います。そこで今回は、新イベントに向けて対潜戦闘の基礎的なことをお届け。対潜戦闘に備えてやっておいた方が良いことや、対潜戦闘にオススメの艦船もご紹介します。

◆新イベントに向けて対潜戦闘の基礎をチェック!


■対潜戦闘には「ソナー」が必須!忘れずに装備させよう

まず、対潜戦闘で最も重要な物をご紹介しましょう。駆逐艦・軽巡洋艦の設備枠に装備可能な「ソナー」です。このソナーがないと、対潜戦闘をまともに行うことができません。


敵潜水艦は、戦闘中は海中に潜っているため砲撃や魚雷の一切が効果なし。まさしく“無敵の存在”と言えます。そんな無敵状態解除に必要なのがソナーです。ソナーを装備している艦船が前衛にいる場合、周囲にソナーの索敵範囲が表示されます。

一定時間ごとに索敵が行われ、範囲内に敵潜水艦がいた場合はその姿を画面に表示。この状態でようやくダメージを与えることが可能です。なお、一定時間するとまた姿が見えず無敵状態になりますので、再びソナーで索敵する必要があります。ちなみに、敵潜水艦の位置には「」が見えますので、索敵や魚雷の回避はそれを頼りに行いましょう。

初めは位置を知らせる「泡」だけが表示。この状態ではダメージを与えることができない。

「ソナー」によって探知することで、敵潜水艦の姿が画面に表示。この状態でようやくダメージを与えられる。

■敵潜水艦には近づいて攻撃!基本的に攻撃は自動でやってくれる

次に、敵潜水艦への攻撃方法についてご紹介します。まず、敵潜水艦へ攻撃できるのは駆逐艦・軽巡洋艦・軽空母のみです(例外的に「ウォースパイト改」や「大鳳」も可能)。

駆逐艦と軽巡洋艦は、ソナーで発見した敵潜水艦に近づくとオートで「爆雷」を投げダメージを与えます。つまり、敵潜水艦に近づけばいいだけです。特殊な装備が無くてもダメージを与えますが、設備枠に装備可能な「爆雷投射機」を装備させると大きくダメージが上昇します。

駆逐艦・軽巡洋艦を発見済みの敵潜水艦に近づけることで、自動的に爆雷を投げ攻撃してくれる。

「爆雷投射機」を装備すれば、敵潜水艦へ与えるダメージが上昇。

軽空母は、これまた設備枠に装備可能な「ソードフィッシュMarkII-ASV(対潜)」か「TBM-3アベンジャー(対潜)」を装備することで攻撃可能に。こちらは、ソナーで敵潜水艦を発見すると自動的に発艦して攻撃します。ちなみに、この対潜戦機は「ウォースパイト改」も装備可能です。

軽空母は「対潜戦機」を装備することで敵潜水艦への攻撃が可能に。

発見済みの敵潜水艦に「対潜戦機」が自動で攻撃してくれる。

対潜戦闘の基礎的なことは以上!次ページでは、対潜戦闘に備えてやっておいた方が良いことや、対潜戦闘にオススメの艦船をご紹介
《茶っプリン》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ラクガキ キングダム』絵を描けるだけじゃない!リプレイ性の高い育成シナリオやバトルにもハマったCBTプレイレポ

    『ラクガキ キングダム』絵を描けるだけじゃない!リプレイ性の高い育成シナリオやバトルにもハマったCBTプレイレポ

  2. シリーズ10周年記念!『ビーナスイレブンびびっど!』キャラクター衣装デザインコンテストが開催決定―インサイドちゃんも審査員に

    シリーズ10周年記念!『ビーナスイレブンびびっど!』キャラクター衣装デザインコンテストが開催決定―インサイドちゃんも審査員に

  3. 『FGO』あの世界観を伝える背景やマップはこうして作られた! ラフ案や制作過程に迫る5周年企画「潜入!『FGO』開発の舞台裏【美術編】」

    『FGO』あの世界観を伝える背景やマップはこうして作られた! ラフ案や制作過程に迫る5周年企画「潜入!『FGO』開発の舞台裏【美術編】」

  4. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  5. 『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

  6. 落ち着いたら『FGO』の聖地を巡ろう! 5周年企画「under the same sky」の各地域まとめ―特徴やサーヴァントとの繋がり、小ネタ等を紹介【東日本編】

  7. 落ち着いたら『FGO』の聖地を巡ろう! 5周年企画「under the same sky」の各地域まとめ―特徴やサーヴァントとの繋がり、小ネタ等を紹介【西日本編】

  8. 『アークナイツ』の難易度に適応できるかは2章が分岐点?攻略に欠かせない推しオペレーターはペンギン急便のあの子【読者アンケート】

  9. 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】

  10. にじさんじの「英雄」「魔法使い」が沈黙を破る“異世界での過去”とは?―パズルRPG『エレスト』5周年インタビュー

アクセスランキングをもっと見る