人生にゲームをプラスするメディア

高級感あふれるデキるオトナのゲーミングノート「ROG Strix G G531」開封の儀!

ASUSの新ゲーミングノートPC「ROG Strix G G531」、開封の儀!

その他 特集
高級感あふれるデキるオトナのゲーミングノート「ROG Strix G G531」開封の儀!
  • 高級感あふれるデキるオトナのゲーミングノート「ROG Strix G G531」開封の儀!
  • 高級感あふれるデキるオトナのゲーミングノート「ROG Strix G G531」開封の儀!
  • 高級感あふれるデキるオトナのゲーミングノート「ROG Strix G G531」開封の儀!
  • 高級感あふれるデキるオトナのゲーミングノート「ROG Strix G G531」開封の儀!
  • 高級感あふれるデキるオトナのゲーミングノート「ROG Strix G G531」開封の儀!
  • 高級感あふれるデキるオトナのゲーミングノート「ROG Strix G G531」開封の儀!
  • 高級感あふれるデキるオトナのゲーミングノート「ROG Strix G G531」開封の儀!
  • 高級感あふれるデキるオトナのゲーミングノート「ROG Strix G G531」開封の儀!

この度、ASUSから発売される新たなゲーミングノートPC「ROG Strix G G531」(型番:G531GW-I7R2070)がインサイド編集部に届きました。こういったニューマシンが届いたら、やることはひとつしかありませんね。

そう、開封の儀です。開封の儀を執り行うにあたって、無類の開封好きとして知られる私、文章書く彦が編集部のオフィスに招致されました。無類の開封好きというのは伊達じゃなく、試用するPCのパッケージを開けるだけでもテンションを上げることができます。


「今からコイツを開けるぜ」と言っています。世の中にはいろいろな開封がありますが、ゲーミングPCの開封というものは、開封業界でもトップクラスの神聖さを誇ると言われています。発売前のPCともなると100万を超える開封パワーを放つので、開封力が弱い人間だと、飲み込まれかねません。まずは、開封のための気構えを作ることがとっても大切なんですよ。

「ROG Strix G G531」特設キャンペーンサイトを見てみる


開封の儀は「箱の声を聞く」ところからはじまります。こうして箱と仲良くすることによって、箱がどのように開封されたがっているのかを把握する、というわけです。開封もコミュニケーションなんですね。今のうち断っておきますが、あまり鵜呑みにしないでください。


ぱかり……と開けていきます。このとき慎重さを欠くと大事故に繋がります。


開きました。あまりのカッコよさに腰を抜かしかけています。


そしてついには崩れ落ち号泣してしまいました。私の開封力が一歩及ばず、完全に飲み込まれてしまいましたね。


ご安心ください。数分後、正気を取り戻した姿です。


てなわけで、こちらが「ROG Strix G G531」です。黒くて落ち着いたボディですが、デザインが直線的でカッコいいです。ASUSとBMWのコラボレーションの中でインスパイアされたデザインとのことで、納得の高級感があります。


開くとこんな感じです。BMWのグループ会社である「designworks」に影響を受けたデザインとのことで、通常のゲーミングPCより大人びた印象があります。重量は、いわゆる持ち運び前提の超軽量ノートのような軽さではありませんが、ゲーミングノートとしてはそれほど重く感じられず、充分に持ち運べるものだと思いました。LANパーティのようなPCを持ち寄るイベントでは大活躍してくれそうです。

「ROG Strix G G531」特設キャンペーンサイトはこちら

キーボードの触り心地も非常にグッド。タッチパッド上にある「NUM LK」を押すとバーチャルテンキーが表示されますし、作業の負荷量によってPCのパフォーマンス/ファンの活動を設定できるところもうれしいです。ハードコアゲーマーはもちろん、「ゲームも作業もノートPCだけで済ませたい」という方にもフィットしそうなマシンなのではないでしょうか!

他の使用感やスペックなどの細かい話は続く「使用レポート」に詳しく記したいと思います! その迫力に気圧され、一時は「あわや」という瞬間もありましたが、事故無く無事に開封を済ませることができました。使用レポートでは人気PCゲームをプレイしたインプレッションなどで、触り心地やスペック感をお伝えしていきます!

ASUS Store 「ROG Strix G G531」特設キャンペーンサイトにアクセス!
《文章書く彦》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『KOF』八神庵が“異世界転移”するスピンオフ小説登場!「ゴブリンも!ドラゴンも!女騎士も!すぐ楽にしてやる」

    『KOF』八神庵が“異世界転移”するスピンオフ小説登場!「ゴブリンも!ドラゴンも!女騎士も!すぐ楽にしてやる」

  2. 『PCエンジン mini』思い出に残るタイトルベスト20を発表─トップはKONAMIの名作『スナッチャー』!

  3. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  4. 『うたわれるもの』シリーズ完全新作発表!“血に縛られし一族の姫”と“名を失いし男”の運命への叛逆が始まる

アクセスランキングをもっと見る

1